企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

フォレンジック の 企業情報

NTTテクノクロス株式会社
NTTテクノクロス、ビジネス電話帳の新版で情報漏えい対策機能を装備 NTTテクノクロスは6月8日、スマートフォンの電話帳を起点としたコミュニケーションサービス「ProgOffice Enterprise」で、コンプライアンス対応促進を支援する新版の提供を開始する。本サービスは、スマートフォンなどのモバイル端末に電話帳情報といった個人情報を登録せず、クラウドに情報を保持することで情報…
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
NTTデータ、介護施設向け見守りロボットサービスを提供 NTTデータは6月14日、介護施設向けに、見守りロボットサービス「エルミーゴ」の提供を開始した。本サービスでは、高齢者のベッドサイドに設置したセンサーとロボットが連動し、高齢者の状態検知や介護スタッフへの通知、ロボットからの声掛けを行える。また、ロボットとの会話によって高齢者のコミュニケーションを…
エヌ・ティ・ティ・ビジュアル通信株式会社
NTTビジュアル通信、中堅向け情報漏洩対策ASPサービスを提供エヌ・ティ・ティ・ビジュアル通信株式会社は、営業所などに存在している個人情報をデータセンターに保管し、PCなどの操作履歴を一括して管理す中堅企業向けのASPサービス「個人情報お預かり+情報漏えい追跡サービス」の申し込み受付を、開始した。価格は、1拠点につき初期費用/月額費用共に5万円となっている。
株式会社アイ・エス・ティ
IST、5台から廉価に利用開始できるログ統合管理システムを出荷 株式会社アイ・エス・ティは、廉価に利用開始できるログ統合管理システム「eIQ Enterprise Security Analyzer 基本システム(5デバイス版)」を、出荷した。「Enterprise Security Analyzer」は、ネットワーク上の様々な機器から出力される多量のログをリアルタイムに集中管理/分析でき、必要に応じたアラートやコ…
株式会社アイ・オー・データ機器
IODATA、2.5/5/10GBASE-T対応の8ポートスイッチなどを出荷 アイ・オー・データ機器は、最大10Gbpsの高速通信に対応した8ポートのスイッチングハブ「BSH-10G08」の出荷を7月下旬に開始する。価格は8万円(税別)。本製品は、10Gbps(理論値)の通信が可能な10GBASE-Tに対応。同じく10GBASE-Tに対応したサーバや機器と組み合わせることで高速通信が可能になる。また、それぞ…
JBアドバンスト・テクノロジー株式会社
JBAT、kintoneを使いやすく機能拡張するプラグインセットを提供 JBアドバンスト・テクノロジー(JBAT)は、サイボウズが提供する業務アプリクラウドサービス「kintone」の機能を拡張するプラグインセット「ATTAZoo(アッタゾー)」の提供を2月28日に開始する。本製品は、kintoneアプリでよく使用する機能や、利便性を高めるための機能を備えたプラグインをセットにしたもの。kint…
アルプス システム インテグレーション株式会社
ALSI、教育機関のChromebookでWebフィルタリングを利用可能に アルプス システム インテグレーション(ALSI)は6月1日、Chromebook(GoogleのChrome OSを搭載したノートPC)を利用する教育機関向けに、Webフィルタリングサービスの「スクールパック」の提供を開始する。予定価格は1ライセンス当たり月額300円から。今回の新サービスでは、アプリケーションを用いずにWebフィル…
EMCジャパン株式会社
EMCジャパン、標的型攻撃対策の新版でインシデント調査を効率化 EMCジャパンは、セキュリティ対策チーム向けの標的型攻撃対策製品「RSA NetWitness Logs」「RSA NetWitness Packets」の新版(バージョン11)を10月31日に発売する予定だ。分析に必要な情報を自動的に収集し、時系列で視覚化することができる。今回の新版では、インシデントを迅速かつ正確に調査するために、イベン…
株式会社インターコム
インターコム、FAXサーバ上位版を誤送信防止の承認フローに対応 インターコムは4月27日、FAXサーバソフトの最上位版「まいと〜く Center」に、FAX送信時の管理者承認フローを追加する「誤送信防止オプション」を発売した。本ソフトは、大規模なFAX運用に対応できるよう、最大72回線までの拡張や、仮想化/IaaS環境での運用が可能な他、サーバ障害時の復旧を自動化する冗長化機…
株式会社インターネットイニシアティブ
IIJ、IaaSに西日本リージョンを追加、仮想サーバの上位版も提供 IIJは、IaaS型クラウドサービス「IIJ GIOインフラストラクチャーP2」で、西日本リージョンでの提供を開始する。併せて、本サービスで利用できる仮想サーバのラインアップを拡充し、高スペックのインスタンスを追加する。本サービスは現在、マルチテナント型で仮想サーバを利用できる「パブリックリソース」と、VMwa…
株式会社クレオ
クレオ、人事給与SaaSなどを提供、データを統計や分析へ活用可能 クレオは、大手・中堅企業向けの会計・人事給与パッケージ「ZeeM」を月額制で利用できるSaaS「ZeeM on Azure」を発売する。人事給与SaaSの先行提供を11月22日に開始し、今後会計にも拡大する。先行提供の人事給与SaaSでは、人事情報と給与情報が一元化された統合データベースにより、ルーティン業務のプロセスを簡…
セイコーソリューションズ株式会社
SSO、ロードバランサーのSSL処理能力などを向上、10GbE対応機種も セイコーソリューションズ(SSO)は、L4-L7ロードバランサー「Netwiser」の新シリーズを10月から順次発売する予定だ。今回の新シリーズでは、2019年2月発売予定の最上位モデル「SX-3950」で、10ギガビットイーサネット(10GbE)のポートを2つと、電源を入れたままで交換できる冗長電源が標準で搭載された。同モデ…
株式会社ソリトンシステムズ
ソリトン、無線LAN向け認証をクラウドで提供、不正端末を排除可能 ソリトンシステムズは4月、会社が許可していない端末から無線LANへの接続を防げるクラウドサービス「NetAttest EPS Cloud」を発売する。数十人〜300人規模の中小企業でも手軽に利用できる。本サービスでは、無線LAN向けの認証機能を提供。利用者ではなく端末を識別することで、正規の利用者が持つ不正端末(私物端…
株式会社ディアイティ
dit、未知の脅威を機械学習で検知、可視化する一体型機器を発売 ディアイティは、未知の脅威にも迅速に対応できるアプライアンス「WADJET reinvent」を発売する。本製品は、サイバー攻撃統合分析プラットフォーム「WADJET」に、複数の自己適応型機械学習エンジンで構成される「BluVector」を搭載し、導入コストを抑えた一体型アプライアンス。組織のネットワークに配備されたI…
株式会社テリロジー
テリロジー、ダークネット上の脅威情報を検知するサービスを発売 テリロジーは、匿名性の高いネットワーク「ダークネット」内のユーザー企業に対する特定の脅威情報をリアルタイムに通知するサービス「スレットインテリジェンスサービス」を11月21日に発売する。価格は個別見積もり。本サービスでは、ダークネット内でやりとりされるハッカーなどの情報を、KELA Groupが開発した自…
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
CTC、CAE解析をクラウド型で提供、第1弾は超音波シミュレーター 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、製造業や重工業など向けに、同社のCAE解析ソリューションをクラウド化し、SaaSとしての提供を開始する。第1弾は超音波シミュレーター「ComWAVE」だ。建築・建設や医療などにおける超音波検査の結果を基に、10億要素規模のメッシュを駆使して、固体の状態を高精度にシミュ…
京セラコミュニケーションシステム株式会社
KCCS、クラウドの利用を把握・追跡・制御するセキュリティを提供 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、Netskopeが提供する、クラウド利用時のセキュリティ向上を支援するサービス「Netskope」の提供を開始した。利用者とクラウドサービスの間の通信内容を基に、クラウドサービスの利用を把握・追跡・制御できる。本サービスでは、約2万種類のクラウドサービスを判別し、…
SCSK株式会社
提携:SCSKなど、AWS上のシステム向けの柔軟な運用サービスを提供 SCSKとスカイアーチネットワークスは協業し、アマゾン ウェブ サービス(AWS)上に構築されたシステム向けの監視運用サービスの提供を5月22日に開始した。本サービスの主な特長は3つ。1つ目は柔軟な監視運用が可能なことだ。ユーザーごとに、AWS上に専用の監視サーバを設置し、監視運用を行う。仮想サーバ「Amazo…
大日本印刷株式会社
DNPなど、不妊治療用システムで画像解析により受精を自動検出可能に 大日本印刷(DNP)とアステック、浅田レディースクリニックの3社は共同で、不妊治療用の「次世代型タイムラプスインキュベーターシステム」を開発した。アステックが7月1日に発売する。本システムは、不妊治療時の受精卵に適した培養環境に加え、受精卵の発育状況を撮影して記録し、画像解析ソフトにより受精を自動…
東日本電信電話株式会社
提携:NTT東日本など、小売店舗向け万引き防止AIサービスを提供 NTT東日本とアースアイズは提携し、小売店舗向けの万引き防止サービス「AIガードマン」の提供を6月下旬に開始する予定だ。本サービスでは、不審行動を検知できるAI(人工知能)を搭載したカメラが、自律的に映像を解析し、来店客の「うろうろ」「きょろきょろ」などの不審行動を検知。AI搭載のクラウドを経由して…

ページトップへ