企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

その他データセンター関連 の 企業情報

株式会社シーピーアイ
CPI、シェアードプランでサブドメインの追加サービスを提供株式会社CPIは、共用レンタルサーバーサービス「シェアードプラン」(G4、G5 Plus)で最大10個のサブドメインが利用できる「サブドメイン追加設定」の提供を、開始した。追加料金無しで利用することができる。「シェアードプラン」は、全プランでギガバイトディスクスペースや200以上〜無制限の
KDDI株式会社
KDDI、IoT向けLTE通信で3つの定額制料金プランを提供 KDDIと沖縄セルラーは2月6日、IoT向けLTE無線通信サービス「KDDI IoT通信サービス LTE」で、さまざまな分野や用途に合わせた3つの定額制料金プランの提供を開始した。1回線当たり最安月額400円からの2段階定額制で提供される。低速で小容量の「LTE Low」は、通信速度が送受信とも128kbpsで、月額基本使用料400円…
株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ
NTTPC、IoT/M2M用モバイル通信の料金プランとSIM運用機能を拡充 NTTPCコミュニケーションズは1月31日、IoT(モノのインターネット)やM2M(機器間通信)向けのモバイル通信サービス「Master’sONEモバイルM2M」で、上り通信に特化した新料金プランと、SIMカード運用管理の新機能の提供を開始した。新料金プランは、画像や監視データなどのアップロードが多く発生する場合に適し…
NTTコミュニケーションズ株式会社
提携:NTT Comなど、コンタクトセンタークラウドの信頼性などを強化 NTTコミュニケーションズは、ジェネシス・ジャパンとの協業により、クラウド型コンタクトセンターサービス「Arcstar Contact Center」の機能を強化し、12月20日に提供を開始した。今回の強化点は主に4つ。1つ目は、2000席までの規模に対応したことだ。クラウド型なので、季節やイベントで最繁時に多くの席数を必要…
NTTテクノクロス株式会社
NTTテクノクロス、特権ID管理の新版でAWS対応や海外拠点管理を強化 NTTテクノクロスは2018年1月19日、特権ID管理ツールの新バージョン「iDoperation Version 2.0」を発売する。今回の新バージョンの主な強化点は4つ。1つ目は、クラウド基盤「AWS(アマゾン ウェブ サービス)」への対応の強化だ。AWS上のLinuxサーバに対してもID管理やアクセス制御を行えるよう、AWS上のLinuxで標…
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
NTTデータ、信用金庫業界向けアプリバンキングのサービスを拡充 NTTデータは、信用金庫業界向けのバンキング機能付きスマートフォンアプリ「アプリバンキング」で、3つのオプションサービス「マルチ申込受付」「喪失届登録」「クーポン連携」の提供を、7月をめどに開始する。「マルチ申込受付」では、アプリを通じて信用金庫の各種申し込みを行う機能(ユーザー認証、本人確認…
EMCジャパン株式会社
EMCジャパン、標的型攻撃対策の新版でインシデント調査を効率化 EMCジャパンは、セキュリティ対策チーム向けの標的型攻撃対策製品「RSA NetWitness Logs」「RSA NetWitness Packets」の新版(バージョン11)を10月31日に発売する予定だ。分析に必要な情報を自動的に収集し、時系列で視覚化することができる。今回の新版では、インシデントを迅速かつ正確に調査するために、イベン…
GMOインターネット株式会社
GMOインターネット、IaaSを軸にITソリューションを一元的に提供 GMOインターネットは、ユーザーのビジネスニーズに応じたITソリューションを一元的に用意する、企業向けクラウドプラットフォーム「Z.com Cloud」の提供を開始した。Z.com Cloudでは、信頼性や運用性、拡張性に優れたIaaS型のクラウドサービスを軸に、ビジネス向けのITソリューションを必要に応じて組み合わせ、…
株式会社インターコム
インターコム、FAXの誤送信を防ぐ管理者承認フロー機能を提供 インターコムは2月28日、FAXソリューション「まいと〜く Center Hybrid」に、FAX送信時の管理者承認フローを追加する「誤送信防止オプション」を発売する。本ソリューションでは、企業のFAX受注・受付業務や帳票のFAX送信業務をペーパーレス化するシステムを、オンプレミスやクラウドで構築できる。新オプションで…
株式会社インターネットイニシアティブ
IIJ、クラウドSSOでOffice 365や外部IdP認証との連携などを強化 IIJは、シングルサインオン(SSO)クラウドサービス「IIJ IDサービス」の機能を強化した。本サービスは、複数のサービスのIDを連携し、1つのIDでさまざまなサービスにアクセスできる仕組みを提供するものだ。各種サービスのIDを管理する負担を軽減でき、自社のセキュリティポリシーに沿ったID管理をよりスムーズに…
弥生株式会社
弥生など、クラウド請求管理のiPhoneアプリで見積書も作成可能に 弥生とMisocaは、クラウド請求管理サービス「Misoca」専用のiPhoneアプリに見積書作成機能を追加した。本サービスでは、見積書や納品書、請求書をオンラインで作成し、メールで送信することができる。オンラインでの受注も可能だ。専用のiPhoneアプリでは、移動時間や待ち時間に請求書などをスマートフォンで作成で…
シュナイダーエレクトリック株式会社
シュナイダーエレクトリック、HMI向け画面作成ソフトを発売 シュナイダーエレクトリックは12月中旬、生産現場での産業機械に接続するHMI(プログラマブル表示器)向けの画面作成ソフトウェア「BLUE」を発売する。本ソフトウェアは、視認性に優れた表示と、スマートフォンのような直感的な操作を可能にし、装置の操作性を向上できる。具体的には、ズーム機能により、詳しい情…
株式会社オージス総研
オージス総研、統合認証をOAuth 2.0に対応、API利用認可を強化 オージス総研は、統合認証パッケージ「ThemiStruct Identity Platform」で、APIアクセス認可技術「OAuth 2.0」に対応した。これにより、従業員向けシステムに加え、事業用サイトや顧客向けモバイルアプリケーションの認証・認可といった、複雑化する認証基盤へのニーズに一元的に対応できるようになる。本製品は、…
株式会社ソリトンシステムズ
ソリトン、標的型攻撃に対するCSIRT/SOCでの脅威ハンティングを支援 ソリトンシステムズは、EDR(エンドポイント検知・対策)製品「InfoTrace Mark II for Cyber」のログ分析エンジンとして、「InfoTrace Mark II Analyzer」の出荷を11月下旬以降に開始する予定だ。価格は中規模モデルで398万円(税別)。本製品は、CSIRT(Computer Security Incident Response Team)やSOC(Securi…
デル株式会社
デル、価格性能比の高いビジネス向け15型/14型ノートPCを発売 デルは2月13日、ビジネス向けの機能を備え、コストパフォーマンスに優れた、15型と14型のノートPC「New Vostro 15 3000(3578)」「New Vostro 14 3000(3478)」を発売した。価格はそれぞれ、8万9980円から、8万4980円から(いずれも税別、送料込み)。両製品は、エネルギー効率に優れたクアッドコアのCPU(第8世…
株式会社ドリーム・トレイン・インターネット
DTI、仮想専用サーバでスワップ機能提供、Ubuntu 12.04も提供 株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)は、仮想専用サーバサービス「ServersMan@VPS」のメジャーバージョンアップを行ない、CentOS/Ubuntu/Debianの全OSにスワップ機能の提供を順次開始するほか、新バージョンの「Ubuntu 12.04 LTS」(Long Term Support、長期サポート版)の64ビット版の提供を…
ネットワンシステムズ株式会社
NOS、マルウェア感染端末からの情報流出を防ぐ監視や運用を提供 ネットワンシステムズ(NOS)は12月、マルウェア感染端末からの情報流出を防ぐセキュリティ監視・運用サービス「MDR(Managed Detection and Response)サービス」の提供を開始する。本サービスでは、外部との境界上の対策に留まらず、端末レベルでの対処に焦点を当て、感染時の不審な挙動を迅速に検知して対処す…
日本マイクロソフト株式会社
日本マイクロソフト、2-in-1 PCにLTE-Advanced対応モデルを追加 日本マイクロソフトは、タブレットやノートPCとして利用できる「Microsoft Surface Pro」に、高速モバイル通信規格「LTE-Advanced」に対応したモデルを追加し、法人向けに12月8日に発売する。先行受注は11月1日に開始されている。今回の新モデル「Surface Pro LTE Advanced」は、最大450Mbpsのスループット(理論…
ユニファイジャパン株式会社
ユニファイジャパン、Lotus Notesに関する無料コンサルを開始 ユニファイジャパン株式会社は、Lotus Notesに関する無料コンサルティングサービスを、開始した。同社では、「Lotus Notes移行サービス」を提供している。米国ユニファイ社が開発した移行ツール「Composer for Lotus Notes」を活用し、複雑なビジネスロジックを持つアプリケーションオープンなWeb環境に自動変換…
株式会社リコー
リコー、異なる機器や環境からも接続できるビデオ会議製品を提供 リコーは10月27日、さまざまな環境や機器からの相互接続が可能な、仮想会議室タイプのビデオ会議システム「RICOH Unified Communication System Advanced」を発売する。本システムでは、同時に50接続まで可能な仮想会議室をクラウド上に開設できる。専用のIDを持っていなくてもゲスト招待により参加できるため、頻…

ページトップへ