企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

文書管理 の 企業情報

NECソリューションイノベータ株式会社
NECソリューションイノベータ、営農指導支援システムの新版を提供 NECソリューションイノベータは6月、農業産地の品質向上に取り組む生産者や指導員を支援する「NEC 営農指導支援システム」の新版(Ver2.0)の提供を開始する。新版の主な特長は2つ。1つ目は、農業生産工程管理(GAP:Good Agricultural Practice)に取り組む農業産地を支援するために、「NEC GAP認証支援サービス」…
株式会社日立社会情報サービス
日立GP、自治体向けに360度パノラマ画像の編集機能を提供 日立公共システム(日立GP)は、自治体Webサイトの構築・運営を支援する「4Uweb Webユニバーサルデザインソリューション」のラインアップに、360度のパノラマ画像を容易に編集できるバーチャルビュー編集機能「スマートパノラマ」を追加し、発売した。観光情報や施設案内を分かりやすく提供できる。本機能では、自…
株式会社日立製作所
事例:鳥獣害対策システムを五島市が導入、イノシシ捕獲が5倍増 日立製作所とNTT西日本は、鳥獣害対策システムを長崎県五島市に導入したと発表した。五島市では、近年イノシシが海を渡って急速に生息域を拡大しており、2015年から水稲被害が発生し始めている。猟師の人数も少なく、効率的な対策の実施が急務となっていた。今回導入したシステムでは、調査・捕獲区域に設置した出…
富士ゼロックス株式会社
富士ゼロックス、重要文書の電子化と証拠性確保を簡易に可能に 富士ゼロックスは1月17日、重要文書の電子化と電子文書の証拠性確保を簡易に行える「DocuWorksタイムスタンプソリューション」を発売する。スキャン、タイムスタンプ、クラウド連携を組み合わせ、重要文書の電子化から管理の一元化まで包括的に支援する。本ソリューションは、PDF文書へのタイムスタンプの付与と…
富士ソフト株式会社
富士ソフト、マルチキャリア対応のUSBデータ通信端末を発売 富士ソフトは1月9日、USBドングルタイプのデータ通信端末「+F FS040U」を発売する(オープン価格)。同製品は、NTTドコモ/au/ソフトバンクの4G(LTE)周波数と、NTTドコモ/ソフトバンクの3G周波数に対応。PCなどの他、自動車や店舗などの機器をインターネットに接続できる。接続モードは「簡単接続」「セキュア…
富士通株式会社
富士通、中堅病院向け電子カルテを発売、柔軟な製品体系を採用 富士通は6月5日、300床未満の中堅規模病院向けの電子カルテシステム「HOPE LifeMark-MX」を発売した。本システムでは、病床数や予算に応じたハードウェア構成や、業務要件に合わせた段階的な導入、オプションの自由な組み合わせが可能な、柔軟な製品体系が採用されている。検査結果や処方箋などの情報を1画面に表…
株式会社野村総合研究所
NRI、自治体向けにマイナンバー関連サービスをLGWAN経由で提供 野村総合研究所(NRI)は、地方公共団体向けに、マイナンバーを保管・管理するサービス「e-BANGO」と、紙の重要書類を安全に管理するサービス「e-BANGO /image α」を、行政専用のネットワーク「LGWAN(総合行政ネットワーク)」上で提供開始した。価格は月額10万円から(初期設定費などの諸経費は除く)。e-BAN…
NECマグナスコミュニケーションズ株式会社
NEC Magnus Communications、ドコモ網接続のLTEルーターを出荷 NECマグナスコミュニケーションズ株式会社(NEC Magnus Communications)は、NTTドコモ網に接続可能なLTEルーター「uM300L type-D」の出荷を7月に開始する。価格はオープン価格。「uM300L type−D」は、MIMO動作時に下り最大100Mbps/上り最大50Mbpsの通信(技術規格上の最大値。通信環境などに応じて変化する)…
株式会社キングジム
キングジム、折りたたみ時はA5サイズのモバイルPCを発売 株式会社キングジムは、“使いやすさ”と“携帯性”の両立を目指したモバイルPC「ポータブック XMC10」を2月12日に発売する。価格はオープン価格。「ポータブック」は、Windows 10を搭載したモバイルPC。2つにたためるキーボード“スライドアーク キーボード”を採用していて、持ち運び時には204mm×153mmとA5サ…
パーソナルメディア株式会社
パーソナルメディア、PCデータ消去ソフト新版でUEFIやNVMeに対応 パーソナルメディアは9月27日、PC用のデータ消去ソフトの新バージョン「ディスクシュレッダー6」を発売する。対象機種を拡大したほか、消去ログ機能を全ラインアップに搭載した。本製品は、インストール作業が不要で容易に操作できる。提供するメディア(USBメモリまたはDVD-ROM)から直接ソフトウェアを起動する…
メディアドライブ株式会社
メディアドライブ、帳票OCRの結果を複数PCで直せる製品を強化 メディアドライブは、手書き・活字帳票OCRソフト「FormOCR」の拡張システム「OCR複数訂正システム」をバージョンアップし、発売した。OCR複数訂正システムは、FormOCRでOCR処理した帳票データを、ネットワーク上に存在する複数のクライアントPC上で確認・訂正を行い、CSVファイルに出力する、FormOCRの拡張システム…
凸版印刷株式会社
凸版印刷、電子チラシサービスで小規模事業者向け新プランを提供 凸版印刷は5月9日、店舗の集客を支援する電子チラシサービス「Shufoo!」で、店舗数が10以下の小規模事業者に向けた新プランの提供を開始した。価格は1店舗あたり月額5000円からで、申し込み初月の掲載料は無料。本プランでは、Web上で申し込み、クレジットカード決済をすればすぐに、店舗商圏の消費者のスマート…
株式会社アシスト
アシスト、各種領域のDB基盤を迅速・安価に構築できる製品を提供 アシストは4月12日、データベース(DB)基盤ソリューション「DODAI」の新ラインアップとして、企業ITのさまざまな領域のDB基盤を迅速かつ低コストに構築できる「DODAI ODAモデル」の提供を開始した。本モデルは、オラクルの高可用性DBとハードウェアを一体化したエンジニアドシステム「Oracle Database Appliance…
アンドール株式会社
アンドール、図面から寸法値や公差を抽出して検査表に出力可能に アンドールは6月20日、製造現場での検査工程の作業を効率化する「検査表システム」を発売する。本システムは、DXF/DWG形式のデータの読み込みに対応。設計図面のデータを基に、部品の寸法値や、許容される誤差(公差)の数値を、検査表の形式で自動的に生成する。また、実際の計測値を入力すれば、可否の判定も自…
株式会社日立システムズエンジニアリングサービス
HISYS-ESなど、機密情報を国内外へ安全・高速・安価に転送可能に 日立システムズエンジニアリングサービス(HISYS-ES)は、日立システムズと連携し、CADなどの設計図面データや機密情報を国内外の拠点へ安全・高速・低コストで転送できる「グローバル安全データ転送サービス」の提供を10月に開始する。価格は個別見積もり。本サービスは、両社が開発した高速データ転送ソフトウェ…
株式会社ダイナックス
ダイナックス、GWを経営者目線で活用できるよう強化し新版を発売 株式会社ダイナックスは、グループウェア(GW)「なかまクラウド オフィス」で、経営者自身が仕事情報の管理の先頭に立てるようシステム化された「Ver2.1」を5月20日に発売する。「Ver2.1」では、探しごとやミスといった仕事上の“無駄”の削減を支援するほか、仕事情報の流失漏洩や、災害、従業員の事故/急病に…
株式会社電通国際情報サービス
ISID、製造業での故障予知に特化したビッグデータ分析基盤を提供 電通国際情報サービス(ISID)は、製造業向けに、故障予知に特化したビッグデータ分析プラットフォーム「PDX」の提供を開始する。Predictronicsが提供する本製品は、故障予知分析に必要となる製品や設備の稼働データの収集から、企業ごとの製品種別やニーズに応じた分析ロジックの作成、分析結果の可視化まで、一連…
トッパン・フォームズ株式会社
トッパンフォームズ、帳票の改訂・管理を効率化するクラウドを提供 トッパンフォームズは、帳票を改訂する機会の多い金融機関や官公庁・自治体など向けに、帳票データ管理を効率化するクラウドサービス「DocValue Contents」を提供する。ベータ版は6月20日から提供されており、正式版の提供開始は7月24日の予定だ。本サービスでは、帳票データや画像などのコンテンツをクラウド上で…
日本システムウエア株式会社
NSW、構造物のひび割れの幅や長さ、位置をAIで自動検出可能に 日本システムウエア(NSW)は5月8日、AI(人工知能)を活用して構造物のひび割れを判定するシステム「CrackVision」の提供を開始した。コンクリートなどのひび割れの幅や長さ、位置を自動で検出し、現場作業者を支援する。本システムでは、ディープラーニング(深層学習)を用いたAIエンジンにより、ひび割れの長…
ソフトバンク株式会社
ソフトバンク、パブリッククラウド向けセキュリティ管理SaaSを発売 ソフトバンクは5月28日、パブリッククラウドサービス向けのSaaS型セキュリティ管理サービス「Dome9」を発売した。本サービスでは、クラウド利用環境での各種セキュリティ設定や、コンプライアンスに必要なオペレーションを自動化することで、リスク管理を容易に行える。日々更新されるシステム環境を継続的にモニ…

ページトップへ