企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

文書管理 の 企業情報

NECネッツエスアイ株式会社
NESICなど、テレワークを安全にする端末認証と指紋認証を提供 NECネッツエスアイ(NESIC)は、テレワーク環境下でも安全にPCを利用できるようにするサービス「セキュアPCソリューション」をDDSと共同開発し、3月1日に受注を開始する。本サービスでは、インターネットを介さない無線閉域網への接続をSIMと端末の組み合わせ認証で許可し、さらに指紋認証によって特定された利用…
NECソリューションイノベータ株式会社
NECソリューションイノベータ、工事写真管理ソフトの新版を発売 NECソリューションイノベータは3月1日、工事写真管理ソフトの新版「蔵衛門 御用達18」を発売する。本ソフトでは、工事写真の取り込みから台帳の作成、管理まで一連の作業を、ドラッグ&ドロップを中心とした直感的な操作で行える。作成した台帳は、本棚にアルバムを入れたようなイメージで表示される。また、国土交…
株式会社日立公共システム
日立GP、自治体向けに360度パノラマ画像の編集機能を提供 日立公共システム(日立GP)は、自治体Webサイトの構築・運営を支援する「4Uweb Webユニバーサルデザインソリューション」のラインアップに、360度のパノラマ画像を容易に編集できるバーチャルビュー編集機能「スマートパノラマ」を追加し、発売した。観光情報や施設案内を分かりやすく提供できる。本機能では、自…
株式会社日立製作所
日立、メーター自動読み取りでインフラ設備の点検を効率化可能に 日立製作所は4月、工場やエネルギー分野などの産業・社会インフラ設備の点検業務を効率化する「メーター自動読み取りサービス」の提供を開始する。本サービスでは、各種設備のアナログメーターの値を自動で測定、収集、可視化することで、従来は人手で行っていた巡回点検作業の負荷を軽減し、設備監視作業を容易に…
富士ゼロックス株式会社
富士ゼロックス、重要文書の電子化と証拠性確保を簡易に可能に 富士ゼロックスは1月17日、重要文書の電子化と電子文書の証拠性確保を簡易に行える「DocuWorksタイムスタンプソリューション」を発売する。スキャン、タイムスタンプ、クラウド連携を組み合わせ、重要文書の電子化から管理の一元化まで包括的に支援する。本ソリューションは、PDF文書へのタイムスタンプの付与と…
富士ソフト株式会社
富士ソフト、マルチキャリア対応のUSBデータ通信端末を発売 富士ソフトは1月9日、USBドングルタイプのデータ通信端末「+F FS040U」を発売する(オープン価格)。同製品は、NTTドコモ/au/ソフトバンクの4G(LTE)周波数と、NTTドコモ/ソフトバンクの3G周波数に対応。PCなどの他、自動車や店舗などの機器をインターネットに接続できる。接続モードは「簡単接続」「セキュア…
富士通株式会社
富士通など、手のひら静脈認証を各種システムへ容易に適用可能に 富士通と富士通フロンテックは4月1日、さまざまな業務システムやオフィス機器に手のひら静脈認証機能を容易に適用できる装置「PalmSecure Connect」の出荷を開始する。本製品は、手のひら静脈センサーに加え、OSやミドルウェア、操作指示などを表示するタッチパネルディスプレイなどを1つの筐体に搭載したオールイ…
株式会社野村総合研究所
NRI、金融機関向けにAzureやOffice 365などの監査や評価を代行 野村総合研究所(NRI)は2月20日、マイクロソフトのクラウドサービス(「Microsoft Azure」「Office 365」など)を利用する金融機関向けに、リスクアセスメントの代行サービスの提供を開始した。安全対策基準への適合状況を確認するための業務を効率化でき、その結果、従来よりも容易にクラウドを導入できるように…
NECマグナスコミュニケーションズ株式会社
NEC Magnus Communications、ドコモ網接続のLTEルーターを出荷 NECマグナスコミュニケーションズ株式会社(NEC Magnus Communications)は、NTTドコモ網に接続可能なLTEルーター「uM300L type-D」の出荷を7月に開始する。価格はオープン価格。「uM300L type−D」は、MIMO動作時に下り最大100Mbps/上り最大50Mbpsの通信(技術規格上の最大値。通信環境などに応じて変化する)…
株式会社キングジム
キングジム、折りたたみ時はA5サイズのモバイルPCを発売 株式会社キングジムは、“使いやすさ”と“携帯性”の両立を目指したモバイルPC「ポータブック XMC10」を2月12日に発売する。価格はオープン価格。「ポータブック」は、Windows 10を搭載したモバイルPC。2つにたためるキーボード“スライドアーク キーボード”を採用していて、持ち運び時には204mm×153mmとA5サ…
パーソナルメディア株式会社
パーソナルメディア、PCデータ消去ソフト新版でUEFIやNVMeに対応 パーソナルメディアは9月27日、PC用のデータ消去ソフトの新バージョン「ディスクシュレッダー6」を発売する。対象機種を拡大したほか、消去ログ機能を全ラインアップに搭載した。本製品は、インストール作業が不要で容易に操作できる。提供するメディア(USBメモリまたはDVD-ROM)から直接ソフトウェアを起動する…
メディアドライブ株式会社
メディアドライブ、帳票OCRの結果を複数PCで直せる製品を強化 メディアドライブは、手書き・活字帳票OCRソフト「FormOCR」の拡張システム「OCR複数訂正システム」をバージョンアップし、発売した。OCR複数訂正システムは、FormOCRでOCR処理した帳票データを、ネットワーク上に存在する複数のクライアントPC上で確認・訂正を行い、CSVファイルに出力する、FormOCRの拡張システム…
凸版印刷株式会社
凸版印刷など、AIで見込み客を抽出しDM発送や電話発信まで提供 凸版印刷とアイズファクトリーは、機械学習を活用した購買データ分析による見込み度(予測反応確率)の高い客の抽出を基に、DM制作・発送を行う「AI-DM」とアウトバウンドコール(電話発信)を実施する「AI-コール」の提供を6月に開始する。両サービスでは、客1人1人の過去の購買実績や会員属性などのデータを活用…
株式会社アシスト
アシスト、BIの新版でポータル機能を強化、知見や洞察を共有可能に アシストは12月25日、BI「WebFOCUS」の新版(8.2)の提供を開始した。Information Buildersが開発する本製品は、全社的な情報活用の最適化と定着を支援するBIプラットフォームだ。社内の経営層やアナリスト、現場の業務担当者に加え、社外の顧客やパートナーまで、さまざまな利用者が情報を活用できる。新版では、…
アンドール株式会社
提携:アンドールとアリエル、3D造形のワンストップサービス提供 アンドール株式会社と株式会社アリエルは業務提携し、様々なものの3Dモデルデータ作成から3D造形サービスまで、3次元化技術をワンストップで提供する「3Dデータセンター」サービスの提供を開始した。「3Dデータセンター」は、製造業における試作品の、迅速・安価な作成を支援するサービス。自社で3Dデータを作成す…
株式会社日立システムズエンジニアリングサービス
HISYS-ESなど、機密情報を国内外へ安全・高速・安価に転送可能に 日立システムズエンジニアリングサービス(HISYS-ES)は、日立システムズと連携し、CADなどの設計図面データや機密情報を国内外の拠点へ安全・高速・低コストで転送できる「グローバル安全データ転送サービス」の提供を10月に開始する。価格は個別見積もり。本サービスは、両社が開発した高速データ転送ソフトウェ…
株式会社ダイナックス
ダイナックス、GWを経営者目線で活用できるよう強化し新版を発売 株式会社ダイナックスは、グループウェア(GW)「なかまクラウド オフィス」で、経営者自身が仕事情報の管理の先頭に立てるようシステム化された「Ver2.1」を5月20日に発売する。「Ver2.1」では、探しごとやミスといった仕事上の“無駄”の削減を支援するほか、仕事情報の流失漏洩や、災害、従業員の事故/急病に…
株式会社電通国際情報サービス
提携:ISIDなど、金融機関向けリスク管理ソリューションを提供 電通国際情報サービス(ISID)とニューメリカルテクノロジーズは提携し、金融機関のリスク管理業務の高度化や効率化を支援するソリューションの提供を開始する。本ソリューションでは、パッケージソフトウェアの導入から、RPA(Robotic Process Automation)の活用も含む最適な業務プロセスの構築と定着まで、包括…
日本システムウエア株式会社
NSW、AIを利用したビックデータ検索サービスを提供 日本システムウエア(NSW)は1月31日、ビッグデータ検索サービス「Union Search」の提供を開始した。価格は月額1万5000円から。本サービスでは、さまざまな種類のデータ形式において、データ量に依存せず横断的な検索を可能にする。主な検索機能は3つ。1つ目の「横断検索」では、Webサイトやデータベース、ファイ…
ソフトバンク株式会社
ソフトバンク、ロボット「Pepper for Biz」を用いた決済を可能に ソフトバンクは、法人向けロボット「Pepper for Biz」による決済を可能にするサービス「レジ for Pepper」の提供を2018年1月以降に開始する予定だ。申し込み受け付けは12月4日に開始する。本サービスは、注文の受け付けから決済までをロボットが行えるようにするもので、日本語、英語、中国語での客対応が可能だ。…

ページトップへ