企業向けIT製品の検索サイト【キーマンズネット】最新のIT情報を紹介

IT企業情報

プロバイダ の 企業情報

KDDI株式会社
KDDI、作業員の熱中症予防や転倒検知が可能なIoTクラウドを提供 KDDIは6月中旬、製造や建設の現場で働く作業員の労働災害を防止するための、IoT(モノのインターネット)クラウドサービス「KDDI IoTクラウド 〜作業員みまもり〜」の提供を開始する。熱中症を予防する「+バイタルセンシング」と、転倒や転落を通知する「+転倒検知」の2つのコースが用意される。「+バイタルセン…
株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー
NTT-ME、事業運営体制の見直しについて発表 株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー(NTT-ME)は、変化する市場環境・経営環境に対応し、NTT東日本ビジネスへの支援機能の強化、効率的な事業運営等を推進するため、事業運営体制の見直しを行なうと発表した。経営リソースの機動的なシフト及び各組織のパフォーマンス最大化を可能とする全体最適を目指した組織間…
株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ
NTTPC、IoT/M2M用モバイル通信の料金プランとSIM運用機能を拡充 NTTPCコミュニケーションズは1月31日、IoT(モノのインターネット)やM2M(機器間通信)向けのモバイル通信サービス「Master’sONEモバイルM2M」で、上り通信に特化した新料金プランと、SIMカード運用管理の新機能の提供を開始した。新料金プランは、画像や監視データなどのアップロードが多く発生する場合に適し…
NTTコミュニケーションズ株式会社
NTT Com、ICT環境全体の脆弱性を一元管理・可視化して運用を支援 NTTコミュニケーションズは、ICT環境のセキュリティ上の欠陥を速やかに特定する「脆弱(ぜいじゃく)性見える化ソリューション」の提供を6月下旬に開始する。導入コンサルティングの受け付けは2月28日に開始した。本ソリューションでは、システムの脆弱性(セキュリティ上の欠陥)を悪用したサイバー攻撃から、ユ…
株式会社NTTドコモ
ドコモ、タクシーの乗車需要をAIで予測して運行を効率化可能に NTTドコモは2月15日、タクシー事業者向けの乗車需要予測サービス「AIタクシー」の提供を日本全国で開始した。本サービスでは、現在から30分後までの未来のタクシー乗車需要の予測結果などのデータをオンラインで配信する。タクシーの運行データ(乗降の場所や日時など)や気象、周辺施設情報などさまざまなデータに…
株式会社朝日ネット
朝日ネット、GPSの場所判定も搭載したMMOアンケートアプリを開始 株式会社朝日ネットは、大規模多人数同時参加型オンライン(MMO)アンケートアプリ「respon(レスポン)」のサービスを開始した。「respon」は、スマートフォンやタブレットにインストールして使う無料アプリとサーバーで構成されるコミュニケーションツール。iOS/Androidに対応している。授業やイベントなどでア…
アライドテレシス株式会社
アライドテレシス、省エネを自動で行える16ポートスイッチを出荷 アライドテレシスは5月22日、10BASE-T/100BASE-TXポートを16個装備したイーサネットスイッチ「AT-FS710/16」の出荷を開始した。本製品は、省エネ機能を備え、リンクダウン中のポートは自動的に電力消費が抑制される。また、動作時温度50度に対応し、高温環境下に設置できる他、ファン非搭載で動作音が発生しない…
株式会社インターネットイニシアティブ
IIJ、統合運用管理サービスでAWSやOffice 365などへの対応を強化 IIJは4月2日、「IIJ統合運用管理サービス」の機能を拡充し、システム監視範囲を拡大した。本サービスでは、マルチクラウドの一元管理やオペレーションの自動化をSaaS型で提供。クラウドからオンプレミスまで点在するシステムを包括的に監視・運用できる。今回拡張された点は大きく分けて3つ。1つ目は、ユーザーから…
株式会社NTTぷらら
提携:NTTぷらら、ジャパンケーブルキャストの株式を取得し協業 株式会社NTTぷららは、ジャパンケーブルキャスト株式会社の株式取得に関する基本契約を締結し、発行済株式の20.0%を取得したと発表した。ジャパンケーブルキャストは、ケーブルテレビ事業者向け映像配信プラットフォーム事業者。NTTぷららは今回の株式取得で、ジャパンケーブルキャストとケーブル事業者向け映像…
株式会社ドリーム・トレイン・インターネット
DTI、仮想専用サーバでスワップ機能提供、Ubuntu 12.04も提供 株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)は、仮想専用サーバサービス「ServersMan@VPS」のメジャーバージョンアップを行ない、CentOS/Ubuntu/Debianの全OSにスワップ機能の提供を順次開始するほか、新バージョンの「Ubuntu 12.04 LTS」(Long Term Support、長期サポート版)の64ビット版の提供を…
マカフィー株式会社
マカフィー、SIEMの新版などで脅威の早期発見・早期対応を支援 マカフィーは、セキュリティ運用チームがデータの収集や解析、共有を効率化でき、脅威の早期発見と早期対応を支援する、2つの新製品の提供を開始した。1つ目は、SIEM(セキュリティ情報イベント管理)の新版「Enterprise Security Manager(McAfee ESM 11)」だ。大量のセキュリティイベントを対象に、インシデント…
西日本電信電話株式会社
NTT西日本、ICT環境のセキュリティ対策から運用まで一元的に支援 NTT西日本は、さまざまな規模や業種の企業ニーズに対応するセキュリティサービスの提供を9月1日から順次開始する。ICT環境の高度なセキュリティ対策から運用までを一元的に支援する。今回の新サービスは2つ。1つ目の「Bizひかりクラウド セキュリティ」では、セキュリティ多層防御や24時間365日の運用監視といっ…
東日本電信電話株式会社
NTT東日本、SOHOで手軽に電話環境を構築できるシステムを提供 NTT東日本は、SOHO向けに、外線2チャネル・電話機最大8台まで収容できるビジネスフォンシステム「オフィステレフォン」の提供を7月31日に開始する。本システムは、ユーザー自身で設置でき、宅配で届いた各種機器をLANケーブルにつなぐことで、受け取った日から手軽に電話を利用できるようになるもの。使い方全般…
日本エイ・ティ・アンド・ティ株式会社
AT&T、「グローバル・ネットワーク・サービス」群を拡充米AT&Tは、企業ユーザーを対象とする「グローバル・ネットワーキング・サービス」群を拡充し、サービス対象をヨーロッパ、アジア、中南米の新たな地域に拡大していくと、発表した。同社は、「Internet ProtectSM」やホスティング、マネージドサービス、セキュリティサービスなどのIP-VPNベースの
日本オラクル株式会社
日本オラクル、経理・財務向けAIで業務効率向上や迅速な判断を支援 日本オラクルは、人工知能(AI)を搭載した経理・財務向けアプリケーション「Oracle Adaptive Intelligent Applications for ERP」を発表した。本アプリケーションは、財務や調達、業績管理、発注管理、生産管理など、同社のERPクラウドに含まれる既存アプリケーションの機能を強化するためのものだ。AIや分析を経…
日本ユニシス株式会社
日本ユニシス、短期間で高品質なクラウドを構築するサービス提供 日本ユニシスは、構築テンプレートを活用して、短期間で高品質なクラウド基盤の構築を図れる「クラウド導入サービス(仮称)」の提供を10月1日に開始する。クラウド導入サービスでは、企業がMicrosoft AzureやAmazon Web Services(AWS)のクラウドサービス上にクラウド基盤を構築する際に求められる、提案・要件…
日本電気株式会社
NEC、可用性や信頼性に優れたサーバと運用サービス、移行支援を強化 NECは、オープン性と可用性・信頼性を兼ね備えたエンタープライズサーバ「NX7700xシリーズ」の新製品5機種の出荷を6月29日から順次開始する。また、システムの運用性、保守性、可用性を向上させる運用サービスを拡充する他、基幹業務システムからLinuxシステムへの移行を支援する体制を強化する。サーバの新製品は…
NECネクサソリューションズ株式会社
NECネクサス、印刷業向け組版・コンテンツ管理をクラウドで提供 NECネクサソリューションズは、印刷業向けの組版・コンテンツ管理クラウドサービス「SUPER DIGITORIAL for クラウド」を発売した。本サービスは、電子編集システム「SUPER DIGITORIAL/EX」とコンテンツ管理システム「SUPER DIGITORIAL/CMS」に自動組版(マッピング)ツールを加えたもので、月額料金で提供する。S…
富士通株式会社
富士通、組み合わせ最適化問題を高速に解くクラウドサービスを提供 富士通は5月15日、組み合わせ最適化問題を高速に解く「デジタルアニーラ クラウドサービス」の提供を開始した。価格は個別見積もり。本サービスでは、量子現象に着想を得たアーキテクチャ「デジタルアニーラ」を活用している。同アーキテクチャでは、コンピュータ内部で素子同士が自由に信号をやりとりできる全結合…
ソフトバンク株式会社
ソフトバンク、IoT向けLTE通信サービスを開始、1回線月額10円から ソフトバンクは、IoT機器向けのLTE無線通信「NB-IoT」「Cat. M1(カテゴリーエムワン)」の商用サービスを開始した。NB-IoTは、低価格化と省電力化に特化し、LTEと共存可能な規格。最大通信速度は下り27kbps、上り63kbpsだ。一方、Cat. M1は、LTEの一部の周波数帯域のみを利用して、通信モジュールの低価格化と省…

ページトップへ