企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

IDS の 企業情報

株式会社ソフトクリエイト
ソフトクリエイト、段階的な対策が可能なサイバー攻撃防御を提供 ソフトクリエイトは5月15日、サイバー攻撃の未然防止や軽減が図れる包括的なセキュリティサービス「SECURITY-CORE」の提供を開始した。セキュリティ製品に加え、攻撃の監視や脅威の通知・対処復旧サービスなどが含まれる。本サービスの主な特長は3つ。1つ目は多層防御が可能なことだ。トレンドマイクロの製品を中…
三井情報株式会社
MKI、金融機関向け財務分析を刷新、定量・定性情報を可視化可能に 三井情報(MKI)は、地域金融機関向けの財務分析ソリューション「CASTER」をリニューアルし、オンプレミス版「CASTER X」とクラウド版「CASTER on Azure」の提供を開始した。本ソリューションは、OCRで読み込んだ決算書などの財務情報を分析でき、金融機関が融資判断に利用する資料を作成できる。今回の新版では…
株式会社エアー
AIR、Outlook誤送信防止の新版でアラート画面の色変更などを可能に エアーは、メールの誤送信を防止するOutlookアドイン「WISE Alert」の新版を発売した。本製品では、送信時に表示されるポップアップ画面で、差出人や宛先、添付ファイルなどの情報を一目で確認できる。「カラーサイン機能」では、偽造されたフェイクアドレスを検知して送信前に「赤信号」を表示でき、ビジネスメー…
株式会社大塚商会
大塚商会、Surface Proのレンタルをサポート付きで提供 大塚商会は6月6日、ノートPCやタブレットとして利用できるマイクロソフトの「Surface Pro」を月額料金で利用できる「たよれーるSurfaceレンタルサービス」の提供を開始した。本サービスは、Surface本体とタイプカバー(打鍵感のある薄型のキーボード)のレンタルに加え、サポートサービスとして「OSの操作問い合わ…
株式会社ラック
ラック、統合ログ管理の運用代行で見えない脅威を早期発見可能に ラックは4月1日、統合ログ管理製品「Splunk Enterprise」の運用や監視を代行する「SIEM監視サービス」の提供を開始する。価格は月額92万9000円(税別)から。ユーザーに代わって同製品を使いこなし、最新の脅威に対応することで、標的型攻撃などからユーザーを守る。同製品は、企業内のITインフラ機器の情報(ログ…
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
SBT、UTMの監視と運用を24時間365日行い多層防御を強化可能に ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は、UTM(統合脅威管理)製品のセキュリティ監視と運用を24時間365日行うサービス「MSS(マネージド・セキュリティ・サービス)for UTM」の提供を開始した。対象のUTMはFortinetの「FortiGate」とPalo Alto Networksの「PAシリーズ」。複数のセキュリティ機能を横断的に分析し、…
シーティーシー・エスピー株式会社
提携:CTCSPなど、高セキュリティのモバイル通信サービスを提供 シーティーシー・エスピーは、フリービットが提供する法人向け高セキュリティモバイルデータ通信サービス「フリービットクラウド セキュリティSIM」の提供を6月1日に開始する。1回線の価格は月額1000円(1GBまで)〜。本サービスでは、通信先を制御するファイアウォール機能や、VPN通信を可能にするゲートウェイ機…
株式会社ハンモック
ハンモック、名刺管理・営業支援クラウドに内勤営業向け機能を追加 ハンモックは、クラウド型の名刺管理・営業支援ツール「HotProfile」のオプションとして、インサイドセールス(電話やメールなどを使った内勤型営業)の支援機能を9月末日にリリースする予定だ。本製品は、名刺管理、見込み客発掘、営業支援の各領域が統合されたもので、売り上げ向上を支援する。今回の新オプショ…
株式会社ネットマークス
ネットマークス、オールインワン型サーバルーム製品を発売 株式会社ネットマークスは、高い事業継続性や省スペース化・省エネルギー化を図れるソリューション「マイクロサーバルームソリューション」と「コンテナ型ディザスタリカバリセンター」を1月に発売する。今回発売されるソリューションでは、空調システム・電源・消火システムなどを備えたシングルラックやコンテナ…
株式会社アズジェント
アズジェント、Kotlin言語対応のモバイルアプリ侵入対策製品を提供 アズジェントは7月、モバイルアプリ開発向けのクラッキング対策ソリューション「Arxan for Android」の提供を開始する(オープン価格)。Arxan Technologiesが提供する本ソリューションは、Androidアプリ開発のプログラミング言語「Kotlin」と「Java」に対応。アプリがどちらの言語で開発されたとしても、リバース…
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社
チェック・ポイント、クラウド向けの包括的なセキュリティを提供 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、新種のサイバー攻撃からクラウド環境を包括的に保護するセキュリティ製品ファミリー「CloudGuard」の提供を順次開始する。本ファミリーは、SaaSアプリケーションを保護する「CloudGuard SaaS」や、クラウド基盤を保護する「CloudGuard IaaS」(旧vSEC)で構成…
エヌ・ティ・ティ・データ先端技術株式会社
NTTデータ先端技術、既存メール環境で業務ナレッジをFAQ化可能に NTTデータ先端技術は5月23日、問い合わせ対応業務へのAI(人工知能)の導入において、ナレッジの蓄積と活用を支援するサービス「Quick Reply」の提供を開始した。本サービスは、既存のメール環境にアドインすることで利用できる。「Outlook」対応アドインが提供される他、順次「Gmail」「Office 365」にも対応する…
デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社
DIT、新種の攻撃も防げるWAFを提供、DDoS対策とSSL証明書も付帯 デジタル・インフォメーション・テクノロジー(DIT)は2月20日、クラウド型WAF(Webアプリケーションファイアウォール)「WebARGUS Fortify」の提供を開始した。本製品では、新種や亜種の攻撃パターンまで高精度に防御できるよう、論理演算検知エンジン(開発:ペンタセキュリティシステムズ)を用いている。加えて…
F5ネットワークスジャパン合同会社
F5、マルチクラウドへのアプリケーション展開に特化したADCを発売 F5ネットワークスジャパンは7月11日、仮想化されたソフトウェアベースのADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)「BIG-IP Cloud Edition」を発売した。マルチクラウド環境におけるアプリケーションの可用性や安全性の確保を、迅速かつ確実に行える。本製品の主な特長は3つ。1つ目は、単一アプリケーション…
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社
ウォッチガード、中小企業など向けの統合セキュリティ機器を強化 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、中小企業や分散拠点向けの統合セキュリティアプライアンス「Firebox T Series」の新モデル「T15」「T35」「T55」を発表した。本製品は、APT Blocker(標的型攻撃対策)やTDR(脅威の検知とレスポンス)、IPS(侵入防御)、ウイルス対策、アプリケーション制御といった…
株式会社ラネクシー
ラネクシー、PC操作ログ管理ソフトに業務分析レポートなどを追加 ラネクシーは、クライアント操作ログ管理ソフトウェアの新版「MylogStar 4 Release1」の受注を7月25日に開始し、出荷を7月31日に開始する予定だ。本ソフトウェアは、企業内の全てのPC操作ログを取得することで、不正行為や情報漏えいの流出経路を可視化できる。管理対象となるクライアントPCのログオン/ログオフ、…
株式会社インテリジェント ウェイブ
IWI、APT攻撃の予兆を自動で検出し隠れた脅威を発見できる製品を発売 インテリジェントウェイブ(IWI)は7月2日、APT(持続的標的型攻撃)の予兆を自動で検出できる製品「SecBI」を発売した。人間が追い切れないかすかな攻撃兆候を高速に集約し、攻撃範囲をフルスコープで表示することができる。SecBIが提供する本製品をネットワークに設置し、プロキシの通信のログを全て転送するこ…
ログイット株式会社
ログイットなど、音声認識の精度を高める姓名/住所辞書を提供 ログイット株式会社とニュアンス コミュニケーションズ ジャパン株式会社は、音声認識ソフトウェア「Nuance Recognizer V9」(NR9)向けの姓名辞書パッケージと住所辞書パッケージの提供を開始した。価格は、それぞれ60万円から/40万円から(いずれもサーバライセンス含む)。今回提供開始された姓名辞書は、氏名…
東京エレクトロン デバイス株式会社
TED、生産設備の予知保全向け異常判別分析モデル生成マシンを強化 東京エレクトロン デバイス(TED)は6月6日、生産設備の予知保全に向けた分析の自動化を可能にする異常判別分析モデル生成マシンの新版「CX-M ver2.0」の提供を開始した。正常稼働データだけで分析モデルプログラムの作成が可能になる「教師なし学習」機能が追加された。本製品では、時系列データを入力すると、デ…
有限会社先端技術研究所
先端技術研究所、Webフィルタリングでセーフサーチを強制可能に 先端技術研究所は、Pearl Softwareのインターネット監視・Webフィルタリング製品「Pearl Echo」で、「セーフサーチ」を強制する機能を発表した。Pearl Echoは、クライアント(エージェント)-サーバ型のソフトウェアだ。自動化され構成可能なURLカテゴリーリストや、カスタム・ホワイト/ブラックリストなどを合…

ページトップへ