PDF文書管理 「DOCUMENT MARK」

PDF文書管理 「DOCUMENT MARK」

帳票や文書をPDF化 高速検索、一元管理、利活用が可能に

企業内の情報資産をPDF化し、安全に保管できるプラットフォームと、活用しやすい機能(管理や分類の自動化/高度な検索等)を提供するソリューション。
<おすすめユーザー> ペーパーレス化を実現したい企業
e-文書法に対応した文書の電子保存を行いたい企業
電子帳票システムのリプレースを検討中の企業

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

DOCUMENTMARK 説明資料 (3.7MB)
製品コンセプト、5つの特徴、適用範囲、ソフトウェア構成に加え、さまざまな利用方法や導入効果などを詳しく解説。

帳票や文書をPDF化 高速検索、一元管理、利活用が可能に

DOCUMENT MARKは、企業の情報資産をPDF化して、安全に保管できるプラットフォームと、活用しやすい機能(管理や分類の自動化/高度な検索等)を提供するソリューションである。PDFの作成・生成から、活用・出力、保存、管理、廃棄という、一連のライフサイクルをトータルでマネジメントできる点が特長だ。

簡単に作成・生成、自動でフォルダに振り分ることも
既存の電子帳票システムからのデータや紙の帳票、マイクロフィルムまで、PDFファイルへと変換することで容易にDOCUMENT MARKに取り込むことができる。事前設定されたPDFファイルは、自動でフォルダへ振り分けることが可能。

高速検索と多彩な出力機能、PDFの二次加工も
高い検索性能により、参照したい帳票をすぐに抽出、表示できる。また、複数帳票の一括表示、印刷、CSV出力など多彩な機能を搭載。ファイルマージ、文字列埋め込みなど、高度な二次加工も行える。

真実性と見読性を確保、クラウド上での保管にも対応
スキャナー保存要件に適合しており、電子化文書の真実性と見読性の確保が可能。可用性、安全性を配備したクラウド環境での保存にも対応している。

細やかな権限管理による高いセキュリティ
グループ管理、ユーザー管理など、さまざまな属性に応じた権限管理が可能。管理から閲覧まで、ユーザーに応じて権限設定が可能だ。ユーザーの操作履歴はログとして管理できる。

不要になったファイルは設定で自動廃棄
設定により、さまざまな単位でファイルを自動的に消去することが可能。

PDF文書管理 「DOCUMENT MARK」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー クラウドテクノロジーズ
クライアント側OS Windows 7(32bit/64bit)
Windows 8(32bit/64bit)
Windows 10(32bit/64bit)
iOS
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 -
クライアント側その他動作環境 対応ブラウザ
Internet Explorer 9以上
Safari 最新ver.
サーバ側OS Windows Server 2012 R2(64bit)
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 -

価格情報

最小構成:150万円〜(税別)

掲載企業

株式会社クラウドテクノロジーズ
URL:http://www.cloud-tech.co.jp/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

DOCUMENTMARK 説明資料 (3.7MB)
製品コンセプト、5つの特徴、適用範囲、ソフトウェア構成に加え、さまざまな利用方法や導入効果などを詳しく解説。