企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

eラーニングシステム の 企業情報

株式会社電通国際情報サービス
ISID、製造業での故障予知に特化したビッグデータ分析基盤を提供 電通国際情報サービス(ISID)は、製造業向けに、故障予知に特化したビッグデータ分析プラットフォーム「PDX」の提供を開始する。Predictronicsが提供する本製品は、故障予知分析に必要となる製品や設備の稼働データの収集から、企業ごとの製品種別やニーズに応じた分析ロジックの作成、分析結果の可視化まで、一連…
ソフトバンク株式会社
ソフトバンク、パブリッククラウド向けセキュリティ管理SaaSを発売 ソフトバンクは5月28日、パブリッククラウドサービス向けのSaaS型セキュリティ管理サービス「Dome9」を発売した。本サービスでは、クラウド利用環境での各種セキュリティ設定や、コンプライアンスに必要なオペレーションを自動化することで、リスク管理を容易に行える。日々更新されるシステム環境を継続的にモニ…
エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社
提携:NTT-ATなど、標的型攻撃対策「FFRI yarai」の保守を拡充 NTTアドバンステクノロジは、JBサービスと協業し、FFRIのエンドポイント型標的型攻撃対策ソフトウェア「FFRI yarai」の保守サービスメニューを拡充した。今回追加されたサービスは2つ。1つ目の「24時間365日受付サービス」では、休みなく稼働しているユーザーや、海外で利用するユーザーに対してもサポート体制を…
株式会社メトロ
メトロ、HDD暗号化製品「FDE」の運用代行サービスを提供 株式会社メトロは、HDD暗号化製品「Checkpoint Endpoint Security Full Disk Encryption」(FDE)の運用代行サービス「EPSクラウド運用サービス」の提供を開始した。「EPSクラウド運用サービス」は、「FDE」の最新メジャーバージョン「E80」を利用する際に構築が必要な管理サーバや「FDE」クライアントの運用管理を…
株式会社大塚商会
大塚商会、Surface Proのレンタルをサポート付きで提供 大塚商会は6月6日、ノートPCやタブレットとして利用できるマイクロソフトの「Surface Pro」を月額料金で利用できる「たよれーるSurfaceレンタルサービス」の提供を開始した。本サービスは、Surface本体とタイプカバー(打鍵感のある薄型のキーボード)のレンタルに加え、サポートサービスとして「OSの操作問い合わ…
エスエイティーティー株式会社
エスエイティーティー、効率的に学習できるクラウド型LMSを提供 エスエイティーティー株式会社は、分かりやすい操作性で効率的に学習できることを目指した、クラウド型の学習管理システム(LMS)「学び〜と」のサービス提供を6月1日に開始する。「学び〜と」では、オリジナル教材を容易に作成できるよう配慮されていて、スライドショー型の教材をシステム上で作成できるほか、教…
株式会社ネオジャパン
ネオジャパン、グループウェアの新版でWeb会議機能などを搭載 ネオジャパンは5月29日、グループウェア「desknet’s NEO」の新版(バージョン5.0)の提供を開始した。今回の新版での大きな強化点は、Web会議機能が搭載されたことだ。特別なハードウェアやソフトウェアを用いることなく、グループウェアの全利用者がWeb会議を行え、利用者の登録や管理を別途行う必要がない。予…
日本ナショナルインスツルメンツ株式会社
日本NI、自動テスト・計測システムの開発工数を削れる機能を提供 日本ナショナルインスツルメンツは、エンジニアリングシステム設計ソフトウェア「LabVIEW NXG」の新版をリリースした。今回の新版では、自動テスト・計測システムの開発の工数とコストを削減するための機能強化が行われている。まず、対応するハードウェアの種類が拡張されたことで、約1000種類のボックス型計測器…
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
SBT、UTMの監視と運用を24時間365日行い多層防御を強化可能に ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は、UTM(統合脅威管理)製品のセキュリティ監視と運用を24時間365日行うサービス「MSS(マネージド・セキュリティ・サービス)for UTM」の提供を開始した。対象のUTMはFortinetの「FortiGate」とPalo Alto Networksの「PAシリーズ」。複数のセキュリティ機能を横断的に分析し、…
スーパーストリーム株式会社
スーパーストリーム、モバイル対応の経費精算・承認機能を提供 スーパーストリームは6月1日、会計・人事給与システムの新バージョン「SuperStream-NX Ver.2.1」で、モバイル対応の経費精算機能「従業員モバイルオプション」の提供を開始した。本機能では、従業員が移動中や待ち時間などの空き時間に、時と場所を問わず経費精算を行える。交通機関の運賃については、ヴァル研究所…
アルテミスインターナショナル株式会社
アルテミス、製品開発プロジェクトの疑似体験が可能な製品を出荷 アルテミスインターナショナル株式会社は、プロジェクトマネジメントトレーニングツール「Artemis OnTrack バージョン5.5」で、製品開発プロジェクトの疑似体験を可能とする「新製品開発シナリオ」を、出荷した。「Artemis OnTrack」は、プロジェクトマネジメントの計画段階と実行段階を擬似体験できるトレーニン…
サイオステクノロジー株式会社
サイオス、Amazon EC2などの障害を自動復旧できるサービスを提供 サイオステクノロジーは、パブリッククラウドを利用する企業向けに、システム障害を自動復旧し障害レポートを提供するクラウドサービス「SIOS Coati」の提供を2月23日に開始する。本サービスでは、簡単な初期設定を行うことで、インスタンスの増減やシステムの稼働状況を自動的に検知し、サービスの稼働状況や月次…
ソフトバンクBB株式会社
ソフトバンクBB、人事を発表 ソフトバンクBB株式会社は、人事を発表した。2015年1月1日付の人事では、執行役員 技術第一統括の佃 英幸氏が執行役員 技術第一統括 兼 モバイル・ソリューション本部 本部長 兼 技術管理本部 本部長に就任する。
エクセルソフト株式会社
エクセルソフト、Javaアプリ開発の工数を削減できるツールを発売 エクセルソフトは6月13日、Javaアプリケーション開発の工数削減や期間短縮を可能にする開発支援ツール「JRebel」を発売した。「Eclipse」「IntelliJ IDEA」「NetBeans」などの統合開発環境のプラグインとして提供される。本ツールの主な特長は3つ。1つ目は、再ビルドや再デプロイの時間を短縮できることだ。Javaア…
株式会社サテライトオフィス
サテライトオフィス、G Suite向けSSOにTOTPでの2要素認証を追加 サテライトオフィスは、Googleのクラウド型グループウェア「G Suite」向けのシングルサインオン(SSO)サービス「サテライトオフィス・シングルサインオン for G Suite」に、時間ベースのワンタイムパスワード(TOTP)を用いた2要素認証の機能を追加した。本サービスでは、IPアドレスやWebブラウザ、キャリア、端…
インターワイズ株式会社
●インターワイズ、Web会議やeラーニングを実現するためのシステム新版を発売インターワイズ株式会社は、企業内でのWeb会議やeラーニングといった、さまざまな知識共有を実現するためのインフラとなる統合型コミュニケーションシステム「ECP Connect v5.2」を、発売した。価格は、クライアントライセンスが1ユーザーあたり3万3000円から(20ユーザー以上)、基本サーバーライセンスが200万円からとなっている。
株式会社サンモアテック
サンモアテック、携帯コンテンツ変換ソフトの新版をリリース 株式会社サンモアテックは、携帯コンテンツ変換ソフト「MM Factory」で、SEO(検索エンジン最適化)対策を中心に強化したバージョン4.0を、リリースする。「MM Factory」は、iモード用にCHTML(Compact HTML)5.0以前で書かれたコンテンツを、各キャリアに合わせてタグや属性を自動的に変換し、レスポンスするソ…
株式会社システム・テクノロジー・アイ
STi、AWS上で利用できる研修の仮想実機演習管理システムを提供 株式会社システム・テクノロジー・アイ(STi)は、研修の仮想実機演習管理システム「iStudy Virtual Lab」をアマゾン ウェブ サービス(AWS)上で自宅や会社からも利用できる「iStudy Virtual Lab for AWS」の提供を7月に開始する。「iStudy Virtual Lab for AWS」では、同社が開催するOracle認定研修をはじめIT…
株式会社デジタル・ナレッジ
デジタル・ナレッジ等、eラーニングの自動指導技術の特許が成立 株式会社デジタル・ナレッジは、NTTナレッジ・スクウェア株式会社と共同で出願していたeラーニングの指導(メンタリング)をシナリオとしてパターン化し、自動指導を行なう技術において特許が成立したことを報告した。デジタル・ナレッジは、eラーニング専門ソリューションベンダ。一方、NTTナレッジ・スクウェア…
株式会社ハイマックス
ハイマックス、B to B向けP to P配信ソフトにAPI機能を追加 株式会社ハイマックスは、B to B向けのP to P配信ソフトウェア「F-Orc」に、API(Application Program Interface)機能“F-OSH(Fission Orchestra Symphonic Harmonizer)API”を追加し、提供を開始した。「F-Orc」は、動画などの大容量のデジタルコンテンツを、インターネットを使用して多数の拠点に効率的/安全…

ページトップへ