株式会社日立ソリューションズの製品・サービス

株式会社日立ソリューションズ

ニュース

2016/12/22その他ネットワークセキュリティ関連

日立ソリューションズなど、脅威対策の初動を自動化し管理を軽減
 日立ソリューションズと日立情報通信エンジニアリングは、セキュリティ上の脅威に対し、問題のある端末をネットワークから自動で切断または隔離するソリューションを発売した。本ソリューションでは、Splunkのマシンデ…

2016/12/21ファイル共有

日立ソリューションズ、企業間情報共有製品の新版でスマホに対応
 日立ソリューションズは、企業や組織を越えたコラボレーションを支援する企業間情報共有システム「活文 Managed Information Exchange」の新版を発売した。価格は個別見積もり。今回の新版では…

2016/12/19メールセキュリティ

日立ソリューションズ、安全なメール環境をクラウド型で一元提供
 日立ソリューションズは、企業の安全なメール環境を一元的に提供する「活文 Enterprise Mail Platform クラウドサービス」の提供を開始した。オープン価格。本サービスでは、企業や組織のセキュリ…

2016/12/16その他基幹系システム関連

事例:日立ソリューションズ製品でオリンパスが貿易管理を改善
 日立ソリューションズは、オリンパスが同社「安全保障貿易管理トータルソリューション」を導入、本稼働したと発表した。安全保障貿易管理とは、武器や軍事転用可能なものや技術が安全保障上リスクがある地域に渡らないように…

2016/12/12特定業種向けシステム

日立ソリューションズ、グローバル製造業向け原価管理製品を発売
 日立ソリューションズは、日系のグローバル製造業向けに、マイクロソフトのERP「Microsoft Dynamics 365 for Operations」(旧称「Microsoft Dynamics AX」)…

製品紹介

暗号化/マルウェア対策 秘文 Data Encryption
データを暗号化し、内部不正や盗難・紛失、マルウェアによる漏洩リスクから情報を保護する。
接続先ネットワークの制限/デバイスの利用禁止 秘文 Devi…
デバイスやWi-Fiの利用を制限し、エンドポイントからの情報漏洩を防止。スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限。Wi-Fi制御、VPN利用の…
文書管理システム「活文 Contents Lifecycle…
文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。
[導入事例] 株式会社関西アーバン銀行 導入事例
個人情報取り扱いの厳正化、タブレット端末の活用による情報提供の効率化・高精度化を実現。
[導入事例] 日本大学商学部 導入事例
大量の会議資料作成作業を省力化。iPadを利用し、100名以上が参加するペーパーレス会議の運用基盤として「活文」を導入。
[導入事例] 株式会社日立マネジメントパートナー 導入事例
電子データと原本を一括管理する契約書管理システムに「活文」を適用。日立グループ各社の業務効率化とコスト削減に貢献。
[導入事例] 株式会社バイナル 導入事例
輸出入・通関業務ソフトウェアへの文書管理オプションに「活文」を採用。決定から約6ヵ月という短期間でリリースを実現。
ファイルサーバスリム化「活文 File Server Opt…
ファイルサーバの状況を可視化し、不要ファイル候補をピックアップ。不要ファイルの削除によりファイルサーバの増設を抑止。ファイルの自動分類・検索で業務効率を向上。
[導入事例] 【学校法人モード学園】導入事例リーフレット
モード学園の導入事例を紹介している資料です。“デジタル情報の確実かつ適切な廃棄”によるファイルサーバの運用効率化を最大の目的に導入されました。
[導入事例] 【株式会社肥後銀行】導入事例リーフレット
肥後銀行の導入事例を紹介している資料です。容量の増加が見込まれるファイルへの対応力強化のために「活文 File Server Optimizer」 を導入しまし…
[導入事例] 【宝塚市教育委員会】導入事例リーフレット
宝塚市教育委員会の導入事例を紹介している資料です。センターのファイルサーバにたまり続けるデータの削除と整理を促進するために「活文 File Server Opt…
スマートデバイス仮想化基盤 Avast Virtual Mo…
スマートデバイスの活用、BYODの実現を支援する仮想化基盤ソリューション。スマートデバイス向け仮想化基盤により、情報漏洩リスクの軽減とデータの公私分離を実現。
[導入事例] 【導入事例】株式会社光通信
プライベート領域と仮想化領域を分割でき、仮想化環境のアプリや設定は管理者が一元管理できる点が導入の決め手。機密性の高い情報にモバイル端末からアクセス可能に。

セミナー開催

ページトップへ