企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

フィルタリング の 企業情報

株式会社シーピーアイ
CPI、シェアードプランでサブドメインの追加サービスを提供株式会社CPIは、共用レンタルサーバーサービス「シェアードプラン」(G4、G5 Plus)で最大10個のサブドメインが利用できる「サブドメイン追加設定」の提供を、開始した。追加料金無しで利用することができる。「シェアードプラン」は、全プランでギガバイトディスクスペースや200以上〜無制限の
シーティーシー・テクノロジー株式会社
CTCT、性能低下の予兆を検知し障害対応を支援するサービスを開始 シーティーシー・テクノロジー(CTCT)は、システムを監視してパフォーマンス低下の予兆を読み取り、安定稼働を支援するサービス「Avail-ProE(アベイルプロイー)」の提供を開始した。価格は年額1500万円(税別)〜。Avail-ProEは、全てのパケットやトランザクションなどのデータをモニタリングし、ビッグデータ分…
KDDI株式会社
KDDI、作業員の熱中症予防や転倒検知が可能なIoTクラウドを提供 KDDIは6月中旬、製造や建設の現場で働く作業員の労働災害を防止するための、IoT(モノのインターネット)クラウドサービス「KDDI IoTクラウド 〜作業員みまもり〜」の提供を開始する。熱中症を予防する「+バイタルセンシング」と、転倒や転落を通知する「+転倒検知」の2つのコースが用意される。「+バイタルセン…
株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ
NTTPC、IoT/M2M用モバイル通信の料金プランとSIM運用機能を拡充 NTTPCコミュニケーションズは1月31日、IoT(モノのインターネット)やM2M(機器間通信)向けのモバイル通信サービス「Master’sONEモバイルM2M」で、上り通信に特化した新料金プランと、SIMカード運用管理の新機能の提供を開始した。新料金プランは、画像や監視データなどのアップロードが多く発生する場合に適し…
NTTコミュニケーションズ株式会社
NTT Com、ICT環境全体の脆弱性を一元管理・可視化して運用を支援 NTTコミュニケーションズは、ICT環境のセキュリティ上の欠陥を速やかに特定する「脆弱(ぜいじゃく)性見える化ソリューション」の提供を6月下旬に開始する。導入コンサルティングの受け付けは2月28日に開始した。本ソリューションでは、システムの脆弱性(セキュリティ上の欠陥)を悪用したサイバー攻撃から、ユ…
NTTテクノクロス株式会社
NTTテクノクロス、端末が攻撃された際の対応をするサービスを発売 NTTテクノクロスは4月2日、企業内のエンドポイント(ネットワークにつながっているPCやサーバなどの端末)がランサムウェアや標的型攻撃を受けた際のサポートをするセキュリティサービス「TrustShelter/EPP」を発売する。本サービスでは、端末にインストールしたエージェントと管理クラウドが連携し、管理クラウド…
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
NTTデータなど、訪日外国人などの購買行動把握データを提供 NTTデータとPaykeは5月15日、小売事業者やメーカーなどのマーケティングを支援する、訪日外国人などの「購買行動把握データ」の提供を開始した。本データは、Paykeの「インバウンド購買興味データ」とNTTデータの「Twitter全量データ」を融合したものだ。前者は、商品バーコードをスキャンすることで商品説明を多…
株式会社NTTドコモ
ドコモ、タクシーの乗車需要をAIで予測して運行を効率化可能に NTTドコモは2月15日、タクシー事業者向けの乗車需要予測サービス「AIタクシー」の提供を日本全国で開始した。本サービスでは、現在から30分後までの未来のタクシー乗車需要の予測結果などのデータをオンラインで配信する。タクシーの運行データ(乗降の場所や日時など)や気象、周辺施設情報などさまざまなデータに…
株式会社アーク情報システム
ARK、PCデータ完全抹消ソフトの新版で抹消方式などを拡充 アーク情報システム(ARK)は、Windows PCのデータを完全に抹消するHDD消去ソフト「HD革命/Eraser Ver.6」を6月23日に発売する。本ソフトは、PCからのデータ漏えいトラブルを防止するために、データを復元不可能な状態へ完全に抹消する。「パソコン完全抹消」と「ファイル抹消」を用意する。前者は、廃棄や譲渡、再…
株式会社アクト・ツー
act2、Microsoft SCCMにMac管理機能を追加できる製品を発売 株式会社アクト・ツー(act2)は、既存のMicrosoft SCCMにMac管理機能を追加でき、PC/Macを一元管理できる、米パラレルス社が開発した製品「Parallels Mac Management for Microsoft SCCM」(PMM)を発売した。価格は、Mac 1台/1年間のライセンスが3000円。「PMM」では、ソフトウェアのライセンス状況やMacのシ…
アライドテレシス株式会社
アライドテレシス、省エネを自動で行える16ポートスイッチを出荷 アライドテレシスは5月22日、10BASE-T/100BASE-TXポートを16個装備したイーサネットスイッチ「AT-FS710/16」の出荷を開始した。本製品は、省エネ機能を備え、リンクダウン中のポートは自動的に電力消費が抑制される。また、動作時温度50度に対応し、高温環境下に設置できる他、ファン非搭載で動作音が発生しない…
株式会社アラジンジャパン
アラジンジャパン、ソフトウェアDRMソリューションの新版を発売 株式会社アラジンジャパンは、ソフトウェアの違法コピーや不正使用などの著作権侵害を防止するためのソフトウェアDRM(著作権管理)ソリューションの新バージョン「HASP SRM V3.50」を、発売した。価格は、4900円からとなっている。「HASP SRM」は、コピープロテクションとIPプロテクション、安全なライセンシング…
アルプス システム インテグレーション株式会社
ALSI、教育機関のChromebookでWebフィルタリングを利用可能に アルプス システム インテグレーション(ALSI)は6月1日、Chromebook(GoogleのChrome OSを搭載したノートPC)を利用する教育機関向けに、Webフィルタリングサービスの「スクールパック」の提供を開始する。予定価格は1ライセンス当たり月額300円から。今回の新サービスでは、アプリケーションを用いずにWebフィル…
EMCジャパン株式会社
EMCジャパン、標的型攻撃対策の新版でインシデント調査を効率化 EMCジャパンは、セキュリティ対策チーム向けの標的型攻撃対策製品「RSA NetWitness Logs」「RSA NetWitness Packets」の新版(バージョン11)を10月31日に発売する予定だ。分析に必要な情報を自動的に収集し、時系列で視覚化することができる。今回の新版では、インシデントを迅速かつ正確に調査するために、イベン…
GMOインターネット株式会社
GMOインターネット、ドメイン名の乗っ取りを防ぐサービスを提供 GMOインターネットは4月26日、ドメイン登録サービス「お名前.com」で、ドメイン名の乗っ取り(ハイジャック)を防ぐセキュリティサービス「ドメインプロテクション」の提供を開始した。今回の新サービスでは、お名前.comで管理されているドメインを対象に、各種設定の変更や書き換えの操作を制限できる。操作制限を…
株式会社インターコム
インターコム、FAXサーバ上位版を誤送信防止の承認フローに対応 インターコムは4月27日、FAXサーバソフトの最上位版「まいと〜く Center」に、FAX送信時の管理者承認フローを追加する「誤送信防止オプション」を発売した。本ソフトは、大規模なFAX運用に対応できるよう、最大72回線までの拡張や、仮想化/IaaS環境での運用が可能な他、サーバ障害時の復旧を自動化する冗長化機…
株式会社インターネットイニシアティブ
IIJ、統合運用管理サービスでAWSやOffice 365などへの対応を強化 IIJは4月2日、「IIJ統合運用管理サービス」の機能を拡充し、システム監視範囲を拡大した。本サービスでは、マルチクラウドの一元管理やオペレーションの自動化をSaaS型で提供。クラウドからオンプレミスまで点在するシステムを包括的に監視・運用できる。今回拡張された点は大きく分けて3つ。1つ目は、ユーザーから…
株式会社インフォマニア
インフォマニア、Cloudmarkエンジン搭載のスパム対策ASPを提供 株式会社インフォマニアは、米Cloudmarkのスパム検知エンジン“Cloudmark Authority”を搭載したスパム対策ASP「ANSWRE」の提供を、開始した。価格は、1アカウントあたりの年間ライセンス料が3000円となっている。「ANSWRE」は、POP(メール受信)接続を中継する機能を備え、ユーザが「ANSWRE」経由で接続/受信す…
サイバートラスト株式会社
サイバートラスト、SSL/TLS証明書を企業自らいつでも発行可能に サイバートラストは4月18日、DigiCertが提供するSSL/TLSサーバ証明書の運用を効率化できるマネージドサービス「Enterprise RA」の提供を開始した。本サービスでは、同証明書を利用する企業の情報を事前に年1回審査することで、企業自らが証明書の発行を24時間365日(サービスメンテナンス時を除く)行えるように…
エムオーテックス株式会社
MOTEX、MDMの新版でPCも一元管理可能に、運用自動化機能なども搭載 エムオーテックスは3月27日、クラウド型のスマートデバイス管理ツール「LanScope An」の新版(Ver.3.0)をリリースした。本ツールでは、スマートデバイスの資産管理やセキュリティ対策、行動管理、活用分析を行える。管理対象の端末にアプリをインストールすることで、端末のさまざまな情報を自動で収集して管理で…

ページトップへ