企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

メールアーカイブ の 企業情報

株式会社ケイ・ジー・ティー
KGT、iPhone向けスケジュールアプリをアップグレード 株式会社ケイ・ジー・ティー(KGT)は、iPhone向けスケジュールアプリ「Refills for iPhone」をアップグレードし、「v1.0.5」として公開した。価格は、1200円で、App Storeより購入できる。今回の「v1.0.5」では、メニュー/ボタン/ヘルプ表記などの日本語対応を行なったほか、フォントサイズの変更にも対応した…
ソフトバンクBB株式会社
ソフトバンクBB、人事を発表 ソフトバンクBB株式会社は、人事を発表した。2015年1月1日付の人事では、執行役員 技術第一統括の佃 英幸氏が執行役員 技術第一統括 兼 モバイル・ソリューション本部 本部長 兼 技術管理本部 本部長に就任する。
サイバーソリューションズ株式会社
サイバー、メール無害化システムに無害化条件指定機能などを追加 サイバーソリューションズは、標的型攻撃対策を講じられるメール無害化メールサーバシステム「CyberMail-ST」の機能を拡充し、提供を8月21日に開始した。本システムは、受信したメールの全件を自動的に無害化して転送できる。添付ファイルをテキスト化して本文末に挿入する機能や、添付ファイルを画像に変換して転…
株式会社HDE
HDE、クラウドに安全に接続できるWindows/Mac対応ブラウザ発表 株式会社HDEは、クラウドセキュリティサービス「HDE One」の機能を強化し、Windows/Macからセキュアにクラウドサービスへのアクセスを可能にする「HDE Secure Browser」をリリースした。「HDE One」は、Office 365/Google Apps for Work/Salesforceなどのクラウドサービスと連携して、情報漏洩対策/デバイス紛…
株式会社サテライトオフィス
サテライトオフィス、ロボットと連携するWebブラウザを顔認証に対応 サテライトオフィスは、「RoBoHoN」などのロボットと連携できるWebブラウザ「ロボットブラウザ」向けに、顔認証システムのテンプレートを無償提供する。本ブラウザでは、プログラミングなどの専門知識がなくてもロボットを操作できるよう、HTMLファイル内にタグを追記することでロボットへの指示や命令が可能になっ…
ミラポイントジャパン株式会社
採用:BT、クリティカルパスのクラウドメールを採用 ミラポイントジャパン株式会社(ミラポイント)は、英国の通信事業者であるBT社が、ブロードバンドサービスを契約するコンシューマーユーザ向けのソリューションとして、ミラポイントの米本社であるCritical Path,Inc.(クリティカルパス)のクラウド型メールソリューションを採用したことを発表した。BTは、デス…
ログイット株式会社
ログイットなど、音声認識の精度を高める姓名/住所辞書を提供 ログイット株式会社とニュアンス コミュニケーションズ ジャパン株式会社は、音声認識ソフトウェア「Nuance Recognizer V9」(NR9)向けの姓名辞書パッケージと住所辞書パッケージの提供を開始した。価格は、それぞれ60万円から/40万円から(いずれもサーバライセンス含む)。今回提供開始された姓名辞書は、氏名…
株式会社TOKAIコミュニケーションズ
TOKAI COM、日額課金制のリモートデスクトップサービスを提供 TOKAIコミュニケーションズ(TOKAI COM)は、法人向けトータルアウトソーシングサービス「OneOfficeソリューション」で、中小企業向けにクラウド型リモートデスクトップサービス「OneOfficeスマートコネクト」の提供を9月28日に開始する。OneOfficeスマートコネクトでは、利用する端末を問わず、安全・容易に、遠…
株式会社トランスウエア
トランスウエアとグルージェント、クラウドセキュリティで連携 株式会社トランスウエアと株式会社グルージェントは、企業向けクラウドセキュリティソリューション分野で双方の製品を連携してセキュリティを強化するソリューションを共同展開すると発表した。トランスウエアは、メールソフトウェアの開発/システム構築などのメールソリューションを中心とした事業展開を行なって…
三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社
MIND、ログ分析で検知精度を向上させた標的型攻撃対策を提供 三菱電機インフォメーションネットワーク(MIND)は、攻撃シナリオを活用したログ分析により検知精度を向上させた「標的型攻撃対策サービス」の提供を8月7日に開始する。本サービスでは、ユーザーの環境にある各種機器のログを収集し、セキュリティ情報やログ情報の管理・分析システム(SIEM:Security Information…
ニイウス株式会社
提携:ニイウスとCCS、投信販売支援システムとCRMを連携 ニイウス株式会社は、セントラル・コンピュータ・サービス株式会社(CCS)と協業し、投資信託の窓口販売時のコンプライアンス(法令順守)チェックを自動化するシステムと顧客情報を連携させたCRMソリューションの提供を、開始した。今回提供されるソリューションでは、CCSの投信業務支援システム「i-TrustOne」…
株式会社電算システム
DSK、GoogleドライブからOfficeファイルを直接開ける機能を提供 電算システム(DSK)は、オンラインストレージ「Googleドライブ」からMicrosoft Officeのファイルを直接開ける、Webブラウザ「Chrome」の拡張機能「DriveDirect」の提供を開始した。DriveDirectでは、Googleドライブ上のOfficeファイルをダブルクリックすることで、ファイルを一旦PCにダウンロードすることなく直接…
株式会社エイジア
エイジア、メール配信の新版で複数メール横断分析機能などを強化 エイジアは、メール配信システムの新版「WEBCAS e-mail Ver.7.0」を9月1日に発売する。メールマーケティング効果の向上を支援するために、複数メール横断分析機能や、購入明細などのトランザクションデータを差し込んで配信する機能などを搭載した。本製品は、顧客の嗜好や属性、購買履歴などに基づいて最適化した…
エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社
NTT-SmCなど、セキュア・柔軟なパブリッククラウド接続を提供 エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社(NTT-SmC)と西日本電信電話株式会社(NTT西日本)は、西日本エリアで、パブリッククラウドにセキュアに接続できる新しいソリューションの提供を開始した。第1弾として、「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」接続プランの提供を開始し、今後、AWS以外のパブリックク…
アイマトリックス株式会社
アイマトリックス、AIや深層学習で情報漏えいの兆しを検知可能に アイマトリックスは、情報漏えい対策製品「マトリックスゲートAI」の出荷を2018年度第1四半期に開始する予定だ。本製品では、人間が気づきにくい情報漏えいにつながる“兆し”を検知するために、AI(人工知能)やディープラーニング(深層学習)の技術を用いている。膨大なデータの中から着眼点をAIが自身で見つけ…
株式会社CSK Winテクノロジ
CSK Winテクノロジ、SQL Serverパフォーマンス改善サービス提供 株式会社CSK Winテクノロジは、Microsoft SQL Serverに対応したパフォーマンス チューニング サービス「SQL Server インデックス チューニング サービス」の提供を開始した。「SQL Server インデックス チューニング サービス」では、具体的な解決策のアドバイスに留まらず、パフォーマンスの改善に向けてインデ…
株式会社イー・ポスト
イー・ポスト、標的型メール攻撃対策用のゲートウェイ機器を発売 イー・ポストは10月17日、標的型メール攻撃対策専用のメールゲートウェイアプライアンス「E-Post Secure Handler on TM200」を発売した。本製品は、ウイルスを含むマルウェアやスパムメールに加え、標的型メール攻撃などを防御するための承認、自動判断機能を備えている。外部から受信するメールに対し、ブラックリ…
株式会社UBIC
UBIC、特許調査・分析システムに米国特許データ追加等の強化実施 株式会社UBICは、同社が開発した人工知能「KIBIT」を用いた特許調査・分析システム「Lit i View PATENT EXPLORER」の機能を強化した。「PATENT EXPLORER」は、先行技術調査や無効資料調査などの特許の分析業務を効率化するシステム。見つけたい文書(発明提案書、無効化したい特許資料など)の内容を“教師データ…
バラクーダネットワークスジャパン株式会社
バラクーダ、メール/Office 365用セキュリティをクラウドで提供 バラクーダネットワークスジャパンは、メールの包括的なセキュリティとデータ保護を提供するクラウドサービス「Barracuda Essentials for Email Security」と、Office 365環境を総合的に保護する「Barracuda Essentials for Office 365」を6月1日に発売する。両サービスでは、フィッシング・迷惑メール・ウイルス…
カゴヤ・ジャパン株式会社
カゴヤ、機械学習などに適したTesla搭載サーバサービスを提供 カゴヤ・ジャパンは11月2日、ディープラーニング(深層学習)や機械学習に適したサーバインフラサービス「Tesla GPUサーバー」の提供を開始した。本サービスは、NVIDIA Corporationのデータセンター向けGPU「Tesla P100/P40」を搭載したベアメタルサーバ(ソフトウェアが入っていない状態の物理サーバ)だ。CPU…

ページトップへ