太陽グラントソントン株式会社の製品・サービス

太陽グラントソントン株式会社

IT現場のスペシャリストが語る! KeyConductors

  • 太陽グラントソントン株式会社 三輪 剛士 情報共有システム・コミュニケーションツール

    「業務改革」実務編〜第1回 プロジェクトの正しい始め方と進め方

     皆さま初めまして。太陽グラントソントン株式会社の三輪と申します。 弊社松山のコラム「業務改革:コンセプト編」からバトンを引き継ぎ、「業務改革:実務編」と題して、業務プロセス改革を進めていくにあたっての実務上の…

  • 太陽グラントソントン株式会社 松山 仁 データ分析

    シリーズ「業務改革」〜第6回 最初から風呂敷を広げすぎない〜

     前回「当社の業務はこうあるべきだ」という『あるべき業務プロセス』を描く必要性を書きましたが、これを作成する際、経営戦略に有効活用できるようなプロセスを入れたいというリクエストがよく出てきます。 業務改革の大き…

  • 太陽グラントソントン株式会社 松山 仁

    Key Conductors Award 2015年上半期読者評価特別賞
    シリーズ「業務改革」〜第5回 意外と出来ていない業務の統一化〜

    自分の会社が、何を売って、どんなサービスを行い、どんな企業やお客様とお付き合いがあるのか、全く知らないという方はいないと思います。しかし、各部署の業務の流れについては、全てを正確に知っている人はなかなかいません…

  • 太陽グラントソントン株式会社 松山 仁

    シリーズ「業務改革」第4回 業務改革リーダーにふさわしいのは

    前回までのコラムの中で、改革を実施する人達を「現場」と表現をしてきました。この現場は、いったい誰が主導すればよいのでしょう。

  • 太陽グラントソントン株式会社 松山 仁

    シリーズ「業務改革」〜第3回 経営者と現場とのギャップ〜

    前回、業務改革を実行する際に漠然とした目標を伝えるのではなく、以下のように伝えることにより、実行した後で「やってよかった」=「自分にとってよいこと」が返ってくることを実感させ、次の改革へモチベーションを維持する…

  • 太陽グラントソントン株式会社 松山 仁

    シリーズ「業務改革」コンセプト編 〜第2回 誰が得する業務改革〜

    今回のテーマ「誰が得する業務改革」ですが、「そもそも損得の問題ではない」といきなりお叱りを受けて話が終わってしまいそうですが、今回は、業務改革実施後に、各担当者(経営者も含む)が「自分にとってよかった」と思える…

ページトップへ