株式会社トランスウエアの製品・サービス

株式会社トランスウエア

ニュース

2015/07/07

トランスウエアとグルージェント、クラウドセキュリティで連携
 株式会社トランスウエアと株式会社グルージェントは、企業向けクラウドセキュリティソリューション分野で双方の製品を連携してセキュリティを強化するソリューションを共同展開すると発表した。トランスウエアは、メールソフ…

2015/06/25メールセキュリティ

トランスウエア、アンチスパムの新版でなりすまし対策を強化
 株式会社トランスウエアは、アンチスパム製品「Active! hunter」の新バージョン「3.3.9」をリリースした。「Active! hunter」は、コラボレーション型フィルタ“CLOUDMARK”と学習…

2015/01/13ファイル転送

トランスウエア、大容量ファイル転送/オンラインストレージ提供
 株式会社トランスウエアは、セキュアな大容量ファイル転送/オンラインストレージを1つのサービスで提供し、情報漏洩対策やデータの一元管理を支援する「Active! drive SS」を開始した。「Active! …

2014/04/11

トランスウエア、メール誤送信防止サービス等のキャンペーン延長
 株式会社トランスウエアは、Google AppsやOffice 365などのメールセキュリティ対策を促進する“クラウド型メールサービスのセキュリティ強化支援キャンペーン”を9月30日まで延長することを発表した…

2013/09/24メールアーカイブ

トランスウエア、メールアーカイブの新版でOffice 365対応を強化
 株式会社トランスウエアは、メールアーカイブサービス「Active! vault SS」で、Office 365対応を強化した新バージョンを10月1日にリリースする。「Active! vault SS」は、Of…

製品紹介

メールアーカイブソリューション「Active! vault」
社内外を問わず受信した電子メールを確実にアーカイブし、必要な時に検索・配送が可能なメールアーカイブ。アクセスコントロール/ログ機能などセキュリティ対策も万全。

IT現場のスペシャリストが語る! KeyConductors

  • 株式会社トランスウエア 佐々木 泰 エンドポイントセキュリティ

    第4回 メール誤送信対策のポイントと対処方法

    前回の第3回は、メール誤送信の歴史と関連する法令についてお話しました。今回はメール誤送信対策のステップと注意すべきポイントについてお話します。

  • 株式会社トランスウエア 佐々木 泰 エンドポイントセキュリティ

    Key Conductors Award 2014年下半期閲覧特別賞
    第3回 メール誤送信対策のポイントと対処方法

     前回の第2回は、メール誤送信の定義と種類、対策の目的についてお話しました。今回は歴史と関連する法令についてお話しします。

  • 株式会社トランスウエア 佐々木 泰 エンドポイントセキュリティ

    Key Conductors Award 2014年上半期閲覧優秀賞
    第2回 メール誤送信対策のポイントと対処方法

     前回の第1回は、今年に入ってから報道されたメール誤送信による個人情報漏洩インシデントと、私自身が経験したメール誤送信の実例を共有しました。今回はメール誤送信の定義と種類、対策の目的をお話しします。

  • 株式会社トランスウエア 佐々木 泰 エンドポイントセキュリティ

    第1回 メール誤送信対策のポイントと対処方法

     メール誤送信による情報漏洩は、もはや個人の問題ではなく組織として対処すべき課題になっています。以下は、今年に入ってから報道されたメール誤送信による個人情報漏洩インシデントの一部です。

ページトップへ