企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

オープンソース の 企業情報

NTTテクノクロス株式会社
NTTテクノクロス、Windows端末のカメラで手のひら静脈認証を可能に NTTテクノクロスは12月下旬、生体認証ソリューション「BioPassport」を発売する。Windows10を搭載したモバイル端末のカメラに手のひらをかざすことで、静脈認証を行ってWindowsにログオンできる。本ソリューションの主な特長は4つ。1つ目は、静脈を読み取る専用機器が不要なことだ。モバイル端末のカメラがあれば…
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
提携:NTTデータなど、財務経理の業務効率化をRPAツールで支援 NTTデータとNTTデータマネジメントサービス(NDMS)は、パソナと協業し、財務経理部門の業務効率化などを支援する「WinActor財務経理ソリューション」の提供を7月11日に開始した。本ソリューションでは、自動化のニーズが高い財務経理業務を対象に、Windows操作ロボット「WinActor」を使用してERPパッケージなどの…
アイログ株式会社
アイログ、製造業向けソリューションの新版を提供 アイログ株式会社は、製造業向けソリューション「IBM ILOG Plant PowerOps(PPO)」で、より正確なビジネスシナリオの提供と、生産計画/スケジュールの変更機能の強化により、問題解決にかかる時間を削減できる新版「IBM ILOG PPO 3.2」の提供を、開始した。「IBM ILOG PPO」は、主にプロセス製造業やプロセス加工…
アドビ システムズ 株式会社
アドビ、2016年第3四半期の決算を発表 アドビは、2016年度第3四半期(6月4日から9月2日)の決算を発表した。アドビの収益は、過去最高となる14億6000ドルで前年同期比20%増だったとしている。GAAPベース希薄化後1株当たり利益(EPS)は0.54ドルで、Non-GAAPベース希薄化後1株当たり利益(EPS)は0.75ドルだった。デジタルメディア分野の収益は、過去…
キヤノンソフトウェア株式会社
キヤノンソフト、車載制御システム向けSPF開発事業へ参画 キヤノンソフトウェア株式会社(キヤノンソフト)は、APTJ株式会社が推進するAUTOSAR仕様の国産SPF(Software PlatForm)の開発にソフトウェア技術者の支援を行なうとともに、APTJが実施する第2回第三者割当増資を引き受けたと発表した。AUTOSARは、車載制御システム向けのソフトウェア基盤のグローバルな業界標…
サイボウズ株式会社
サイボウズ、グループウェア新版で新着通知アプリなどを機能強化 サイボウズは、グループウェアの新バージョン「サイボウズ Office 10.6」の提供を開始し、クラウド版もアップデートした。サイボウズ Officeでは、スケジュール管理や掲示板などに加え、業務に合わせたアプリケーションを作成できる簡易データベース機能「カスタムアプリ」も使用できる。今回の新バージョンでは、…
テクマトリックス株式会社
テクマトリックス、Office 365宛通信の自動制御サービスを提供 テクマトリックスは8月25日、Microsoftのクラウドサービス「Office 365」宛の通信を自動的に制御できるサービスの提供を開始した。本サービスでは、パロアルトネットワークスが提供する次世代ファイアウォールと、テクマトリックスのクラウドサービス「テクマクラウドO365ソリューションfor Palo Alto」とを連携す…
株式会社ユニリタ
ユニリタ、スケールできるコミュニケーション特化型PaaSを提供 ユニリタは、企業内・企業間のコミュニケーション変革に特化したPaaS「Smart Communication Platform」(SCP)の提供を開始する。SCPは、企業のデジタル変革や、クラウドインテグレーターによるクラウドサービス開発に利用できるプラットフォームだ。素早く構築して展開できることが特長で、小さく始めて大きくスケ…
ボーランド株式会社
ボーランド、ソフトウェア変更管理ツールの新バージョンを出荷 ボーランド株式会社は、ソフトウェア変更管理ツールの新バージョン「Borland StarTeam 2009」を、出荷した。今回の新バージョンでは、大規模での利用を考慮した強化が行なわれている。非同期I/Oの改善や、古い、または冗長的なビューのオンラインパージ機能を強化することで、全体的にサーバのパフォーマンス向上…
インタードットネット株式会社
インタードットネット、仮想化によるサーバ統合化支援を提供 インタードットネット株式会社は、仮想化システムを使用し、複数のサーバを統合するサービスの提供を、開始した。今回提供されるサービスでは、データセンタの移転やシステムの更新/再構築などで、仮想化システムを採用することにより、サーバ台数の削減による運用管理コストの低減と信頼性の向上を可能とする。機…
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
CTC、組織のB2C WebサービスにSNSのIDで入れる基盤の構築を提供 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、大学や自治体、企業などが提供するWebサービスに対し、SNSのアカウントを用いた会員登録やログインを可能にするID管理基盤の構築サービスを開始する。対応するSNSは、FacebookやTwitter、LINE、Yahoo! JAPANだ。本サービスの主な利点は3つ。1つ目は、Webサービスへの会員…
SCSK株式会社
SCSK、クラウド上の情報資産をIPSで監視するサービスを提供 SCSKは9月12日、クラウドサービス「USiZEシェアードモデル」で、マネージドセキュリティサービス「USiZEセキュリティ監視サービス(IPS)」の提供を開始した。IPS(不正侵入防御システム)を用いて、クラウド上にある情報資産をゲートウェイで監視する。本サービスは、同社とCheck Point Software Technologiesが…
株式会社東芝
東芝、仮想試着アプリにアプリ連係機能を追加 東芝は、スマートフォンなどのモバイル端末上で仮想試着を体験できるアプリ「Coordinate Plus」(iOS版/Android版)に、別のアプリとの連係機能を追加した。本機能を用いたアプリ試着サービスでは、利用者が仮想試着を行う際、オンラインショッピングサイトの商品紹介画面から、自動的にCoordinate Plusを起動す…
TIS株式会社
TIS、客のデータを自動集約・一元管理できる製品の導入を支援 TISは、客のデータを一元的に管理できるTealiumのソリューション「Universal Data Hub」の導入支援サービスの提供を開始する。Universal Data Hubでは、さまざまなチャネルから、部門やベンダーのシステム、さまざまなタッチポイントに散在する客のデータを自動集約する。各チャネルを通じて、客の志向に合わせたメ…
日本アイ・ビー・エム株式会社
日本IBM、複数ベンダー対応セキュリティ運用監視サービスを提供 日本IBMは10月1日、マルチベンダー環境に対応するセキュリティ運用・監視のクラウドサービス「Intelligent Security Monitoring(ISM)」と「Intelligent Log Management(ILM)」の提供を開始する。ISMは、ネットワーク機器やサーバ、アンチウイルスソフトなどさまざまな製品のログを収集し、保管・閲覧環境を提供…
日本ヒューレット・パッカード株式会社
HPE Software、バックアップスイートのセキュリティ機能を強化 HPE Softwareは、バックアップスイート「HPE Adaptive Backup and Recovery Suite」の提供を開始した。デジタル環境の保護とコスト削減、ダウンタイムの低減を支援する機能を備える。本製品は、「StoreOnce」「3PAR」「StorEver」といったHPEのストレージポートフォリオに最適化されている。また、バックアップと…
日本電気株式会社
NEC、金融機関のシステムを他システムと連携するAPI基盤を提供 NECは9月14日、金融機関の社内システムを他の事業者のシステムと安全に連携するための「API連携プラットフォームサービス」の提供を開始した。本サービスでは、API(Application Programming Interface)の仕様を外部の利用者に公開する「オープンAPI」への対応で求められる認証機能やセキュリティ対策を提供する…
NECネッツエスアイ株式会社
NESIC、ビデオ会議を中核に社内外のコミュニケーションを支援 NECネッツエスアイ(NESIC)は9月7日、時間や場所を越えた社内外のコミュニケーションを支援する「共創ワークソリューション Zoom」を発売した。Zoom Video Communicationsのビデオ会議クラウドサービス「Zoom」を中核にしている。本ソリューションの特長は3つ。1つ目として、同社はさまざまな通信環境で高品質な映…
富士通株式会社
富士通、PC用の生体認証機器としてスマートフォンを利用可能に 富士通は9月11日、Windows PC用の生体認証デバイスとしてスマートフォンを利用できる「パソコン・スマホ連携機能」の提供を開始した。価格は個別見積もり。本機能は、パスワードに依存せず生体認証と公開鍵暗号を用いるオンライン認証規格「Fast IDentity Online(FIDO認証)」に準拠した同社の「オンライン生体認…
株式会社野村総合研究所
NRI、日本籍外貨建投資信託の計理・レポーティング機能を提供 野村総合研究所(NRI)は、資産運用会社向けに、日本籍外貨建投資信託に関する計理・レポーティング業務を支援する「外貨建投資信託サービス」の提供を7月に開始する。本サービスは、投資信託バックオフィスソリューション「T-STAR/TX」の機能を拡張し、日本籍外貨建投資信託の信託財産管理・計理処理に対応する…

ページトップへ