企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

ファシリティマネジメント の 企業情報

NTTコミュニケーションズ株式会社
NTT Com、同社クラウドとGCPを併用した安全なデータ分析基盤を提供 NTTコミュニケーションズは6月20日、ハイブリッドクラウドを用いた安全なデータ分析ソリューションの提供を開始した。本ソリューションでは、NTT Comの企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」(ECL)およびデータセンターサービス「Nexcenter」と、Googleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」(G…
株式会社インターネットイニシアティブ
IIJ、WANをより柔軟に構成できる機能をSD-WANに追加 IIJは、クラウド型のネットワークサービス(SD-WAN)「IIJ Omnibusサービス」の機能を拡充し、WAN(広域ネットワーク)をより柔軟に構成できる「WANユニット」の提供を8月23日に開始する。本サービスは、インターネットやWAN、セキュリティなど、企業ネットワークに求められる機能を仮想化し、オンデマンドで提供す…
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
CTC、CAE解析をクラウド型で提供、第1弾は超音波シミュレーター 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、製造業や重工業など向けに、同社のCAE解析ソリューションをクラウド化し、SaaSとしての提供を開始する。第1弾は超音波シミュレーター「ComWAVE」だ。建築・建設や医療などにおける超音波検査の結果を基に、10億要素規模のメッシュを駆使して、固体の状態を高精度にシミュ…
沖電気工業株式会社
OKI、店舗のビジネスモデルの再構築をIoTやAIなどで支援 OKIは、店舗向けに、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)を活用してビジネスモデルの再構築を支援するソリューション「Enterprise DX」の提供を開始する。本ソリューションは、顧客経験価値の最大化と店頭の人的コスト削減を図る「ストアフロント変革」と、事務処理の自動化でコスト削減を図る「オペレー…
パナソニック株式会社
パナソニック、鉄道の安全と業務を支援する画像認識と通知を提供 パナソニックとパナソニック システムソリューションズ ジャパンは、鉄道事業者向けに、安全確保と業務を支援するサービスの提供を2018年度下期から順次開始する。本サービスでは、駅(ホーム、コンコース、改札外)で発生するさまざまな事象を、画像認識技術により自動で検出し、駅業務従事者に直接通知する。顔の…
株式会社東芝
東芝、仮想試着アプリにアプリ連係機能を追加 東芝は、スマートフォンなどのモバイル端末上で仮想試着を体験できるアプリ「Coordinate Plus」(iOS版/Android版)に、別のアプリとの連係機能を追加した。本機能を用いたアプリ試着サービスでは、利用者が仮想試着を行う際、オンラインショッピングサイトの商品紹介画面から、自動的にCoordinate Plusを起動す…
TIS株式会社
TIS、「SAP ERP 6.0」から次世代の「SAP S/4HANA」への移行を支援 TISは、SAPが提供してきたERP「SAP ERP 6.0」から、次世代の「SAP S/4HANA」への移行を支援する「SAP S/4HANAのりかえサービス」の提供を開始する。本サービスでは、TISのSAP ERP導入ノウハウなどを活用し、ベストプラクティスを基に、「Check」「Assess」「Go」の3つのステップで移行を支援する。第1ステップの…
富士通エンジニアリングテクノロジーズ株式会社
FETEC、建設業の決算予測精度の向上が図れるソフトを出荷 富士通エンジニアリングテクノロジーズ(FETEC)は、建設業の月次原価実績を把握し、決算予測精度を向上するための製品「BEStPRO smart-実行予算管理」の出荷を6月13日に開始する。本製品は、シンプルな機能構成の実行予算管理ソフトだ。既存の購買システムと競合せず、部門システムとしても使用できる。実行予算…
日本アイ・ビー・エム株式会社
日本IBM、銀行・証券業向け「軽量店舗化ソリューション」を拡充 日本IBM、銀行や証券業界向けに、営業店を起点とした業務改革を支援する「軽量店舗化ソリューション」を拡充し、7月1日に提供を開始する。一日の営業店で発生する業務の大半を人の判断なく自動化し、取引や手続きの時間短縮やオペレーションミスの削減を支援する。本ソリューションでは、顧客ごとのパーソナライズ…
日本電気株式会社
NEC、通信トラフィック制御ソリューションを5G向けに強化 NECは8月1日、通信トラフィックを高度に制御することで、利用者の体感品質向上や通信事業者の効率的なネットワーク運用を可能にするソリューション「Traffic Management Solution」を、次世代無線通信規格「5G」向けに強化し、発売した。今回の強化では、本ソリューションを構成するソフトウェアを一新し、性能や…
株式会社日立製作所
日立、システム開発の統合基盤を提供、プロジェクトの管理も支援 日立製作所は、システム開発の効率化と品質向上を支援する開発環境「Justware統合開発プラットフォーム」の提供を10月1日から順次開始する。価格は個別見積もり。本プラットフォームは、大規模なシステム開発を支援する同社のアプリケーションフレームワークに、プロジェクト管理や開発を支援する各種機能を追加す…
富士通株式会社
富士通、製品の組み立て工程を支援する生産準備ツールの新版を発売 富士通は7月24日、製品の組み立て工程を支援するデジタル生産準備ツール「FUJITSU Manufacturing Industry Solution VPS」の新版「V15L20」を発売した。3次元モデルデータを活用した組み立て作業の手順や工数に加え、実機作業のビデオ映像や作業実績の検査表など、さまざまな製造情報の集約・表示が可能になった。…
ジャパンシステム株式会社
ジャパンシステム、認証ソフトの新版でICカード忘れの救済策を強化 ジャパンシステムは、多要素認証ソフトウェア「ARCACLAVIS Ways」の新版(6.3)をリリースする。利用者がICカードを忘れた際の救済策が強化され、システム管理者などの負担の軽減が図られている。本ソフトウェアは、IDとパスワードを用いた従来の認証を、ICカードや生体情報(顔、指静脈)、ワンタイムパスワードを…
日本システムウエア株式会社
NSW、構造物のひび割れの幅や長さ、位置をAIで自動検出可能に 日本システムウエア(NSW)は5月8日、AI(人工知能)を活用して構造物のひび割れを判定するシステム「CrackVision」の提供を開始した。コンクリートなどのひび割れの幅や長さ、位置を自動で検出し、現場作業者を支援する。本システムでは、ディープラーニング(深層学習)を用いたAIエンジンにより、ひび割れの長…
株式会社富士通マーケティング
FJM、OracleのクラウドDBの環境構築やオンプレミスからの移行を支援 富士通マーケティング(FJM)は11月21日、Oracleが提供するクラウド型データベース「Oracle Database Cloud Service」の環境構築サービスと、オンプレミスで稼働している「Oracle Database」をクラウド基盤「Oracle Cloud」へ移行するための支援サービスの提供を開始した。価格は個別見積もり。両サービスでは、…
アジレント・テクノロジー株式会社
アジレント、第2四半期の業績を発表 アジレント・テクノロジーズ・インク(アジレント)は、4月30日で終了した第2四半期の業績を発表した。第2四半期の受注高は前年同期比1%増(為替変動の影響を調整すると8%増)の10億4000万ドルで、売上高は前年同期比3%減(為替変動の影響を調整すると4%増)の9億6300万ドルだったという。第2四半期のGAAPベー…
株式会社大塚商会
大塚商会、Surface Proのレンタルをサポート付きで提供 大塚商会は6月6日、ノートPCやタブレットとして利用できるマイクロソフトの「Surface Pro」を月額料金で利用できる「たよれーるSurfaceレンタルサービス」の提供を開始した。本サービスは、Surface本体とタイプカバー(打鍵感のある薄型のキーボード)のレンタルに加え、サポートサービスとして「OSの操作問い合わ…
株式会社NTTファシリティーズ
提携:NTTファシリティーズ、DC向け間接蒸発冷却式空調など提供 NTTファシリティーズは、Muntersと事業提携し、Muntersのデータセンター(DC)用間接蒸発冷却式空調システム「Oasis」を日本市場向けに強化した「Oasisバルコニータイプ」と、NTTファシリティーズの設計・運用手法、データセンター用空調自動制御システム「Smart DASH」を融合させた大規模データセンター向けトー…
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
SBT、UTMの監視と運用を24時間365日行い多層防御を強化可能に ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は、UTM(統合脅威管理)製品のセキュリティ監視と運用を24時間365日行うサービス「MSS(マネージド・セキュリティ・サービス)for UTM」の提供を開始した。対象のUTMはFortinetの「FortiGate」とPalo Alto Networksの「PAシリーズ」。複数のセキュリティ機能を横断的に分析し、…
オムロン株式会社
オムロン、製造業での外観検査の自動化を画像処理システムで支援 オムロンは、製造業向けに、外観検査工程の自動化を支援する画像処理システム「FHシリーズ」を8月1日から順次発売する。本システムの主な特長は3つ。1つ目は、色差の低い欠陥の検出や、特徴の異なる欠陥の同時検出が可能なことだ。検査対象物の特徴に応じて、照射光の色や角度を自在に調整できる「MDMC(Multi Dire…

ページトップへ