企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

Web会議 の 企業情報

KDDI株式会社
KDDI、受信最大708Mbpsの高速モバイル通信サービスを提供 KDDIと沖縄セルラーは、受信最大708Mbps(技術規格上の最大値)の高速モバイルデータ通信サービスの提供を、9月1日から東名阪の一部エリアで開始した。今回の新サービスは、4G LTEとWiMAX 2+のネットワークにおいて、これまでのキャリアアグリゲーション技術と4×4 MIMO技術に加え、多値変調方式「256QAM」を組み…
株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ
NTTPC、即座に設定変更できるクラウド型WANを中堅中小向けに拡充 NTTPCコミュニケーションズは、Software-Defined WAN(SD-WAN)技術を活用したクラウド型ネットワークサービスの第2弾として、中堅・中小企業や多拠点展開に適した「Master’sONE CloudWAN Nプラン」の提供を6月6日に開始する。価格は、初期費用が無料、月額料金が1万7000円/1拠点(税別)。本サービスでは、…
NTTコミュニケーションズ株式会社
NTT Com、アプリやWebサイトにビデオ通話などを迅速に装備可能に NTTコミュニケーションズは9月7日、スマートフォンやタブレット端末向けのアプリやWebサイトに、ビデオ通話などのリアルタイムコミュニケーション機能を迅速に装備できるクラウドサービス「Enterprise Cloud WebRTC Platform SkyWay」の提供を開始した。本サービスでは、リアルタイムコミュニケーションの標準技…
NTTテクノクロス株式会社
NTTテクノクロス、Windows端末のカメラで手のひら静脈認証を可能に NTTテクノクロスは12月下旬、生体認証ソリューション「BioPassport」を発売する。Windows10を搭載したモバイル端末のカメラに手のひらをかざすことで、静脈認証を行ってWindowsにログオンできる。本ソリューションの主な特長は4つ。1つ目は、静脈を読み取る専用機器が不要なことだ。モバイル端末のカメラがあれば…
アドビ システムズ 株式会社
アドビ、2016年第3四半期の決算を発表 アドビは、2016年度第3四半期(6月4日から9月2日)の決算を発表した。アドビの収益は、過去最高となる14億6000ドルで前年同期比20%増だったとしている。GAAPベース希薄化後1株当たり利益(EPS)は0.54ドルで、Non-GAAPベース希薄化後1株当たり利益(EPS)は0.75ドルだった。デジタルメディア分野の収益は、過去…
株式会社インターネットイニシアティブ
IIJ、発電事業者が売電状況を分かりやすくモニタリング可能に IIJは、Bルートの活用に必要なシステム基盤をワンストップで提供する「IIJスマートメーターBルート活用サービス」において、発電事業者が売電状況を分かりやすくモニタリングできる画面を搭載した「発電事業者パック」の提供を7月18日に開始する。価格は個別見積もり。「Bルート」とは、HEMS(家庭向けエネルギ…
キヤノンソフトウェア株式会社
キヤノンソフト、車載制御システム向けSPF開発事業へ参画 キヤノンソフトウェア株式会社(キヤノンソフト)は、APTJ株式会社が推進するAUTOSAR仕様の国産SPF(Software PlatForm)の開発にソフトウェア技術者の支援を行なうとともに、APTJが実施する第2回第三者割当増資を引き受けたと発表した。AUTOSARは、車載制御システム向けのソフトウェア基盤のグローバルな業界標…
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
キヤノンMJなど、UTMと保険による攻撃対策を中小オフィスに提供 キヤノンマーケティングジャパンと損害保険ジャパン日本興亜は、中小オフィス向けに、サイバー保険を付帯したネットワークセキュリティサービス「HOME type-U2サイバー保険付き5年パック」の提供を7月3日に開始する。価格は76万8000円(税別)。本サービスでは、統合型セキュリティ装置(UTM)「HOME-UNIT」でサイ…
株式会社クレオ
クレオ、財務・管理会計製品を電子帳簿のスキャナー保存に対応 クレオは、財務・管理会計統合パッケージ「ZeeM(ジーム)会計」の証憑管理機能として、スキャナー保存対応オプションの提供を7月31日に開始した。ZeeM会計では、電子化された領収書などの書類をワークフローで申請・承認できる、各種申請伝票のファイル添付機能を提供している。今回の新オプションではタイムスタ…
サイボウズ株式会社
サイボウズ、グループウェア新版で新着通知アプリなどを機能強化 サイボウズは、グループウェアの新バージョン「サイボウズ Office 10.6」の提供を開始し、クラウド版もアップデートした。サイボウズ Officeでは、スケジュール管理や掲示板などに加え、業務に合わせたアプリケーションを作成できる簡易データベース機能「カスタムアプリ」も使用できる。今回の新バージョンでは、…
ネットワンシステムズ株式会社
NOS、企業管理外のクラウド利用を可視化して推奨対策を提示 ネットワンシステムズ(NOS)は9月6日、企業管理外で社員が個々にクラウドサービスを利用する「シャドーIT」の利用状況を可視化するサービス「CASBサービス Shadow IT 可視化メニュー」の提供を開始した。推奨対策も提示し、セキュリティ強化と生産性向上を支援する。本サービスが提供する機能は大きく分けて3つ…
日本マイクロソフト株式会社
日本マイクロソフト、Win10 S搭載ノートPCなどでSurfaceを拡充 日本マイクロソフトは、端末群「Microsoft Surface」で、2 in 1の「Surface Pro 4」の後継モデル「Microsoft Surface Pro」と、28型ディスプレイを搭載するオールインワンデバイス「Microsoft Surface Studio」を6月15日に発売する。また、ノートPC「Microsoft Surface Laptop」を7月20日に発売する。Surface Pro…
株式会社バッファロー
バッファロー、384WのPoE給電が可能な16/24ポートスイッチを出荷 バッファローは、合計384Wまでの電源をLANケーブル経由で供給できる、レイヤー2ギガビットPoEスイッチ2機種の出荷を10月下旬に開始する予定だ。価格は、16ポートの「BS-GS2016P/HP」が7万4800円、24ポートの「BS-GS2024P/HP」が8万9800円(いずれも税別)。本製品は、電源をLANケーブル経由で供給する規格「IEEE …
ヤマハ株式会社
ヤマハ、24ポートL2スイッチとIPカメラ向けPoEスイッチを発売 ヤマハは、管理負荷を軽減する「ネットワークの見える化」に対応したシンプルL2スイッチ3機種を、2017年1月(予定)から順次発売する。「SWX2100-24G」は、20個のイーサネットポートと4個のイーサネット/SFPコンボポートを搭載。後者は、複数ポートを仮想的に1つのインタフェースとして扱えるようにするリンクア…
株式会社リコー
リコー、さまざまな用紙やモバイル印刷に対応したプリンタを発売 リコーは、インクジェット方式とレーザー方式の優れた技術を兼ね備えたジェルジェットプリンタの新製品「RICOH SG 5100/3200/2200シリーズ」3機種6モデルを1月19日に発売する。オープン価格。今回の新製品は、連続印刷速度(A4、毎分)がSG 5100シリーズで30枚、SG 3200シリーズで29枚、SG 2200シリーズで25枚…
キヤノンITソリューションズ株式会社
キヤノンITS、メールフィルタリングでクラウドメール連携を強化 キヤノンITソリューションズは10月3日、メールフィルタリングソフト「GUARDIANWALL Mailファミリー」の新バージョンの提供を開始する。今回の新バージョンでは、クラウド型メール環境との連携が強化された。具体的な強化項目は4つ。1つ目は、メールの形式を検査して標的型攻撃メールを検知する機能だ。差出人の詐称…
パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社
PSTC、IoTなどで従業員の健康状態を見える化し健康経営を支援 パナソニックソリューションテクノロジー(PSTC)は、企業向け「健康経営支援ソリューション」の提供を10月19日に開始する。健康経営支援ソリューションでは、IoT技術やクラウドをベースにしたeラーニングサービスなどを組み合わせ、従業員の心と体の現状を見える化し、運動や食事など生活習慣改善に向けた取り組み…
新日鉄住金ソリューションズ株式会社
事例:中外製薬工業、製造・品質データの解析で品質・収量を向上 新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は、中外製薬工業が、バイオ医薬品の安定した品質確保や収量向上のため、ITを活用してさまざまな製造や品質にかかわるデータを体系的に短時間で収集し、解析するシステムをNSSOLの支援により導入したと発表した。バイオ医薬品は、化学合成の医薬品に比べ、その特性の違いや収…
大日本印刷株式会社
提携:DNPなど、タブレットで申請書などを手書き入力可能に 大日本印刷(DNP)とスカイコムは協業し、タブレット端末に表示したPDFの帳票データ上に必要な情報を手書き入力して各種申請手続きを行えるサービスを4月に開始する。本サービスでは、記入した情報をテキストデータに変換できる他、手書きをそのままPDFデータ化することもできる。記入漏れを防ぐチェック機能を付…
日本アイ・ビー・エム株式会社
日本IBM、複数ベンダー対応セキュリティ運用監視サービスを提供 日本IBMは10月1日、マルチベンダー環境に対応するセキュリティ運用・監視のクラウドサービス「Intelligent Security Monitoring(ISM)」と「Intelligent Log Management(ILM)」の提供を開始する。ISMは、ネットワーク機器やサーバ、アンチウイルスソフトなどさまざまな製品のログを収集し、保管・閲覧環境を提供…

ページトップへ