企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

データ検索ソフト の 企業情報

株式会社ディアイティ
dit、未知の脅威の侵入を機械学習で検知・分析できる機器を提供 ディアイティは11月、ネットワーク侵入検知システム「BluVectorセキュリティアプライアンス」の取り扱いを開始した。機械学習を用いて、最新かつ高度の未知の脅威でも検知・分析できる。BluVectorが提供する本アプライアンスは、複数の自己適応型機械学習エンジンを搭載。ネットワークのエッジにおいて、全てのイ…
株式会社ニューズウォッチ
ニューズウォッチ、サイト内検索ASPでアクセス解析機能を提供 株式会社ニューズウォッチは、サイト内検索ASPサービス「サイトナビプラス」の無償オプションサービスとして、Webサイトへのアクセス状況に関するデータの解析機能をASP方式で提供するアクセス解析ツール「SiteWatch」を、リリースした。「SiteWatch」では、Webサイトへのアクセス状況に関するレポート(ページビ…
株式会社ユニリタ
ユニリタ、スケールできるコミュニケーション特化型PaaSを提供 ユニリタは、企業内・企業間のコミュニケーション変革に特化したPaaS「Smart Communication Platform」(SCP)の提供を開始する。SCPは、企業のデジタル変革や、クラウドインテグレーターによるクラウドサービス開発に利用できるプラットフォームだ。素早く構築して展開できることが特長で、小さく始めて大きくスケ…
日本マイクロソフト株式会社
日本マイクロソフト、2-in-1 PCにLTE-Advanced対応モデルを追加 日本マイクロソフトは、タブレットやノートPCとして利用できる「Microsoft Surface Pro」に、高速モバイル通信規格「LTE-Advanced」に対応したモデルを追加し、法人向けに12月8日に発売する。先行受注は11月1日に開始されている。今回の新モデル「Surface Pro LTE Advanced」は、最大450Mbpsのスループット(理論…
マジックソフトウェア・ジャパン株式会社
MSJ、高速開発ツールの新版で開発環境や後方互換性などを改善 マジックソフトウェア・ジャパン(MSJ)は10月30日、高速開発ツール「Magic xpa Application Platform」の新バージョン(3.2)をリリースした。本ツールは、開発生産性に優れたビジネスアプリケーション開発基盤だ。今回の新バージョンでは、開発環境「Magic xpa Studio」の改善や、後方互換性の向上、UI(ユーザー…
ユニアデックス株式会社
提携:ユニアデックスなど、CentOS関連ハード/ソフトを一括保守 ユニアデックス株式会社とミラクル・リナックス株式会社は、無償のLinux基本ソフトウェア「CentOS」とIBMのx86サーバの組み合わせに対する保守に関する協業を開始し、ユニアデックスは、ハードウェア/ソフトウェア双方に対する24時間365日の一括保守サービスを、7月1日より提供する。ユニアデックスは、全国約180…
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
CTC、大量のセンサーデータをリアルタイムに分析するIoT基盤を提供 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は10月20日、統合IoTプラットフォーム「Cisco SAS Edge-to-Enterprise IoT Analytics Platform」の取り扱いを開始した。Cisco SystemsとSAS Instituteが共同で開発した本プラットフォームは、センサーからの大量データをリアルタイムに分析するためのものだ。1秒間に数百万イ…
沖電気工業株式会社
OKI、店舗のレジの適正台数可視化と混雑予測のサービスを提供 OKIは2018年1月31日、店舗のレジ周りの課題に対処する2つのサービス「レジ適正台数見える化」「レジ混雑予測」の提供を開始する。価格は個別見積もり。両サービスは、流通・小売業界向けの店舗業務改善支援ソリューション「VisIoT」の第1弾だ。IoT(モノのインターネット)の画像センシング技術と、人工知能(AI)…
丸紅情報システムズ株式会社
MSYS、アプリケーションを改ざんや暗号鍵漏れから守るソフトを発売 丸紅情報システムズ(MSYS)は、アプリケーションのソースコードを保護して不正使用などを防止するソフトウェア「whiteCryption Code Protection」と、アプリケーションで使用する暗号鍵をハッキングから保護するソフトウェア「whiteCryption Secure Key Box」を発売する。whiteCryptionが提供する両ソフトウェア…
京セラコミュニケーションシステム株式会社
KCCS、クラウドの利用を把握・追跡・制御するセキュリティを提供 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、Netskopeが提供する、クラウド利用時のセキュリティ向上を支援するサービス「Netskope」の提供を開始した。利用者とクラウドサービスの間の通信内容を基に、クラウドサービスの利用を把握・追跡・制御できる。本サービスでは、約2万種類のクラウドサービスを判別し、…
三井物産株式会社
三井物産、個人ID/アクセス管理アプライアンスを出荷三井物産株式会社は、米A10 Networks,Inc.の個人ID/アクセス管理アプライアンス「IDSentrie 1000」を、物産ネットワークス株式会社を通じて出荷した。価格は、オープン価格で、参考価格は350万円となっている。同製品は、情報システムを使用するユーザーの個人ID情報の統合/一括管理を行ない、ユーザーの
三菱電機株式会社
三菱電機、レーザー加工機の生産性・保全性改善サービスを提供 三菱電機株式会社は、IoT(Internet of Things)を利用して、板金加工向けレーザー加工機の様々な情報を収集・蓄積し、遠隔地からリアルタイムで確認・診断するサービス「iQ Care Remote4U」の提供を4月1日に開始する。「iQ Care Remote4U」は、日本電気株式会社(NEC)のIoT技術を利用し、レーザー加工機の生産性…
キヤノンITソリューションズ株式会社
キヤノンITS、Webアプリ自動生成ツール新版でAWSへの対応を強化 キヤノンITソリューションズは11月14日、Webアプリケーション自動生成ツールの新版「Web Performer V2.1.1」を発売した。本ツールでは、プログラミング不要でJavaによるオープンな開発が可能。GUIエディタなど可視化された開発画面を活用しながら、Webアプリケーションの利用者と開発者が一体となった共創型のア…
SCSK株式会社
SCSK、短時間で導入でき拡張性にも優れたクラウド型VDIを提供 SCSKは11月1日、「IBM Cloud」上に構築するハイブリッドクラウド型VDI(仮想デスクトップ)ソリューション「Workspot VDI 2.0」の提供を開始した。Workspotでは、VDIのエンジンにあたるコントロールプレーンをクラウドサービスとして提供する。オンプレミスまたはクラウドの仮想サーバ上に仮想デスクトップを展開…
パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社
PSTC、IoTなどで従業員の健康状態を見える化し健康経営を支援 パナソニックソリューションテクノロジー(PSTC)は、企業向け「健康経営支援ソリューション」の提供を10月19日に開始する。健康経営支援ソリューションでは、IoT技術やクラウドをベースにしたeラーニングサービスなどを組み合わせ、従業員の心と体の現状を見える化し、運動や食事など生活習慣改善に向けた取り組み…
パナソニック株式会社
パナソニック、電子機器製造現場の実行計画を自動的に作成可能に パナソニックは10月13日、電子機器製造の生産性向上を図るシステム「製造オペレーションオプティマイザー MFO」の受注を開始した。本システムでは、プリント基板に電子部品を装着する現場の実装工程を再現したシミュレーションモデルを活用。各基板の生産順序やラインの調整、段取り作業計画の作成、作業人員の割り…
大日本印刷株式会社
提携:DNPなど、非対面の電子決済での不正利用検知を提供 大日本印刷(DNP)は、ThreatMetrixと協業し、金融機関やクレジットカード会社向けに、電子決済における非対面での不正利用を検知するサービスの提供を2018年春に開始する。本サービスで用いる技術は主に2つ。まず、なりすましなどによるクレジットカードなどの不正利用を防止する本人認証サービス「3Dセキュア」…
日本アイ・ビー・エム株式会社
日本IBM、クラウド開発基盤で無料・無期限のアカウントを提供 日本IBMは11月1日、クラウド開発基盤サービス「IBM Cloud」で、無料で無期限のユーザーアカウントタイプ「IBM Cloudライト・アカウント」の提供を開始する。今回の新アカウントでは、非構造化データを分析する「IBM Watson」のAPIや、データベース、データ分析、IoTや既存システムとの連携など、企業利用を想定…
日本オラクル株式会社
日本オラクル、多次元分析やモバイル向け可視化をクラウドで提供 日本オラクルは、クラウド型分析サービス「Oracle Analytics Cloud」を拡充した。多次元データ分析「Oracle Essbase」を新たにクラウドで提供するほか、モバイル端末向けに、機械学習と連動した分析・可視化サービス「Oracle Analytics Cloud Day by Day」を提供する。多次元分析の「Oracle Essbase Cloud」では、P…
株式会社CIJ
CIJ、ペーパーレス会議の新版でファイルサーバ連携などに対応 CIJは、タブレット端末を利用したペーパーレス会議システム「SONOBA COMET」の新版(Ver3.0)を8月28日に発売する。今回の新版の主な追加機能は3つ。1つ目はファイルサーバとの連携だ。これまで会議資料は文書管理システム「Ofigo」にしか格納できなかったが、今回、既存のWindowsファイルサーバに会議資料を格…

ページトップへ