EMCジャパン株式会社

ニュース

2018/07/04その他ネットワークセキュリティ関連

EMCジャパンなど、セキュリティ運用チーム向け攻撃対策製品を強化
 EMCジャパンとデルは、セキュリティ運用チーム向けのサイバー攻撃対策製品「RSA NetWitness Platform」(旧称:RSA NetWitness Suite)の新版(11.1)を発売する。今回の…

2017/10/02その他ネットワークセキュリティ関連

EMCジャパン、標的型攻撃対策の新版でインシデント調査を効率化
 EMCジャパンは、セキュリティ対策チーム向けの標的型攻撃対策製品「RSA NetWitness Logs」「RSA NetWitness Packets」の新版(バージョン11)を10月31日に発売する予定だ…

2016/09/13ID管理

EMCジャパン、2要素認証OTPとSSOを統合したID管理スイートを提供
 EMCジャパンは、認証とアイデンティティ(ID)の管理製品「RSA SecurID Suite」の提供を開始した。RSA SecurID Suiteは、2要素認証のワンタイムパスワード(OTP)「RSA Se…

2016/09/12バックアップツール

EMCジャパン、データ保護製品使い放題をVMware環境にまで拡張
 EMCジャパンは、VMware環境全体にわたるVMwareワークロードの保護の最適化を図れる保護製品とサポートを発表した。今回発表されたのは、「VMware vSphere」の「VMware Virtual …

2016/08/31その他ストレージ関連

採用:ブロードバンドタワー、クラウド基盤にEMCストレージ導入
 EMCジャパンは、オールフラッシュストレージ「EMC Unity 300F」を、ブロードバンドタワーが提供する商用クラウドサービスの基盤に導入したと発表した。ブロードバンドタワーは、ハウジングサービスやインタ…

製品紹介

脅威検出/分析プラットフォーム RSA Security A…
従来の分析ソースであるログ情報に加えパケット情報と脅威インテリジェンスを統合し、従来は発見困難だった脅威も迅速な検出を可能にする脅威検出/分析プラットフォーム。
RSA ECAT
「クライアントがマルウェアに感染しているかどうか」という検出に特化することで、迅速かつ低価格でサイバー攻撃によるリスクを低減できるソフトウェア。
XtremIO(エクストリームアイオー)
簡単かつ効率的に運用でき、一貫性の高い性能を提供するオールフラッシュストレージです。小さく始めて、最大176万IOPS読み書き性能にまでスケールアウトできる。
統合ログ管理アプライアンス「RSA enVision」
企業内の複数システムのログを収集して、管理、分析、レポートが可能。アプライアンスだから、早期導入とスムーズな運用に対応し、コスト削減にも貢献。
データ損失防止ソリューション『RSA Data Loss P…
ITインフラを横断的に監視し、重要データの流出を阻止する。タイムリーに保護すべき重要データを発見、適切にコントロールすることで、漏えいによるビジネスリスクを低減…

ページトップへ