企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

その他基幹系システム関連 の 企業情報

株式会社三菱電機ビジネスシステム
MB、勤怠管理の新版で客観的な労働時間把握や過重労働予防を強化 三菱電機ビジネスシステム(MB)は6月21日、就業(勤怠)管理システム「ALIVE SOLUTION TA」の新版(6.3)を発売する。価格は、100人分のライセンスが50万円(税別)から。今回の新版では、客観的な労働時間の把握や過重労働の予防対策の機能が強化された。特に人事や総務向けの機能として、労働時間の実績を分析し…
キヤノンITソリューションズ株式会社
キヤノンITS、Web/メールフィルタリングの新版でBEC対策などに対応 キヤノンITソリューションズは8月1日、総合情報漏えい対策ソリューション「GUARDIANWALLシリーズ」で、Webフィルタリング「Webファミリー」とメールフィルタリング「Mailファミリー」の新版の提供を開始した。Webファミリーは、フィッシングやマルウェア配布などの危険なWebサイトや、業務上不要なWebサイトへのア…
SCSK株式会社
SCSK、認証専用機器を最大30万件の端末アカウント管理に対応 SCSKは9月4日、RADIUS認証・DHCPアプライアンスサーバ「RADIUS GUARD S」の新版を発売した。本製品は、ネットワーク認証の5機能(RADIUSサーバ、認証局(CA)、LDAPサーバ、DHCPサーバ、ワークフロー)を、1Uハーフサイズの小型筐体に搭載している。IDとパスワードによる個人認証に加え、証明書による端末認証にも…
パナソニック株式会社
パナソニック、鉄道の安全と業務を支援する画像認識と通知を提供 パナソニックとパナソニック システムソリューションズ ジャパンは、鉄道事業者向けに、安全確保と業務を支援するサービスの提供を2018年度下期から順次開始する。本サービスでは、駅(ホーム、コンコース、改札外)で発生するさまざまな事象を、画像認識技術により自動で検出し、駅業務従事者に直接通知する。顔の…
新日鉄住金ソリューションズ株式会社
事例:中外製薬工業、製造・品質データの解析で品質・収量を向上 新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は、中外製薬工業が、バイオ医薬品の安定した品質確保や収量向上のため、ITを活用してさまざまな製造や品質にかかわるデータを体系的に短時間で収集し、解析するシステムをNSSOLの支援により導入したと発表した。バイオ医薬品は、化学合成の医薬品に比べ、その特性の違いや収…
JFEシステムズ株式会社
JFEシステムズ、電子帳票の新版で基本性能を10倍以上に高速化 JFEシステムズは9月20日、電子帳票システム「FileVolante」の新版(Ver3.0)をリリースする。本システムは、オープンシステムで生成された帳票のデータを長期保存でき、高速かつ柔軟に検索できる。さまざまな帳票設計ツールが生成するPDFデータを取り込める適応性や、利用者が多い場合でも単一サーバで対応できる…
大日本印刷株式会社
DNP、自動精算機や券売機に搭載できる安全なマルチ決済端末を提供 大日本印刷(DNP)は、駐車場や飲食店などに設置した自動精算機や券売機に搭載できる、さまざまな決済が可能な端末およびサービスの提供を2019年春に開始する予定だ。本端末およびサービスの主な特長は3つ。1つ目は、さまざまな決済手段に1台の決済端末で対応することだ。磁気と接触IC・非接触IC(FeliCa含む)に…
コグノス株式会社
コグノス、InfoSphereと連携できるPMソリューションの新版を発売 コグノス株式会社は、IBMの情報統合ソリューション「InfoSphere」シリーズと連携できる、PM(パフォーマンスマネジメント/業績管理)ソリューションの新版「IBM Cognos 8 v4」を、12月初旬より発売する。「Cognos 8 v4」では、IBMのDWH情報ミドルウェア「InfoSphere Warehouse」や統合データ管理ソフト「InfoSphe…
インフォコム株式会社
インフォコム、食品温度管理IoTサービスを提供、HACCP対策を支援 インフォコムは、食品の安全性を確保するための衛生管理対応を支援する「食品温度管理IoTサービス」の提供を開始した。本サービスは、冷蔵機器内に設置したIoT(モノのインターネット)センサーを利用し、温度データの自動収集と保管、監視を行える、クラウド型の情報管理サービスだ。手作業での記録や紙による保管…
株式会社東芝
東芝、仮想試着アプリにアプリ連係機能を追加 東芝は、スマートフォンなどのモバイル端末上で仮想試着を体験できるアプリ「Coordinate Plus」(iOS版/Android版)に、別のアプリとの連係機能を追加した。本機能を用いたアプリ試着サービスでは、利用者が仮想試着を行う際、オンラインショッピングサイトの商品紹介画面から、自動的にCoordinate Plusを起動す…
東芝情報システム株式会社
東芝情報システム、Webサーバの改ざん検知クラウドサービス発売 東芝情報システム株式会社は、トリップワイヤ・ジャパン株式会社の改ざん検知パッケージ「Tripwire Enterprise」をクラウドサービス「dynaCloud 改ざん検知 plus」として発売した。「dynaCloud 改ざん検知 plus」は、情報漏洩につながる、Webコンテンツ/ファイルの改ざんを検知でき、クレジットカード業界のセキ…
東日本電信電話株式会社
NTT東日本、標的型攻撃メール訓練を提供、電話サポートも用意 NTT東日本は7月31日、全国向けに、「標的型攻撃メール訓練」サービスの提供を開始した。従業員などに対して標的型攻撃メールを疑似体験させ、情報セキュリティへの意識を高めることができる。本サービスでは、訓練管理者用のポータルサイトから訓練用メールの配信設定を行い、従業員が利用しているPCやタブレット、…
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
B-EN-G、工場向け設備管理製品にIoTプラットフォーム機能を追加 東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は11月8日、工場向けの設備管理ソリューション「mcframe SIGNAL CHAIN」に、人とモノとデータをつなぐ「IoTプラットフォーム機能」を追加した。本ソリューションでは、製造設備の稼働モニタリングと設備メンテナンスを支援するシステムを短期間で導入でき、設備の生産性と…
TIS株式会社
TIS、「SAP ERP 6.0」から次世代の「SAP S/4HANA」への移行を支援 TISは、SAPが提供してきたERP「SAP ERP 6.0」から、次世代の「SAP S/4HANA」への移行を支援する「SAP S/4HANAのりかえサービス」の提供を開始する。本サービスでは、TISのSAP ERP導入ノウハウなどを活用し、ベストプラクティスを基に、「Check」「Assess」「Go」の3つのステップで移行を支援する。第1ステップの…
株式会社内田洋行
内田洋行、製造業の生産・原価管理業務のシステム化支援製品発売 株式会社内田洋行は、ERP/基幹業務システム「スーパーカクテル」シリーズで、製造業向けの「スーパーカクテルデュオ生産」「スーパーカクテルデュオ原価」を発売した。「スーパーカクテルデュオ生産」「スーパーカクテルデュオ原価」は、製造業の業態に適応した生産管理・原価管理のシステム化を支援するために開…
富士通エンジニアリングテクノロジーズ株式会社
FETEC、建設業の決算予測精度の向上が図れるソフトを出荷 富士通エンジニアリングテクノロジーズ(FETEC)は、建設業の月次原価実績を把握し、決算予測精度を向上するための製品「BEStPRO smart-実行予算管理」の出荷を6月13日に開始する。本製品は、シンプルな機能構成の実行予算管理ソフトだ。既存の購買システムと競合せず、部門システムとしても使用できる。実行予算…
日商エレクトロニクス株式会社
日商エレ、企業インフラに潜む脅威の調査・可視化・診断を提供 日商エレクトロニクスは8月14日、企業のICTインフラ内に潜伏した脅威を、ユーザーに代わって調査、診断する「潜伏脅威診断サービス」の提供を開始した。本サービスでは、LAN内のトラフィックを一定期間モニタリングし、隠れたサイバー攻撃などを可視化。LAN内に存在するホストやそのOSの種類に関わらず、潜伏した…
日本アイ・ビー・エム株式会社
日本IBM、メモリやCPUを柔軟に拡張できるPOWER9搭載サーバを出荷 日本IBMは、エンタープライズサーバ「IBM Power Systems」の新製品で、POWER9プロセッサを搭載した「E980」「E950」の出荷を順次開始する。今回の新製品は、製品出荷時に予備で搭載済みのCPUやメモリを有効化できる「キャパシティー・オン・デマンド機能」を装備。導入時には最大容量のCPUやメモリを搭載しながら…
日本オラクル株式会社
日本オラクル、IaaSでGPU「NVIDIA Tesla V100」などを利用可能に 日本オラクルは、クラウドインフラ「Oracle Cloud Infrastructure」で、GPU「NVIDIA Tesla V100」(メモリ16GB)を実行するベアメタルコンピューティングインスタンスの提供を開始する。価格は、1GPU・1時間当たり270円(税別)から。本インスタンスでは、HPC(高性能コンピューティング)やAI(人工知能)、ディ…
日本ヒューレット・パッカード株式会社
HPE、CPU1基で2基並みの性能を備えたAMD EPYC搭載サーバを発売 日本ヒューレット・パッカード(HPE)は7月19日、デュアルCPUクラスの性能を備える経済性に優れたシングルCPUサーバ「HPE ProLiant DL325 Gen10」を発売した。本サーバは、CPUにAMD製の「EPYC」を搭載。デュアルCPUのサーバを導入することなく、エンタープライズクラスのCPU、メモリ、入出力性能、セキュリティ…

ページトップへ