安否確認システムの製品比較・一覧

安否情報確認システムを導入検討する際に比較すべき点としては、「運用方式」「運用の容易さ」「ベンダサポートの有無」などが挙げられる。災害発生時に管理者が実施すべき操作が自動化されているか、災害の閾値の設定など各種の設定が簡単か、などをチェック。導入にあたってユーザ向けのプライベートセミナーを実施するなど、アフターサポートを行っているベンダは安心だ。

製品レポート

さらにカテゴリを絞り込む

3 製品

で表示
  • 1
チェックしたものを 資料請求 または 資料ダウンロード または 比較表作成

比較表をExcelで出力


全て
イメージ オススメユーザー 製品概要 価格 企業規模 製品形態 サポートエリア 掲載企業 カテゴリ 更新日

緊急通報・安否確認システム セーフティリンク24

緊急通報・安否確認システム セーフティリンク24 豊富な機能や簡単な操作性はもちろん、稼働実績を重視したい企業。有事の際、家族を含めた安否確認を行ないたい企業。 実績のある安否確認システム。気象庁の地震情報との連動はもちろん、有事の際の情報発信から社員とその家族も含めた迅速な安否確認、二次連絡まで行なえる。 【価格例】
1〜100名の場合
初期費用 4万8000円
月額費用 9800円
※税別
企業規模問わず ASP・SaaS 全国 イーネットソリューションズ 安否確認システム 2014/11/01

緊急連絡・安否確認システム

導入事例 1件
緊急連絡・安否確認システム 簡単操作・低コストで安否確認を行いたい企業 ◎東日本大震災の被災経験を活かして開発。
◎災害発生時の非常事態を考慮し、シンプルな機能&簡単操作で安否確認を実現。
【価格例】 100名以下の場合
・初期費用:なし
・月額費用:1万2000円(税別)
企業規模問わず ASP・SaaS 全国 NEC 安否確認システム 2016/11/01

グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)」

導入事例 1件
グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)」 グループウェアの全社導入で、社内業務の効率化を図りたい企業。規模や業種、業態を問わず、幅広い企業にメリットを提供。 HTML5採用で、わかりやすく見やすいインターフェースを実現したグループウェア。全25の豊富なアプリケーションに加え、扱いやすいユーザ/組織管理機能、国際化対応も実装。 【スモール】5ユーザ 3万9800円〜
【エンタープライズ】100ユーザ 50万円〜
【クラウド】1ユーザ 400円(月額)〜
※税別
企業規模問わず ソフトウェア 全国 ネオジャパン グループウェア 2016/09/15
チェックしたものを 資料請求 または 資料ダウンロード または 比較表作成

比較表をExcelで出力

3 製品

で表示
  • 1

ページトップへ