企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

ADC/ロードバランサ の 企業情報

SCSK株式会社
SCSK、認証専用機器を最大30万件の端末アカウント管理に対応 SCSKは9月4日、RADIUS認証・DHCPアプライアンスサーバ「RADIUS GUARD S」の新版を発売した。本製品は、ネットワーク認証の5機能(RADIUSサーバ、認証局(CA)、LDAPサーバ、DHCPサーバ、ワークフロー)を、1Uハーフサイズの小型筐体に搭載している。IDとパスワードによる個人認証に加え、証明書による端末認証にも…
TIS株式会社
TIS、「SAP ERP 6.0」から次世代の「SAP S/4HANA」への移行を支援 TISは、SAPが提供してきたERP「SAP ERP 6.0」から、次世代の「SAP S/4HANA」への移行を支援する「SAP S/4HANAのりかえサービス」の提供を開始する。本サービスでは、TISのSAP ERP導入ノウハウなどを活用し、ベストプラクティスを基に、「Check」「Assess」「Go」の3つのステップで移行を支援する。第1ステップの…
日商エレクトロニクス株式会社
日商エレ、企業インフラに潜む脅威の調査・可視化・診断を提供 日商エレクトロニクスは8月14日、企業のICTインフラ内に潜伏した脅威を、ユーザーに代わって調査、診断する「潜伏脅威診断サービス」の提供を開始した。本サービスでは、LAN内のトラフィックを一定期間モニタリングし、隠れたサイバー攻撃などを可視化。LAN内に存在するホストやそのOSの種類に関わらず、潜伏した…
日本オラクル株式会社
日本オラクル、IaaSでGPU「NVIDIA Tesla V100」などを利用可能に 日本オラクルは、クラウドインフラ「Oracle Cloud Infrastructure」で、GPU「NVIDIA Tesla V100」(メモリ16GB)を実行するベアメタルコンピューティングインスタンスの提供を開始する。価格は、1GPU・1時間当たり270円(税別)から。本インスタンスでは、HPC(高性能コンピューティング)やAI(人工知能)、ディ…
日本ヒューレット・パッカード株式会社
HPE、CPU1基で2基並みの性能を備えたAMD EPYC搭載サーバを発売 日本ヒューレット・パッカード(HPE)は7月19日、デュアルCPUクラスの性能を備える経済性に優れたシングルCPUサーバ「HPE ProLiant DL325 Gen10」を発売した。本サーバは、CPUにAMD製の「EPYC」を搭載。デュアルCPUのサーバを導入することなく、エンタープライズクラスのCPU、メモリ、入出力性能、セキュリティ…
日本電気株式会社
NEC、倉庫内作業の要員管理をAIで最適化、荷物量の予測などが可能 NECは2019年1月、倉庫内作業における要員管理をAIで最適化する「物流リソースマネジメントサービス」の提供を開始する。荷物量の予測に基づく要員計画の策定や、要員の適性に合わせた業務の割り当て、作業の負荷状況に合わせた動的な要員の配置が可能で、倉庫内の作業品質や生産性の向上を支援する。本サービスの主…
株式会社日立製作所
日立、上下水道の運用・保全業務の効率化やノウハウ継承などを支援 日立製作所は10月1日、上下水道事業向けのクラウドサービス「O&M(運用・保全)支援デジタルソリューション」の提供を開始する。本サービスでは、上下水道事業の運営に関わる設備情報や運転情報、作業記録、故障や修理の情報などのさまざまなデータを、IoT(モノのインターネット)を活用してクラウド上に収集し…
富士通株式会社
富士通、法人向けPC/WSの新機種を提供、Windowsの最新版などを搭載 富士通は、法人向けのPCとワークステーション(WS)、計6シリーズ10機種の提供を8月下旬から順次開始する。13.3型の軽量モバイルPC「LIFEBOOK U938/T」は、最新版OS「Windows 10 April 2018 Update」や無線LANを搭載している。また、データを秘密分散技術により復元できないデータに変換して分散保存することで、…
ソフトバンク株式会社
ソフトバンク、SDN/NFVを活用したモバイルアクセスサービスを提供 ソフトバンクは9月5日、同社のモバイルネットワークを経由して企業ネットワークへ安全にアクセスできるサービス「セキュアモバイルアクセス」(SMA)の提供を開始した。在宅勤務などで社外からアクセスできる環境の構築や、多数のIoT端末を活用するケースなど、さまざまなニーズに対応する。本サービスでは、SDN…
エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社
NTT-ATとdit、CSIRT運用者を支援する会員制コミュニティーを提供 NTTアドバンステクノロジは8月1日、ディアイティと合同で、CSIRT(企業などでセキュリティインシデントに対応するための組織)の運用者を支援する会員制コミュニティーサービス「CS@T倶楽部(シーサートくらぶ)」の提供を開始した。本サービスでは、サイバー攻撃に対し、各企業などのCSIRT運用者で構成される会…
日本ラッド株式会社
ラッド、3次元画面でのトラフィック監視をWebブラウザから可能に 日本ラッドは、ネットワーク可視化システム「NIRVANA」のWeb対応版「NIRVANA-WEB」をリリースした。今回のWeb対応版では、同システムがリアルタイムに可視化した3次元のトラフィック状況画面を、ネットワーク経由でWebブラウザ上で確認できるようになった。また、仮想ネットワークにも対応するので、可視化画面を複…
株式会社ネットワールド
Networld、小型・安価・省電力のCitrix用シンクライアントを出荷 ネットワールドは7月2日、Citrix専用のシンクライアント端末「RX-HDX」の出荷を開始した。参考価格は、1年間の保守とVESAマウント付きで1万9800円(本体のみ、税別)。NComputingが提供する本製品は、外形寸法が76(幅)×30(高さ)×93(奥行き)ミリと小型で、消費電力は5ワット未満に抑えられている。IoTを利用…
ぷらっとホーム株式会社
ぷらっとホーム、IoT向けのSoftBank LTE対応マイクロサーバ出荷 ぷらっとホーム株式会社は、ソフトバンク株式会社のLTE回線に対応した小型サイズのIoT(Internet of Things)マイクロサーバ「OpenBlocks IoT BX3L」の出荷を9月(予定)に開始する。価格はオープン価格。「OpenBlocks IoT BX3L」は、ソフトバンクの高速データ通信サービス「SoftBank 4G LTE」への対応により広域…
サイオステクノロジー株式会社
サイオス、パブリッククラウドの運用自動化サービスの新版を提供 サイオステクノロジーは8月9日、パブリッククラウドを利用する企業向けに、運用を自動化できるサービス「SIOS Coati」の新版の提供を開始した。本サービスでは、簡単な初期構築を行うことで、インスタンスの監視や復旧が可能になり、運用コストの削減が図れる。今回の新版の主な強化および変更点は3つ。1つ目は、運…
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社
チェック・ポイント、クラウド向けの包括的なセキュリティを提供 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、新種のサイバー攻撃からクラウド環境を包括的に保護するセキュリティ製品ファミリー「CloudGuard」の提供を順次開始する。本ファミリーは、SaaSアプリケーションを保護する「CloudGuard SaaS」や、クラウド基盤を保護する「CloudGuard IaaS」(旧vSEC)で構成…
株式会社クララオンライン
クララオンライン、Nutanixの製品をクラウド型で利用可能に クララオンラインは、ハイパーコンバージドインフラを提供するNutanixの製品をクラウド型で利用できる「エンタープライズクラウドシリーズ Powered by Nutanix」の提供を3月に開始する予定だ。今回の第1弾のリリースでは、Nutanix製品を導入する際に「購入して自社資産とし、自らセットアップして利用する」以外の…
F5ネットワークスジャパン合同会社
F5、マルチクラウドへのアプリケーション展開に特化したADCを発売 F5ネットワークスジャパンは7月11日、仮想化されたソフトウェアベースのADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)「BIG-IP Cloud Edition」を発売した。マルチクラウド環境におけるアプリケーションの可用性や安全性の確保を、迅速かつ確実に行える。本製品の主な特長は3つ。1つ目は、単一アプリケーション…
ファーストサーバ株式会社
ファーストサーバ、AWSをレンタルサーバ同様に手軽に利用可能に ファーストサーバは、中小企業向けに、クラウドサービス「AWS(アマゾン ウェブ サービス)」をレンタルサーバのように手軽に利用できる「Zenlogic ホスティング Powered by AWS」の提供を5月16日から順次開始する。本サービスは、クラウド基盤にAWSを用いたマネージドレンタルサーバだ。ユーザーの利用環境は他者…
アクセリア株式会社
アクセリア、CDNと組み合わせた大規模DDoS攻撃対策を発売 アクセリアは、テラビットクラスのDDoS攻撃からWebサイトを防御する「DDoS対策サービス」を発売した。本サービスは、同社のCDN(Contents Delivery Network)サービスと、Impervaが提供するクラウド型DDoS攻撃対策「Incapusula」を組み合わせたことで、パフォーマンスとセキュリティの両立を図りながら大規模DDoS…
東京エレクトロン デバイス株式会社
TED、生産設備の予知保全向け異常判別プログラム自動生成を強化 東京エレクトロン デバイス(TED)は8月7日、生産設備の予知保全に向けた分析の自動化を可能にする異常判別プログラム自動生成マシンの新版「CX-M ver2.1」の提供を開始した。複数の時系列データを分析して判別モデルを生成できる。本製品では、時系列データを入力すると、データのクレンジングから特徴の抽出、機…

ページトップへ