企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

統合運用管理 の 企業情報

シーティーシー・テクノロジー株式会社
CTCT、性能低下の予兆を検知し障害対応を支援するサービスを開始 シーティーシー・テクノロジー(CTCT)は、システムを監視してパフォーマンス低下の予兆を読み取り、安定稼働を支援するサービス「Avail-ProE(アベイルプロイー)」の提供を開始した。価格は年額1500万円(税別)〜。Avail-ProEは、全てのパケットやトランザクションなどのデータをモニタリングし、ビッグデータ分…
NTTコミュニケーションズ株式会社
NTT Com、ICT環境全体の脆弱性を一元管理・可視化して運用を支援 NTTコミュニケーションズは、ICT環境のセキュリティ上の欠陥を速やかに特定する「脆弱(ぜいじゃく)性見える化ソリューション」の提供を6月下旬に開始する。導入コンサルティングの受け付けは2月28日に開始した。本ソリューションでは、システムの脆弱性(セキュリティ上の欠陥)を悪用したサイバー攻撃から、ユ…
エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社
提携:NTTコムウェア、ITインフラ運用管理の統合と自動化を提供 NTTコムウェアは2月20日、ITインフラの運用業務を効率化できるサービス「SmartCloud オーケストレータ」を発売した。本サービスは、ネットワークやサーバ、アプリケーションを統合的に管理し、運用を自動化する“オーケストレーション”を行うものだ。従来は運用者が手作業で実施していた、さまざまなネットワーク…
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
NTTデータ、介護施設向け見守りロボットサービスを提供 NTTデータは6月14日、介護施設向けに、見守りロボットサービス「エルミーゴ」の提供を開始した。本サービスでは、高齢者のベッドサイドに設置したセンサーとロボットが連動し、高齢者の状態検知や介護スタッフへの通知、ロボットからの声掛けを行える。また、ロボットとの会話によって高齢者のコミュニケーションを…
SAPジャパン株式会社
SAPジャパン、PaaSで消費ベースの販売モデルとiOS向け新SDKを提供 SAPジャパンは、PaaS(Platform as a Service)「SAP Cloud Platform」で、消費ベースの販売モデルの提供を第2四半期に開始する予定だ。また、iOS向けの最新のSDK「SAP Cloud Platform SDK for iOS」の提供を開始する。消費ベースの販売モデルでは、設定や使用の簡素化が図られている。クラウドクレジットを取得し…
株式会社アークシステム
アークシステム、Zabbix環境構築・保守サポートサービスを提供 アークシステムは、オープンソースの監視ソフトウェア「Zabbix」を低価格・短納期で構築するためのサービスと、きめの細かいサポートを行うための保守サービスを集約した「まるごとおまかせZabbix」の提供を2017年1月に開始する。本サービス群は、Zabbix環境構築サービス「超速Z」「快速Z」「快適Z」とZabbix保守…
株式会社アイエスエイ
ISA、陶芸窯向けの遠隔温度監視システムを強化 アイエスエイは、陶芸窯に対応した遠隔温度監視システム「窯おんど+Plus」の出荷を11月末に開始する予定だ。価格は7万9800円(税別)。電気窯に加え、ガス窯や灯油窯、工業炉などでの作陶や管理作業などの効率化を支援する。「窯おんど」は、陶芸窯の温度を工房から離れた母屋内で、Wi-Fiを通じてスマートフォン…
株式会社アイ・オー・データ機器
IODATA、2.5/5/10GBASE-T対応の8ポートスイッチなどを出荷 アイ・オー・データ機器は、最大10Gbpsの高速通信に対応した8ポートのスイッチングハブ「BSH-10G08」の出荷を7月下旬に開始する。価格は8万円(税別)。本製品は、10Gbps(理論値)の通信が可能な10GBASE-Tに対応。同じく10GBASE-Tに対応したサーバや機器と組み合わせることで高速通信が可能になる。また、それぞ…
EMCジャパン株式会社
EMCジャパン、標的型攻撃対策の新版でインシデント調査を効率化 EMCジャパンは、セキュリティ対策チーム向けの標的型攻撃対策製品「RSA NetWitness Logs」「RSA NetWitness Packets」の新版(バージョン11)を10月31日に発売する予定だ。分析に必要な情報を自動的に収集し、時系列で視覚化することができる。今回の新版では、インシデントを迅速かつ正確に調査するために、イベン…
GMOインターネット株式会社
GMOインターネット、ドメイン名の乗っ取りを防ぐサービスを提供 GMOインターネットは4月26日、ドメイン登録サービス「お名前.com」で、ドメイン名の乗っ取り(ハイジャック)を防ぐセキュリティサービス「ドメインプロテクション」の提供を開始した。今回の新サービスでは、お名前.comで管理されているドメインを対象に、各種設定の変更や書き換えの操作を制限できる。操作制限を…
株式会社インターネットイニシアティブ
IIJ、IaaSに西日本リージョンを追加、仮想サーバの上位版も提供 IIJは、IaaS型クラウドサービス「IIJ GIOインフラストラクチャーP2」で、西日本リージョンでの提供を開始する。併せて、本サービスで利用できる仮想サーバのラインアップを拡充し、高スペックのインスタンスを追加する。本サービスは現在、マルチテナント型で仮想サーバを利用できる「パブリックリソース」と、VMwa…
シュナイダーエレクトリック株式会社
シュナイダーエレクトリック、3重冗長化の安全計装システムを発売 シュナイダーエレクトリックは、石油、ガス、化学などのプラント向けの安全計装システム「EcoStruxure Triconex Safety Systems」シリーズで、小型・軽量・省電力の「Tricon CX」を発売する。本シリーズは、安全規制を順守しつつ、予期しない業務の中断の可能性を抑え、安定的な運用を可能にする。今回の新製品は…
サイバートラスト株式会社
サイバートラスト、SSL/TLS証明書を企業自らいつでも発行可能に サイバートラストは4月18日、DigiCertが提供するSSL/TLSサーバ証明書の運用を効率化できるマネージドサービス「Enterprise RA」の提供を開始した。本サービスでは、同証明書を利用する企業の情報を事前に年1回審査することで、企業自らが証明書の発行を24時間365日(サービスメンテナンス時を除く)行えるように…
エムオーテックス株式会社
MOTEX、MDMの新版でPCも一元管理可能に、運用自動化機能なども搭載 エムオーテックスは3月27日、クラウド型のスマートデバイス管理ツール「LanScope An」の新版(Ver.3.0)をリリースした。本ツールでは、スマートデバイスの資産管理やセキュリティ対策、行動管理、活用分析を行える。管理対象の端末にアプリをインストールすることで、端末のさまざまな情報を自動で収集して管理で…
日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社
提携:TCS、ビッグデータアナリティクス関連でCloudera社と提携 タタコンサルタンシーサービシズ社(TCS)は、Cloudera社と提携したと発表した。Clouderaは、Hadoop専門家育成の企業であり、統一されたビッグデータのためのプラットフォーム“エンタープライズデータハブ”を提供している。同プラットフォームは、Apache Hadoopをコアとするスケーラブルなプラットフォームで、…
株式会社オービックビジネスコンサルタント
OBC、ERPをAzure利用のSaaS型で提供、まずは会計と給与計算から オービックビジネスコンサルタント(OBC)は2月23日、SaaS型の統合業務プラットフォーム「奉行クラウド」の第1弾として、会計システム「勘定奉行クラウド」と給与計算システム「給与奉行クラウド」を発売する。本システムでは、信頼性や操作性の高い業務オペレーションを従来の「奉行シリーズ」から引き継ぎながら…
株式会社クレオ
クレオ、人事給与SaaSなどを提供、データを統計や分析へ活用可能 クレオは、大手・中堅企業向けの会計・人事給与パッケージ「ZeeM」を月額制で利用できるSaaS「ZeeM on Azure」を発売する。人事給与SaaSの先行提供を11月22日に開始し、今後会計にも拡大する。先行提供の人事給与SaaSでは、人事情報と給与情報が一元化された統合データベースにより、ルーティン業務のプロセスを簡…
CA Technologies 
CA Technologies、B2C企業向けにカスタマーアクセス管理を強化 CA Technologiesは、「CA Single Sign-On」と「CA Advanced Authentication」の2製品で、エンドユーザーに対するサポートを拡充する。カスタマーアクセス管理技術を強化することで、リソースが何によってホストされているかに関わらず、エンドユーザーに対してインターネットに接続されているアプリケーションへ抵…
株式会社シーイーシー
CECなど、スマホから音声でDynamics 365へ営業報告入力を可能に シーイーシーとワークスモバイルジャパンは、営業現場でスマートフォンからの音声入力による活動報告を可能にするサービス「Convergent SNS連携オプション」の提供を8月1日に開始する。本サービスでは、LINE WORKS内のチャットボットを利用し、会話形式での音声入力により活動報告を作成できる。これにより、営業担…
セイコーソリューションズ株式会社
SSO、ロードバランサーのSSL処理能力などを向上、10GbE対応機種も セイコーソリューションズ(SSO)は、L4-L7ロードバランサー「Netwiser」の新シリーズを10月から順次発売する予定だ。今回の新シリーズでは、2019年2月発売予定の最上位モデル「SX-3950」で、10ギガビットイーサネット(10GbE)のポートを2つと、電源を入れたままで交換できる冗長電源が標準で搭載された。同モデ…

ページトップへ