企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

ワンタイムパスワード の 企業情報

KDDI株式会社
KDDI、作業員の熱中症予防や転倒検知が可能なIoTクラウドを提供 KDDIは6月中旬、製造や建設の現場で働く作業員の労働災害を防止するための、IoT(モノのインターネット)クラウドサービス「KDDI IoTクラウド 〜作業員みまもり〜」の提供を開始する。熱中症を予防する「+バイタルセンシング」と、転倒や転落を通知する「+転倒検知」の2つのコースが用意される。「+バイタルセン…
NTTコミュニケーションズ株式会社
NTT Com、ICT環境全体の脆弱性を一元管理・可視化して運用を支援 NTTコミュニケーションズは、ICT環境のセキュリティ上の欠陥を速やかに特定する「脆弱(ぜいじゃく)性見える化ソリューション」の提供を6月下旬に開始する。導入コンサルティングの受け付けは2月28日に開始した。本ソリューションでは、システムの脆弱性(セキュリティ上の欠陥)を悪用したサイバー攻撃から、ユ…
NTTテクノクロス株式会社
NTTテクノクロス、端末が攻撃された際の対応をするサービスを発売 NTTテクノクロスは4月2日、企業内のエンドポイント(ネットワークにつながっているPCやサーバなどの端末)がランサムウェアや標的型攻撃を受けた際のサポートをするセキュリティサービス「TrustShelter/EPP」を発売する。本サービスでは、端末にインストールしたエージェントと管理クラウドが連携し、管理クラウド…
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
NTTデータなど、訪日外国人などの購買行動把握データを提供 NTTデータとPaykeは5月15日、小売事業者やメーカーなどのマーケティングを支援する、訪日外国人などの「購買行動把握データ」の提供を開始した。本データは、Paykeの「インバウンド購買興味データ」とNTTデータの「Twitter全量データ」を融合したものだ。前者は、商品バーコードをスキャンすることで商品説明を多…
EMCジャパン株式会社
EMCジャパン、標的型攻撃対策の新版でインシデント調査を効率化 EMCジャパンは、セキュリティ対策チーム向けの標的型攻撃対策製品「RSA NetWitness Logs」「RSA NetWitness Packets」の新版(バージョン11)を10月31日に発売する予定だ。分析に必要な情報を自動的に収集し、時系列で視覚化することができる。今回の新版では、インシデントを迅速かつ正確に調査するために、イベン…
株式会社インターネットイニシアティブ
IIJ、統合運用管理サービスでAWSやOffice 365などへの対応を強化 IIJは4月2日、「IIJ統合運用管理サービス」の機能を拡充し、システム監視範囲を拡大した。本サービスでは、マルチクラウドの一元管理やオペレーションの自動化をSaaS型で提供。クラウドからオンプレミスまで点在するシステムを包括的に監視・運用できる。今回拡張された点は大きく分けて3つ。1つ目は、ユーザーから…
株式会社オージス総研
オージス総研、不正アクセス監視を効率化するログ分析クラウドを提供 オージス総研は、日々の不正アクセス監視業務の効率化と、不正アクセスが発見された際の原因の早期究明を支援するクラウドサービス「PCセキュリティログ分析サービス」の提供を開始した。価格は、初期費用、月額費用が各20万円から。本サービスでは、PCの操作やアクセスのログを高速に検索し、分析結果を整理して可…
CA Technologies 
CA Technologies、B2C企業向けにカスタマーアクセス管理を強化 CA Technologiesは、「CA Single Sign-On」と「CA Advanced Authentication」の2製品で、エンドユーザーに対するサポートを拡充する。カスタマーアクセス管理技術を強化することで、リソースが何によってホストされているかに関わらず、エンドユーザーに対してインターネットに接続されているアプリケーションへ抵…
サイバネットシステム株式会社
サイバネット、3次元公差マネジメントツールをCAD「NX」に対応 サイバネットシステムは5月、3次元公差マネジメントツール「CETOL 6σ」で、Siemens PLM Software製の3次元CAD「NX」に対応した「NX版」を発売する。Sigmetrixが開発する本ツールは、製品開発で公差マネジメント(設計)を行うことで、高い製品品質の確保を図る。設計初期段階から、測定対象に与える公差の影響度や…
株式会社ディアイティ
dit、未知の脅威を機械学習で検知、可視化する一体型機器を発売 ディアイティは、未知の脅威にも迅速に対応できるアプライアンス「WADJET reinvent」を発売する。本製品は、サイバー攻撃統合分析プラットフォーム「WADJET」に、複数の自己適応型機械学習エンジンで構成される「BluVector」を搭載し、導入コストを抑えた一体型アプライアンス。組織のネットワークに配備されたI…
デル株式会社
デル、価格性能比の高いビジネス向け15型/14型ノートPCを発売 デルは2月13日、ビジネス向けの機能を備え、コストパフォーマンスに優れた、15型と14型のノートPC「New Vostro 15 3000(3578)」「New Vostro 14 3000(3478)」を発売した。価格はそれぞれ、8万9980円から、8万4980円から(いずれも税別、送料込み)。両製品は、エネルギー効率に優れたクアッドコアのCPU(第8世…
テクマトリックス株式会社
テクマトリックス、C/C++対応テストツールの新版を提供 テクマトリックスは、C/C++言語に対応した静的解析・単体テストツールの新版「C++test 10.3.4」をリリースした。今回の新版での強化点は主に2つ。1つ目はサポート環境の拡充だ。Windows Server 2016に対応した他、IDE(統合開発環境)「Visual Studio 2017」「Eclipse 4.7」や、コンパイラ「Microsoft Visual C++ …
株式会社ワークスアプリケーションズ
事例:太陽生命、ワークス製品で不動産管理システムを刷新 ワークスアプリケーションズは、同社製品「COMPANY」を用いて太陽生命保険が不動産管理システムを刷新したと発表した。太陽生命は、約120件の賃貸用ビルを保有し、不動産運用を通じた資産運用収益の向上を推進している。しかし、20年以上前に構築した不動産管理システムは情報の一部が一元管理されておらず、業務…
キヤノンITソリューションズ株式会社
キヤノンITS、Webアプリ自動生成ツールをテスト自動実行などに対応 キヤノンITソリューションズは5月8日、Webアプリケーション自動生成ツールの新版「Web Performer V2.2」を発売した。本ツールでは、直感的な操作で開発を行え、属人性を排除し安定した品質のWebアプリケーションを自動で生成できる。今回の新版の主な特長は2つ。1つ目は、手間のかかるテストを自動で実行でき、開…
大日本印刷株式会社
DNP、店舗の商品陳列やPOPなどの演出をAIで客観的に評価可能に 大日本印刷(DNP)は4月、AI(人工知能)を活用して店舗の売場を評価するサービスを開始する。本サービスでは、商品の陳列方法やPOPといった演出などを客観的に評価できるよう、売場調査員のノウハウや観察データをAIに学習させている。売場の画像データを読み込ませるとAIがリアルタイムで評価を行い、その結果を…
インフォコム株式会社
インフォコム、放射線治療情報システムで情報共有機能などを強化 インフォコムは、放射線治療情報システム(治療RIS)の新版「iRad-RT V9」の提供を開始した。本システムでは、放射線治療に関する情報を管理できる他、治療機器の接続やシステム間の連携に対応し、放射線治療の業務ワークフローを支援する。今回の新版では、医療スタッフ間の情報共有をスムーズにするポータル機能…
日商エレクトロニクス株式会社
日商エレ、閉域網と組み合わせた安全なクラウド型VDIを提供 日商エレクトロニクスは5月14日、個人情報などを扱う金融機関など向けに、クラウド型のVDI(仮想デスクトップ)と閉域網を組み合わせた「セキュアクラウドVDIソリューション」の提供を開始した。クラウド、VDI、ネットワーク、デバイス、インテグレーションサービスを一元的に提供する。本ソリューションの第1弾…
日本アイ・ビー・エム株式会社
日本IBM、PCI DSS準拠への対応をトークナイゼーションで支援 日本IBMは12月1日、クレジットカード業務を行う銀行や関連子会社向けに、カード情報のセキュリティ基準「PCI DSS」への準拠を支援する「IBMトークナイゼーション・モデレーター・ソリューションの提供を開始した。価格は個別見積もり。既存の基幹システムや業務フローを大幅に変えることなく、すでに稼働している銀…
日本ヒューレット・パッカード株式会社
日本ヒューレット・パッカード、仮想化HA自動化パックなどを提供 日本ヒューレット・パッカードは4月16日、中堅・中小企業向けに、Windows OSのファイルサーバを容易にバックアップできる「データ安心パック」と、仮想化基盤の構築を容易かつ短時間で行える「仮想化HA(High Availability)自動化パック」の提供を、パートナーと共同で開始した。データ安心パックは、Windows OS…
合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ
日本ベリサイン、本社移転を発表 日本ベリサイン株式会社は、2012年11月1日にシマンテックグループの一員となり、同グループとの連携を深めるため、今回株式会社シマンテック社と同じビルに移転すると発表した。これを機に事業面でのシナジーを発揮して各種セキュリティサービスを、更に高機能で付加価値の高いものへと発展させていくと伝えている…

ページトップへ