企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

セキュリティ診断 の 企業情報

横河レンタ・リース株式会社
横河レンタ・リース、Windows 10のアップデートの社内運用を支援 横河レンタ・リースは6月11日、Windows 10のアップデートを企業内で実施する場合の運用を支援するソリューション「Flex Work Place Unifier Cast」の提供を開始した。価格は、1デバイス当たり月額200円(税別)。本ソリューションでは、Windows 10の半年ごとの大型アップデート「Feature Update」や毎月の「Qualit…
丸紅情報システムズ株式会社
MSYS、コールセンター向け音声テキスト化を多言語と翻訳に対応 丸紅情報システムズ(MSYS)は、コンタクトセンター向けの音声テキスト化サービス「MSYS Omnis」に、多言語対応と翻訳の新機能を追加する。本サービスは、Googleがクラウド上で音声認識を提供する「Google Cloud Speech API」を利用し、コールセンターでの利用シーンに合わせたカスタマイズを施したアプリケーショ…
京セラコミュニケーションシステム株式会社
KCCS、クラウドの利用を把握・追跡・制御するセキュリティを提供 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、Netskopeが提供する、クラウド利用時のセキュリティ向上を支援するサービス「Netskope」の提供を開始した。利用者とクラウドサービスの間の通信内容を基に、クラウドサービスの利用を把握・追跡・制御できる。本サービスでは、約2万種類のクラウドサービスを判別し、…
兼松コミュニケーションズ株式会社
KCS、ICカードで交通費を精算・集計・管理できるサービスを提供 兼松コミュニケーションズ株式会社(KCS)は、携帯電話の総合管理サービス「KCS Motion」に、ICカードを用いて交通費を精算できるサービス「IC交通費精算」を追加した。「IC交通費精算」は、鉄道・バスなどの交通系ICカードに記録された利用日付・利用路線・乗降駅・料金を読み取り、企業の組織体系に沿ってデータ…
キヤノンITソリューションズ株式会社
キヤノンITS、Web会議で資料共有機能を強化、資料の見比べなどを支援 キヤノンITソリューションズは、Web会議システム「IC3(アイシーキューブ)」の資料共有機能を強化した。本システムは、優れた映像・音声品質と、狭帯域での安定性を兼ね備えており、クラウドサービスとオンプレミスから選択できる。また、複数のカメラからの映像を取り込んで1つに合成して送信することで、話者の…
SCSK株式会社
SCSK、認証専用機器を最大30万件の端末アカウント管理に対応 SCSKは9月4日、RADIUS認証・DHCPアプライアンスサーバ「RADIUS GUARD S」の新版を発売した。本製品は、ネットワーク認証の5機能(RADIUSサーバ、認証局(CA)、LDAPサーバ、DHCPサーバ、ワークフロー)を、1Uハーフサイズの小型筐体に搭載している。IDとパスワードによる個人認証に加え、証明書による端末認証にも…
パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社
PSTC、IoTなどで従業員の健康状態を見える化し健康経営を支援 パナソニックソリューションテクノロジー(PSTC)は、企業向け「健康経営支援ソリューション」の提供を10月19日に開始する。健康経営支援ソリューションでは、IoT技術やクラウドをベースにしたeラーニングサービスなどを組み合わせ、従業員の心と体の現状を見える化し、運動や食事など生活習慣改善に向けた取り組み…
パナソニック システムネットワークス株式会社
PSN、MCU内蔵で最大24地点接続が可能なビデオ会議システムを発売 パナソニック システムネットワークス(PSN)は、ビデオ会議システム「HD映像コミュニケーションシステム」の新モデル「KX-VC2000J」を12月2日に発売する。オープン価格。本製品は、多地点接続システムMCU(マルチコネクションユニット)を標準で内蔵する。16地点接続機能を標準搭載し、オプションで24地点まで拡…
西日本電信電話株式会社
NTT西日本、数万ID規模の内線端末を収容できるクラウドPBXを提供 NTT西日本は7月5日、同社のエリア(富山県・岐阜県・静岡県以西の30府県)で、大規模ユーザー向けのクラウドPBXソリューションの提供を開始した。価格は個別見積もり。本ソリューションの主な特長は4つ。1つ目は、自社PBXが不要で効率的な運用管理が可能なことだ。PBXが不要になることで、固定資産を削減でき、…
JFEシステムズ株式会社
JFEシステムズ、電子帳票の新版で基本性能を10倍以上に高速化 JFEシステムズは9月20日、電子帳票システム「FileVolante」の新版(Ver3.0)をリリースする。本システムは、オープンシステムで生成された帳票のデータを長期保存でき、高速かつ柔軟に検索できる。さまざまな帳票設計ツールが生成するPDFデータを取り込める適応性や、利用者が多い場合でも単一サーバで対応できる…
大日本印刷株式会社
DNP、真贋判定などをスマホで行える製品ID認証サービスを開始 大日本印刷(DNP)は10月1日、ラベルやパッケージなどの印刷媒体に付された個体識別番号をスマートフォンで読み取ることで、真贋(しんがん)判定やトレーサビリティーなどができる「DNPプロダクトID認証サービス」を開始する。本サービスは、クラウド型の製品ID認証基盤と、個体識別番号を付したブランド保護向け…
インフォコム株式会社
インフォコム、介護施設向け見守りを複数メーカーのセンサーに対応 インフォコムは10月16日、介護事業者向けに、センサーによる見守りサービス「ミマモア」の新版の提供を開始する。新版では、本サービスとの連携が可能な複数のメーカーが提供する各種センサー(ドアセンサー、血圧・心拍センサー、排せつ検知センサー、離床センサー、睡眠センサーなど)の中から、介護施設が必要な…
東芝情報システム株式会社
東芝情報システム、Webサーバの改ざん検知クラウドサービス発売 東芝情報システム株式会社は、トリップワイヤ・ジャパン株式会社の改ざん検知パッケージ「Tripwire Enterprise」をクラウドサービス「dynaCloud 改ざん検知 plus」として発売した。「dynaCloud 改ざん検知 plus」は、情報漏洩につながる、Webコンテンツ/ファイルの改ざんを検知でき、クレジットカード業界のセキ…
東日本電信電話株式会社
NTT東日本、標的型攻撃メール訓練を提供、電話サポートも用意 NTT東日本は7月31日、全国向けに、「標的型攻撃メール訓練」サービスの提供を開始した。従業員などに対して標的型攻撃メールを疑似体験させ、情報セキュリティへの意識を高めることができる。本サービスでは、訓練管理者用のポータルサイトから訓練用メールの配信設定を行い、従業員が利用しているPCやタブレット、…
TIS株式会社
TIS、「SAP ERP 6.0」から次世代の「SAP S/4HANA」への移行を支援 TISは、SAPが提供してきたERP「SAP ERP 6.0」から、次世代の「SAP S/4HANA」への移行を支援する「SAP S/4HANAのりかえサービス」の提供を開始する。本サービスでは、TISのSAP ERP導入ノウハウなどを活用し、ベストプラクティスを基に、「Check」「Assess」「Go」の3つのステップで移行を支援する。第1ステップの…
株式会社東陽テクニカ
東陽テクニカ、産業用PLCの異常を検知するセキュリティ製品を発売 東陽テクニカは5月1日、産業用制御システム向けセキュリティ製品「Indegy SP 制御システム資産管理 X 侵入検知ツール」を発売した。制御システムの総合的な可視化により、ハッカーや人的ミスによる障害から工場やインフラを守る。Indegyが提供する本製品は、産業インフラや工場内で利用される制御コントローラー(…
富士通エンジニアリングテクノロジーズ株式会社
FETEC、建設業の決算予測精度の向上が図れるソフトを出荷 富士通エンジニアリングテクノロジーズ(FETEC)は、建設業の月次原価実績を把握し、決算予測精度を向上するための製品「BEStPRO smart-実行予算管理」の出荷を6月13日に開始する。本製品は、シンプルな機能構成の実行予算管理ソフトだ。既存の購買システムと競合せず、部門システムとしても使用できる。実行予算…
日商エレクトロニクス株式会社
日商エレ、企業インフラに潜む脅威の調査・可視化・診断を提供 日商エレクトロニクスは8月14日、企業のICTインフラ内に潜伏した脅威を、ユーザーに代わって調査、診断する「潜伏脅威診断サービス」の提供を開始した。本サービスでは、LAN内のトラフィックを一定期間モニタリングし、隠れたサイバー攻撃などを可視化。LAN内に存在するホストやそのOSの種類に関わらず、潜伏した…
日本アイ・ビー・エム株式会社
日本IBM、メモリやCPUを柔軟に拡張できるPOWER9搭載サーバを出荷 日本IBMは、エンタープライズサーバ「IBM Power Systems」の新製品で、POWER9プロセッサを搭載した「E980」「E950」の出荷を順次開始する。今回の新製品は、製品出荷時に予備で搭載済みのCPUやメモリを有効化できる「キャパシティー・オン・デマンド機能」を装備。導入時には最大容量のCPUやメモリを搭載しながら…
日本オラクル株式会社
日本オラクル、IaaSでGPU「NVIDIA Tesla V100」などを利用可能に 日本オラクルは、クラウドインフラ「Oracle Cloud Infrastructure」で、GPU「NVIDIA Tesla V100」(メモリ16GB)を実行するベアメタルコンピューティングインスタンスの提供を開始する。価格は、1GPU・1時間当たり270円(税別)から。本インスタンスでは、HPC(高性能コンピューティング)やAI(人工知能)、ディ…

ページトップへ