企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

ERP の 企業情報

日本オラクル株式会社
日本オラクル、経理・財務向けAIで業務効率向上や迅速な判断を支援 日本オラクルは、人工知能(AI)を搭載した経理・財務向けアプリケーション「Oracle Adaptive Intelligent Applications for ERP」を発表した。本アプリケーションは、財務や調達、業績管理、発注管理、生産管理など、同社のERPクラウドに含まれる既存アプリケーションの機能を強化するためのものだ。AIや分析を経…
日本ユニシス株式会社
日本ユニシス、短期間で高品質なクラウドを構築するサービス提供 日本ユニシスは、構築テンプレートを活用して、短期間で高品質なクラウド基盤の構築を図れる「クラウド導入サービス(仮称)」の提供を10月1日に開始する。クラウド導入サービスでは、企業がMicrosoft AzureやAmazon Web Services(AWS)のクラウドサービス上にクラウド基盤を構築する際に求められる、提案・要件…
日本電気株式会社
NEC、リストバンド端末の心拍変動データから感情を可視化可能に NECは2018年度下期、心拍変動データ(脈拍数などを連続的に測定した時系列変化)などから感情を可視化する「NEC 感情分析ソリューション」を発売する。企業が従業員などの隠れた感情疲労や心理的負荷を把握でき、必要に応じて業務支援や注意喚起を行えるようになる。本システムでは、TDK製のリストバンド型ウェア…
NECネクサソリューションズ株式会社
NECネクサス、印刷業向け組版・コンテンツ管理をクラウドで提供 NECネクサソリューションズは、印刷業向けの組版・コンテンツ管理クラウドサービス「SUPER DIGITORIAL for クラウド」を発売した。本サービスは、電子編集システム「SUPER DIGITORIAL/EX」とコンテンツ管理システム「SUPER DIGITORIAL/CMS」に自動組版(マッピング)ツールを加えたもので、月額料金で提供する。S…
日本電子計算株式会社
株式会社日立製作所
事例:鳥獣害対策システムを五島市が導入、イノシシ捕獲が5倍増 日立製作所とNTT西日本は、鳥獣害対策システムを長崎県五島市に導入したと発表した。五島市では、近年イノシシが海を渡って急速に生息域を拡大しており、2015年から水稲被害が発生し始めている。猟師の人数も少なく、効率的な対策の実施が急務となっていた。今回導入したシステムでは、調査・捕獲区域に設置した出…
富士通株式会社
富士通、中堅病院向け電子カルテを発売、柔軟な製品体系を採用 富士通は6月5日、300床未満の中堅規模病院向けの電子カルテシステム「HOPE LifeMark-MX」を発売した。本システムでは、病床数や予算に応じたハードウェア構成や、業務要件に合わせた段階的な導入、オプションの自由な組み合わせが可能な、柔軟な製品体系が採用されている。検査結果や処方箋などの情報を1画面に表…
株式会社野村総合研究所
NRI、自治体向けにマイナンバー関連サービスをLGWAN経由で提供 野村総合研究所(NRI)は、地方公共団体向けに、マイナンバーを保管・管理するサービス「e-BANGO」と、紙の重要書類を安全に管理するサービス「e-BANGO /image α」を、行政専用のネットワーク「LGWAN(総合行政ネットワーク)」上で提供開始した。価格は月額10万円から(初期設定費などの諸経費は除く)。e-BAN…
株式会社オービック
大興電子通信株式会社
大興電子通信、調達支援システムのクラウドサービスを開始 大興電子通信株式会社は、調達支援システム「PROCURESUITE(プロキュアスイート)」のクラウドサービスを11月1日に開始する。価格は、初期導入費用が100万円から、月額利用料が7万円から(いずれも予定)。「プロキュアスイート」では、依頼元(現場)、購買部門、仕入先(サプライヤ)間でシームレスに情報伝達で…
株式会社電通国際情報サービス
ISID、製造業での故障予知に特化したビッグデータ分析基盤を提供 電通国際情報サービス(ISID)は、製造業向けに、故障予知に特化したビッグデータ分析プラットフォーム「PDX」の提供を開始する。Predictronicsが提供する本製品は、故障予知分析に必要となる製品や設備の稼働データの収集から、企業ごとの製品種別やニーズに応じた分析ロジックの作成、分析結果の可視化まで、一連…
日本事務器株式会社
NJC、大学図書館情報システムに施設予約オプションを追加 日本事務器(NJC)は、クラウド型の大学図書館情報システム「ネオシリウス・クラウド」で、「施設予約オプション」を発売した。本オプションでは、図書館に設けられた自習室や練習室、備品(PCやプレゼンテーション設備など)の予約や予約状況の照会を、インターネットを通じていつでも、利用端末を問わず行える。…
株式会社富士通マーケティング
FJM、OracleのクラウドDBの環境構築やオンプレミスからの移行を支援 富士通マーケティング(FJM)は11月21日、Oracleが提供するクラウド型データベース「Oracle Database Cloud Service」の環境構築サービスと、オンプレミスで稼働している「Oracle Database」をクラウド基盤「Oracle Cloud」へ移行するための支援サービスの提供を開始した。価格は個別見積もり。両サービスでは、…
三谷商事株式会社
三谷商事、仮想デスクトップ向けオールインワンパッケージを発売 三谷商事株式会社は、仮想化環境を利用するためのコンポーネントをセットにしたオールインワンパッケージ「MVP」の第1弾として、仮想デスクトップ(VDI)に適した「MVP for VMware View」を発売した。「MVP for VMware View」は、日本ヒューレット・パッカード株式会社のBladeSystem(c3000エンクロージャ×1式、P…
株式会社リード・レックス
リード・レックス、中小組立加工業向け生産管理システムを提供 株式会社リード・レックスは、クラウド環境に対応した中小組立加工業向け生産管理システム「R-PiCS Ex(アールピックス イーエックス)」の提供を開始する。価格は、月額のライセンス利用料が5ユーザで6万円から。「R-PiCS Ex」は、単独製造拠点で求められる機能に絞り込まれ、短期間でシステム構築/運用開始でき…
日通システム株式会社
日通システム、労務コストの把握で生産性向上を図れるERPを発売 日通システム株式会社は、労務コストを把握することで生産性向上を図れる『勤次郎Enterprise「労務コストマネジメントシステム」』を5月末日に発売する。『勤次郎Enterprise「労務コストマネジメントシステム」』は、「勤次郎Enterprise」(就業/給与)のデータを基に、正確な労務コストを把握し、将来の給与金額…
株式会社ICSパートナーズ
ICSパートナーズ、適正事務処理要件テンプレートを提供 株式会社ICSパートナーズは、大手〜中堅企業向け会計システム「OPEN21 SIAS」の付帯サービスとして、国税庁より提示されている“適正事務処理要件”の対応を支援するサービス「適正事務処理規程テンプレート」の提供を開始した。「OPEN21 SIAS」は、決算業務を処理する機能に加え、電子帳簿保存法における“エビデ…
株式会社ソフトクリエイト
ソフトクリエイト、段階的な対策が可能なサイバー攻撃防御を提供 ソフトクリエイトは5月15日、サイバー攻撃の未然防止や軽減が図れる包括的なセキュリティサービス「SECURITY-CORE」の提供を開始した。セキュリティ製品に加え、攻撃の監視や脅威の通知・対処復旧サービスなどが含まれる。本サービスの主な特長は3つ。1つ目は多層防御が可能なことだ。トレンドマイクロの製品を中…
JBCC株式会社
JBCCなど、標的型攻撃対策ソフト「FFR yarai」を月額制で提供 JBCCとJBサービスは、FFRIの標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」を月額課金で利用できるサービス「FFR yarai月額運用サービス」の提供を開始した。FFR yaraiシリーズは、シグネチャやパターンファイルなどに依存せず、標的型攻撃で利用される攻撃の特徴を5つのヒューリスティックエンジンにより、さまざまな…
三井情報株式会社
MKI、金融機関向け財務分析を刷新、定量・定性情報を可視化可能に 三井情報(MKI)は、地域金融機関向けの財務分析ソリューション「CASTER」をリニューアルし、オンプレミス版「CASTER X」とクラウド版「CASTER on Azure」の提供を開始した。本ソリューションは、OCRで読み込んだ決算書などの財務情報を分析でき、金融機関が融資判断に利用する資料を作成できる。今回の新版では…

ページトップへ