企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

EAI の 企業情報

株式会社エヌジェーケー
NJK、中堅中小向けBI新版でサーバ管理ツールの利便性などを向上 エヌジェーケーは、中堅中小企業向けBIツールの新バージョン「DataNature Smart ver.4」を9月29日に発売する。今回の新バージョンでは、データファイルの共有、結合、連結、・抽出など、データファイル管理機能を中心に、28項目にわたり新機能の追加や改良を行い、サーバ管理ツールの利便性を向上させている。また…
エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社
NTT-AT、無線LAN APの高密度配置環境でも通信品質を向上可能に NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は11月1日、協調型無線LANシステム「WiConductor」の提供を開始する(オープン価格)。スタジアムや学校、ショッピングモールなど、無線LANのアクセスポイント(AP)が高密度で配置される環境下でも通信品質を向上できる。本システムは、多数の無線LAN APを集中制御するために、…
株式会社メトロ
メトロ、HDD暗号化製品「FDE」の運用代行サービスを提供 株式会社メトロは、HDD暗号化製品「Checkpoint Endpoint Security Full Disk Encryption」(FDE)の運用代行サービス「EPSクラウド運用サービス」の提供を開始した。「EPSクラウド運用サービス」は、「FDE」の最新メジャーバージョン「E80」を利用する際に構築が必要な管理サーバや「FDE」クライアントの運用管理を…
富士通エフ・アイ・ピー株式会社
富士通FIP、ファイル転送の新版でOfficeファイル無害化などを強化 富士通エフ・アイ・ピーは9月、ファイル転送パッケージ「FUJITSU Security Solutionセキュアストレージ」の新バージョンの提供を開始する。無害化したMicrosoft Officeのファイルをそのままの拡張子で取り込むことなどが可能になった。本製品では、セキュリティ対策のためにネットワークを分離している環境において…
株式会社富士通マーケティング
FJM、OracleのクラウドDBの環境構築やオンプレミスからの移行を支援 富士通マーケティング(FJM)は11月21日、Oracleが提供するクラウド型データベース「Oracle Database Cloud Service」の環境構築サービスと、オンプレミスで稼働している「Oracle Database」をクラウド基盤「Oracle Cloud」へ移行するための支援サービスの提供を開始した。価格は個別見積もり。両サービスでは、…
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
富士通SSL、マルウェア検知から隔離、駆除、復旧、報告まで支援 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは10月2日、「マルウェア検知・拡散防止サービス」の出荷を開始する。エンドポイントに侵入したマルウェアの検知や自動隔離、駆除に加え、同社のセキュリティ専門家が脅威情報を活用し、対処、復旧、報告までの一連のインシデント対応を支援する。本サービスの主な特長は4つ…
株式会社富士通システムソリューションズ
Fsol、組立業の販社機能サポートする販売管理ソリューション提供 株式会社富士通システムソリューションズ(Fsol)は、組立製造業向けの販売管理ソリューション「WebSERVE smart 組立製造業販売管理ソリューション」の提供を開始した。「WebSERVE smart 組立製造業販売管理ソリューション」では、組立製造業、特に販社機能を備えた受発注、在庫、輸出入、債権債務業務をサポート…
富士電機株式会社
提携:富士電機とディーバ、管理・制度会計分野で協業 富士電機株式会社は、株式会社ディーバとエントリーからミドルレベルの管理会計・制度会計分野でのDB・BIソリューションにおいて協業することを発表した。富士電機は、管理会計・制度会計分のDB化・情報分析について、データアクセスの煩雑さや難しさ、システムのライセンス・構築コストなどから一部の企業の部門内…
トランス・コスモス株式会社
トランスコスモス、通話とチャットの複合型顧客サポートを可能に トランスコスモスは、クラウド型コンタクトセンタープラットフォーム「Contact-Link」で、「LINE」を用いた通話とチャットのハイブリッド型顧客サポートの提供を開始した。本プラットフォームでは、企業と顧客接点に分散するコミュニケーションデータを一元管理し、マーケティング資産として活用することができる。…
ユーザックシステム株式会社
ユーザックシステム、自治体向けにARを活用した観光支援を発売 ユーザックシステム株式会社は、自治体向けに観光促進を支援するARアプリ「ええR」を開発し、CG制作サービスと併せて発売した。「ええR」では、パンフレットの写真や現地の案内板などにスマホをかざすと、CG/動画/音声といったコンテンツを視聴できる。コンテンツを入れ替えたり、利用者の閲覧状況などを参照でき…
オートデスク株式会社
オートデスク、BIMデータから簡単に3Dを作成できるクラウド発売 オートデスクは、BIMソフトウェア「Autodesk Revit」のBIMデータから、バーチャルリアリティ(VR)などに使用できる3Dインタラクティブコンテンツを簡単な操作で作成できるクラウドサービス「Autodesk LIVE」を9月下旬に発売する。Autodesk LIVEを利用することで、建設プロジェクト関係者・施主・利用者などが完成…
株式会社JIEC
採用:JIEC、清水建設の災害時情報共有システムを構築 株式会社JIECは、モバイルを活用し広域大災害に対応した清水建設株式会社の災害時情報共有システム「BCP-Web」を構築したと発表した。清水建設は、建築・土木など建設工事の請負を主軸とした総合建築業を展開する企業。同社では、2007年から携帯電話やPCを利用して被災状況を記録するシステムが存在し、震災や風水…
JBCC株式会社
JBCCなど、標的型攻撃対策ソフト「FFR yarai」を月額制で提供 JBCCとJBサービスは、FFRIの標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」を月額課金で利用できるサービス「FFR yarai月額運用サービス」の提供を開始した。FFR yaraiシリーズは、シグネチャやパターンファイルなどに依存せず、標的型攻撃で利用される攻撃の特徴を5つのヒューリスティックエンジンにより、さまざまな…
古河インフォメーション・テクノロジー株式会社
FITEC、「Dynamics AX」からのデータ抽出支援テンプレートを提供 古河インフォメーション・テクノロジー株式会社(FITEC)は、MicrosoftのERPソリューション「Microsoft Dynamics AX」に蓄積されたデータを活用するための連携テンプレート「Adapter Option for Microsoft Dynamics AX」を7月に発売する。「Adapter Option for Microsoft Dynamics AX」は、株式会社アプレッソが…
株式会社第一コンピュータリソース
DCR、システム設計専用ツールの新版でシステムの見える化を強化 第一コンピュータリソース(DCR)は、システム設計専用ツール「Verasym System Designer(VSSD)」の新バージョン(Ver1.9)の出荷を6月20日に開始した。本製品は、システム開発における要件定義や外部設計(基本設計)、内部設計(詳細設計)などを行うためのツールだ。業務フローや画面設計、テーブル設計など、…
イリイ株式会社
イリイ、様々なSFA/CRMと連携できるCTI製品を発売 イリイ株式会社は、様々なSFA(営業支援)/CRMシステムと連携でき、システムを入れ替えずに既存のDBを使って電話対応の効率化を図れる、CTI製品「CTIコネクテル」を発売した。「CTIコネクテル」では、着信時の画面ポップアップや、“Click to call”での発信、通話ログなどの機能を提供する。電話番号をもとにDBを…
オリーブ情報処理サービス株式会社
OLIVE、源泉徴収などの帳票を普通紙に印刷できるシステムを発売 オリーブ情報処理サービス株式会社(OLIVE)は、“PDFオーバーレイ機能”を搭載し、源泉徴収票などの帳票を普通用紙に印刷できる「源泉徴収票PDFオーバーレイ印刷システム」を10月20日(予定)に発売する。「源泉徴収票PDFオーバーレイ印刷システム」は、各種給与パッケージから文字のみ印字したPDFとベースとな…
グレープシティ株式会社
グレープシティ、Salesforce用バーコード製品をスマホでの読取に対応 グレープシティは11月15日、Salesforce専用バーコードコンポーネント「GrapeCity Barcode for Salesforce」の新版を公開した。価格は、初期費用が無料、月額利用料が1ユーザー当たり900円(税別)。本製品は、Salesforceプラットフォーム上で動作し、Salesforceに格納されているリードや取引先、商談、キャンペーン…
ゼネラル・ビジネス・サービス株式会社
GBS、IBM iとintra-martワークフローの連携ソリューションを発売 ゼネラル・ビジネス・サービス株式会社(GBS)は、IBMの基幹システム「IBM i」と株式会社NTTデータ イントラマートのワークフローシステム「intra-martワークフロー」の連携を可能にするソリューション「IM連携ワークフロー for i」を、2009年秋より発売する。「IM連携ワークフロー for i」は、「IBM i」と「intra…
株式会社オプト
オプト、LINEチャットでの問い合わせを内容に応じ振り分け可能に オプトは、LINEビジネスコネクト(LINEがアカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービス)のメッセージ配信を行えるマーケティングツール「TSUNAGARU」の「One to Oneチャット」に、「振り分けオプション機能」を装備させた。今回、振り分けオプション機能が追加され…

ページトップへ