企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

帳票管理システム の 企業情報

株式会社ビーエスエルシステム研究所
BSL、使い勝手向上を図った出納・会計ソフト3種の新版を発売 BSLシステム研究所は、家計簿と同様の感覚で記帳できる「かるがるできる出納6」と、補助科目や予算管理などを盛り込んだ「出納らくだ8」、小規模法人向けの会計ソフト「会計らくだ8」の3タイプを11月17日に発売する。かるがるできる出納6は、入金・出金を入力することで記帳ができ、会計知識は不要で利用できる。…
株式会社ハンモック
ハンモック、有望な営業先リストをAIで作成可能に ハンモックは、名刺管理・営業支援ツール「HotProfile」に人工知能(AI)機能を搭載する。有望な営業先リストを作成でき、効率的な販路拡大を可能にする。今回の新機能では、データ化した名刺や、企業が所有している見込み客情報、Webサイトにアクセスのあった企業など、本ツールに取り込まれた企業や人物情報を使…
株式会社システムインテグレータ
SI、Oracle向けDB開発支援ツール新版でジョブ管理機能などを装備 システムインテグレータ(SI)は11月27日、Oracle Database向けデータベース開発支援ツールの新版「SI Object Browser for Oracle Ver.14.0」を発売する。今回の新版では、Oracleが提供するクラウドサービス「Oracle Database Cloud Service」とデータベースの最新版「Oracle Database 12c R2」に対応した。また…
サイオステクノロジー株式会社
サイオス、Amazon EC2などの障害を自動復旧できるサービスを提供 サイオステクノロジーは、パブリッククラウドを利用する企業向けに、システム障害を自動復旧し障害レポートを提供するクラウドサービス「SIOS Coati」の提供を2月23日に開始する。本サービスでは、簡単な初期設定を行うことで、インスタンスの増減やシステムの稼働状況を自動的に検知し、サービスの稼働状況や月次…
パナソニック ネットソリューションズ株式会社
パナソニックNETS、大企業向け経費精算と汎用ワークフローを強化 パナソニック ネットソリューションズは12月1日、大企業や中堅企業向けの経費精算システム「MAJOR FLOW Z KEIHI」と汎用ワークフローシステム「MAJOR FLOW Z FORM」を発売する。両システムとも、並列や分岐などの複雑な承認経路にカスタマイズ不要で対応できるワークフローエンジンを備えている。また、子会社など…
デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社
DIT、Webサイト改ざんを即座に検知・復旧するソリューション発売 デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社(DIT)は、Webサイトの改ざんを即座に検知・復旧して、サイバー攻撃の脅威から保護するセキュリティソフトウェア「改ざん瞬間検知・瞬間復旧ソリューションWebARGUS」を発売した。「WebARGUS」は、監視対象のファイル・ディレクトリの改ざん時に発生する“OSの…
ブレインセラーズ・ドットコム株式会社
ブレインセラーズ、オンデマンドWeb帳票ソリューション新版出荷 ブレインセラーズ・ドットコム株式会社(ブレインセラーズ)は、企業の基幹データをリアルタイムに読み込み、帳票やドキュメントを生成するオンデマンドWeb帳票ソリューションの新リリース「biz-Stream v4.6」を、出荷した。また、このリリースより、新ラインアップ「biz-Stream Lite」が追加になった。「biz-Str…
エクセルソフト株式会社
エクセルソフト、インターネットアプリ開発ツールの新版を発売 エクセルソフトは10月13日、インターネットアプリケーション開発ツール「Red Carpet 年間サブスクリプション」の新版(Vol.3 2017)を発売した。インターネット通信のセキュリティやクラウドとの統合が強化されている。/n softwareが提供する本製品は、さまざまなプラットフォームを対象とするIDE(統合開発環境…
株式会社TKC
TKC、財務会計システムをタブレットPOSレジと連携可能に TKCは、主に小売業や飲食サービス業における経理事務の効率化を図るため、財務会計システム「FXシリーズ」を機能強化し、タブレットPOSレジとのAPI連携機能を搭載する。第1弾として11月1日に、リクルートライフスタイルが提供するPOSレジアプリ「Airレジ」との連携を開始する。これにより、Airレジを利用している…
株式会社ソルクシーズ
ソルクシーズ、ファイル共有の新版で情報漏えい対策などを強化 ソルクシーズは、ファイル共有クラウドサービスの新バージョン「Fleekdrive Ver.1.1」をリリースした。本サービスは、共同作業を考慮し、単純なファイルの管理や共有だけでなく、リアルタイムにチャットでコミュニケーションをとりながら、クラウド上でファイルを共同編集できる。文書管理に加え、社内だけでなく社…
株式会社システムディ
採用:京都府、システムディの公会計システムを採用 システムディは、公会計システム「PPP Ver.5 新統一基準対応版」が、京都府に採用されたと発表した。PPPでは、自治体が予算執行の際に利用する執行データを活用し、発生主義、複式簿記により、財務4表や固定資産台帳を作成できる。Ver.5 新統一基準対応版は、総務省の公会計「統一的な基準」に準拠していて、既設…
株式会社プリズム
●プリズム、「SAP Business One」に対応する帳票ツール「BO Form」を発売株式会社プリズムは、SAPジャパンが提供する中堅/中小企業向けERP「SAP Business One」に対応する帳票ツール「BO Form」を、12月10日より発売する。同製品の開発にあたっては、株式会社アイ・ティ・フロンティアとSAPジャパンが、技術面/機能面での協力を行なっている。
住友電工情報システム株式会社
住友電工情報システム、文書管理の新版で閲覧履歴一覧などに対応 住友電工情報システムは9月4日、文書管理・情報共有システムの新版「楽々Document Plus Ver.4.4」を発売した。価格はパッケージライセンスが150万円(税別)から。最近閲覧した文書を一覧表示する機能を追加したほか、さまざまな環境で文書を見やすく表示できるビュワーを搭載した。本システムでは、1つの文書に複…
株式会社東京アプリケーションシステム
TASC、印刷される書類をPDFでメール送付などが可能な製品を出荷東京アプリケーションシステム株式会社は、コンピュータで印刷されるさまざまな書類を、PDFファイルとしてメール配信/Web閲覧などが可能となるシステム「Mail de ECO」を、出荷した。価格は、基本ライセンス(50ライセンス)が80万円からとなっている。
株式会社ジャストシステム
JS、BIの新版で扱えるデータ件数を拡大、セルフBI機能も強化 ジャストシステム(JS)は、短期間でマルチユースの分析環境を構築できるオールインワンBIツール「Actionista! 4.0」を6月30日に発売する。スケールアップを図り、セルフサービスBI機能を強化したことで、全社から部署単位での利用まで本ツールのみで対応可能になった。本ツールは、販売分析や生産分析、会計分析…
株式会社デネット
デネット、教員が勤務時間をICカードで打刻できるPCソフトを発売 デネットは10月20日、教育機関向けに、教員の勤怠管理に特化したPCソフト「パソコンで勤怠管理School」を発売する(オープン価格)。PCとICカードで勤務時間を打刻して、総勤務時間や勤務時間外の時間を集計することができる。本製品では、「Suica」「PASMO」「ICOCA」などのIC乗車券や、「nanaco」「WAON」などの…
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート
イントラマート、企業全体のプロセスを統合できるBPMツール発売 株式会社NTTデータイントラマート(イントラマート)は、非効率な作業を一連のプロセスとしてつなぐことで、効率化・自動化を行ない、企業全体の業務改革を促進するツール「IM-BPM」を8月1日に発売する。「IM-BPM」は、7月末リリース予定のシステム共通基盤「intra-mart Accel Platform」のアップデート版「2016 …
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
NRIセキュア、特権ID管理をSaaSで提供、モニタリングサービスも NRIセキュアテクノロジーズは11月6日、情報システムの利用にあたって最高権限が付与される「特権ID」を管理するクラウドサービス「Cloud Auditor by Access Check」の提供を開始した。本サービスでは、クラウド上で特権IDからのアクセスを適切に統制できるよう、特権IDの登録や利用を管理する同社製品「SecureCube…
株式会社アプレッソ
アプレッソなど、各種クラウドと社内システムをつなぐPaaSを提供 アプレッソとテラスカイは、各種クラウドサービスを社内システムにすばやく連係し、ビジネスに組み込むことを可能にするサービス「DataSpider Cloud」の提供を2017年1月22日に開始する。アマゾン ウェブ サービス(AWS)やSalesforce、kintone、Microsoft Azure、Googleなどのクラウドサービスに対応する。DataSpid…
株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
日立ソリューションズ・クリエイト、貨物ダメージ情報管理を提供 日立ソリューションズ・クリエイトは、「貨物ダメージ情報管理ソリューション」の出荷を10月2日に開始する。価格は個別見積もり。貨物ハンドリング現場でモバイルデバイスを活用し、作業負荷の軽減と管理精度の向上を可能にする。本ソリューションの特長は5つ。1つ目は、現場で貨物のダメージ状態を写真付きで登録…

ページトップへ