企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

VoIP の 企業情報

KDDI株式会社
KDDI、オンプレミス同様に使える専有型クラウドサービスを提供 KDDIは10月30日、同社のクラウド基盤サービス「KCPS」で、専有型のサーバサービス「KCPS ベアメタルサーバー」の提供を開始する。オンデマンドでサーバを増減でき、設計の自由度や拡張性に優れている。今回の新サービスでは、ユーザー専有の物理サーバ(ベアメタルサーバ)を提供する。従来の仮想サーバと異なり、…
株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ
NTTPC、IoT/M2M用モバイル通信の料金プランとSIM運用機能を拡充 NTTPCコミュニケーションズは1月31日、IoT(モノのインターネット)やM2M(機器間通信)向けのモバイル通信サービス「Master’sONEモバイルM2M」で、上り通信に特化した新料金プランと、SIMカード運用管理の新機能の提供を開始した。新料金プランは、画像や監視データなどのアップロードが多く発生する場合に適し…
NTTコミュニケーションズ株式会社
NTT Com、同社クラウドとGCPを併用した安全なデータ分析基盤を提供 NTTコミュニケーションズは6月20日、ハイブリッドクラウドを用いた安全なデータ分析ソリューションの提供を開始した。本ソリューションでは、NTT Comの企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」(ECL)およびデータセンターサービス「Nexcenter」と、Googleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」(G…
エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社
NTTコムウェア、少量の良品画像の学習で不良品を容易に検出可能に NTTコムウェアは10月1日、製造業向けに、画像認識AI(人工知能)サービス「Deeptector」の機能を拡充する。今回の新機能は2つ。1つ目は、少量の正例(正常状態、良品)の画像を学習することで負例(異常状態、不良品)の判定が可能になるよう、画像認識の判定パターンに「正例判定型」が追加されたことだ。製品品質…
NTTテクノクロス株式会社
NTT-TX、ネットワーク分離環境でもシステム間のAPI連携を可能に NTTテクノクロスは11月、機密情報を物理的にインターネットとは切り離された環境に置く「ネットワーク分離(インターネット分離)」の環境でも、システム間のAPI連携をリアルタイムに行える製品「Crossway/データブリッジ Enterprise」の提供を開始する(オープン価格)。本製品では、分離環境の一方のネットワー…
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
NTTデータ、金融機関がパブリッククラウドを安全に使えるよう支援 NTTデータは10月12日、「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」や「Microsoft Azure」などのパブリッククラウドを、金融機関が安全に活用するためのサービス「A-gate」の提供を開始した。本サービスでは、パブリッククラウドの導入検討から運用までを一元的に支援する。専門的な知識を持った組織や、安全に利用するた…
アライドテレシス株式会社
アライドテレシス、SDNコントローラーのデバイス探索機能などを強化 アライドテレシスは10月1日、セキュアエンタープライズSDNコントローラー「AT-SESC」「AT-SESC-APL」のソフトウェアの新版(Ver.1.5.0)のダウンロードサービスを開始した。新版の主な新機能は3つ。1つ目は、OpenFlowプロトコル利用時のデバイス探索機能の強化だ。探索時に利用するOpenFlowスイッチからのパケット…
株式会社ソフトフロント
ソフトフロント、スマホ等向けIP電話・テレビ電話アプリを提供 株式会社ソフトフロントは、SOHOなど向けに、スマートフォン/タブレット向けIP電話・テレビ電話アプリ「LivyTalk」の提供を開始した。「LivyTalk」は、NTT東日本/NTT西日本の「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」をアクセスラインとした「ひかり電話」に対応し、ひかり電話の電話番号を使って、一般の…
株式会社ディアイティ
dit、未知の脅威を機械学習で検知、可視化する一体型機器を発売 ディアイティは、未知の脅威にも迅速に対応できるアプライアンス「WADJET reinvent」を発売する。本製品は、サイバー攻撃統合分析プラットフォーム「WADJET」に、複数の自己適応型機械学習エンジンで構成される「BluVector」を搭載し、導入コストを抑えた一体型アプライアンス。組織のネットワークに配備されたI…
プラネックスコミュニケーションズ株式会社
プラネックス、静音・省エネの24ポートGbEスイッチングハブを発売 プラネックスコミュニケーションズは1月25日、全24ポートがギガビットイーサネット(GbE)に対応したスイッチングハブ「FXG-24IM5」を発売する(オープン価格)。本製品は、放熱性の高い金属製の筐体を採用。内部ファンを省くことで、静音性と耐久性が高められている。また、有線LANの使用状況にあわせて消費電力…
日本マイクロソフト株式会社
日本マイクロソフト、タブレットにもなるノートPCに15型版を追加 日本マイクロソフトは、タブレットにもなるノートPC「Surface Book 2」に15型モデルを追加し、4月6日に発売する。予約受付は2月22日に開始された。本モデルは、演算性能が強化されたグラフィックスプロセッサ「NVIDIA GeForce GTX 1060 w/6GB GDDR5」を搭載している。また、高解像度の15型ディスプレイを備え、繊…
ヤマハ株式会社
ヤマハ、ネットワーク可視化などに対応したL2スイッチを発売 ヤマハは10月、小規模拠点のフロアスイッチに適したスマートL2(レイヤー2)スイッチ「SWX2210シリーズ」を発売する。LANポート数が8、16、24の機種が用意され、価格はそれぞれ4万7000円、8万6000円、11万5000円(いずれも税別)。本製品の主な特長は3つ。1つ目は、ネットワークの可視化に対応していることだ。同…
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
CTC、社内外の情報を網羅的に一括検索できるエンジンを提供 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は10月15日、ライフサイエンス業界など向けに、社内外のさまざまな情報を一括検索できる検索エンジン「Sinequa ES(Enterprise Search)」の取り扱いを開始した。Sinequaが提供する本製品は、非構造化データが格納されている社内外のシステムやクラウドなどと連携し、複数の情…
沖電気工業株式会社
OKI、生産現場の作業ミスの削減をプロジェクター映像やカメラで支援 OKIは8月28日、生産現場での組立作業ミスの削減を支援する「プロジェクションアッセンブリーシステム」を発売した。提供開始は10月だ(オープン価格)。本システムでは、プロジェクターを用いて映像による作業誘導を行う(下図参照)。また、カメラを用いて作業者の動作を検知。作業結果をデジタルデータ化し、作業…
三菱電機株式会社
三菱電機、生産現場の予防保全や品質向上、効率化を図るソフトを発売 三菱電機は5月8日、産業用PCで動作するソフトウェア製品群「iQ Edgecross」を発売した。今回発売されたのは、生産現場の予防保全や品質向上を支援するデータ分析・診断ソフトウェア「リアルタイムデータアナライザ」と、生産現場のデータを高速かつ容易に収集できる「データコレクタ」4機種だ。いずれも、FAとITを…
都築電気株式会社
都築電気、ワークフロー製品を機能強化、クラウド型でも提供 都築電気は、ワークフローパッケージ「IntrameriT(イントラメリット)ワークフロー」を刷新する。さまざまな新機能を搭載し、クラウドサービスにも対応する。本製品では、日本企業独特の組織階層や役職などの細かな権限設定、柔軟な経路設定、さまざまな承認種別に対応できる。グループ会社などにも対応する。導入…
東日本電信電話株式会社
NTT東日本、標的型攻撃メール訓練を提供、電話サポートも用意 NTT東日本は7月31日、全国向けに、「標的型攻撃メール訓練」サービスの提供を開始した。従業員などに対して標的型攻撃メールを疑似体験させ、情報セキュリティへの意識を高めることができる。本サービスでは、訓練管理者用のポータルサイトから訓練用メールの配信設定を行い、従業員が利用しているPCやタブレット、…
TIS株式会社
TIS、「SAP ERP 6.0」から次世代の「SAP S/4HANA」への移行を支援 TISは、SAPが提供してきたERP「SAP ERP 6.0」から、次世代の「SAP S/4HANA」への移行を支援する「SAP S/4HANAのりかえサービス」の提供を開始する。本サービスでは、TISのSAP ERP導入ノウハウなどを活用し、ベストプラクティスを基に、「Check」「Assess」「Go」の3つのステップで移行を支援する。第1ステップの…
株式会社東陽テクニカ
東陽テクニカ、産業用PLCの異常を検知するセキュリティ製品を発売 東陽テクニカは5月1日、産業用制御システム向けセキュリティ製品「Indegy SP 制御システム資産管理 X 侵入検知ツール」を発売した。制御システムの総合的な可視化により、ハッカーや人的ミスによる障害から工場やインフラを守る。Indegyが提供する本製品は、産業インフラや工場内で利用される制御コントローラー(…
日本アイ・ビー・エム株式会社
日本IBM、メモリやCPUを柔軟に拡張できるPOWER9搭載サーバを出荷 日本IBMは、エンタープライズサーバ「IBM Power Systems」の新製品で、POWER9プロセッサを搭載した「E980」「E950」の出荷を順次開始する。今回の新製品は、製品出荷時に予備で搭載済みのCPUやメモリを有効化できる「キャパシティー・オン・デマンド機能」を装備。導入時には最大容量のCPUやメモリを搭載しながら…

ページトップへ