オープンソースECM「NemakiWare」

オープンソースECM「NemakiWare」

シンプル・スタンダード・オープンな国産ECM(文書管理)

CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。
<おすすめユーザー> 全社的な文書管理及び共有・活用のための仕組みを構築したい企業。特定ベンダのロックイン(囲い込み)を避けたい企業。

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

オープンソースECM「NemakiWare」とは(979KB)
オープンソースECM(文書管理)プラットフォーム「NemakiWare」の特徴をまとめた資料です。

シンプル・スタンダード・オープンな国産ECM(文書管理)

NemakiWare(ネマキウェア)は、CMISに完全準拠した国産ECM。
オープンソースのため、ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。複雑化した従来のECM(文書管理)製品の反省を活かし、新しい設計思想でシンプルに構築されており、ユーザにとってもシステム管理者にとっても、使いやすい製品。

主な機能
●アクセスコントロール
ユーザやグループ単位での単純なアクセス権だけでなく、ファイル更新はできるが、新規にフォルダは作成できないなど、きめ細やかな設定が可能。

●カスタム属性
一般的な文書属性に加えて、独自の属性を付与することで検索効率を高め、文書の再利用を促進。

●バージョン管理
自動的にバージョンを更新して登録。上書き登録しても旧バージョンが保存されているため、必要なときに旧バージョンを参照することが可能。

●その他、チェックイン/チェックアウト、認証基盤連携など、便利な機能を搭載。

ユースケース
●ファイルサーバーリプレース
ファイルサーバーの代わりにECM(文書管理)プラットフォームであるNemakiWareを導入することで、「どこに目的のファイルがあるか分からない」「勝手にフォルダが作られて統制がとれない」「間違って上書きしてファイルが消えてしまった」などの問題を解決できる。

●本格的なECMへのスモールスタート
ECM(文書管理)として最低限の機能を持ったNemakiWareは、段階的にECMを導入する最初のステップとしても最適。CMIS 規格に対応しているので、クライアントや業務アプリとの連携部分はそのままで、より本格的なECMに乗り換えることも可能。

●CmisSyncとの連携
CmisSyncは、クライアントPCと、社内ECMを簡単に同期することができるツール。ローカル環境にファイルを同期することで、ユーザはWebブラウザを使用せずに、ファイルの登録・編集が可能。ユーザに大きな負担をかけずECMを導入することができる。

オープンソースECM「NemakiWare」
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー イージフ
クライアント側OS -
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
その他特記事項 -
クライアント側その他動作環境 【対応ブラウザ】
Firefox、IE(10以降)、Chrome など
サーバ側OS CentOS 6以降、Ubuntu 12以降、Windows 2012以降
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 -
サーバ側必要ディスク容量 登録される文書により変動
サーバ側その他動作環境 Ruby 1.9, 2.0、Ruby on Rails 3.2、JDK 1.6, 1.7、Tomcat 7、Solr 4、Couch DB 1.0.4以降

価格情報

要件に応じる
※導入支援・カスタマイズ支援の有無やサポートレベルに応じて大きく異なりますのでお問い合わせ下さい。

掲載企業

株式会社イージフ
URL:http://aegif.jp/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

オープンソースECM「NemakiWare」とは(979KB)
オープンソースECM(文書管理)プラットフォーム「NemakiWare」の特徴をまとめた資料です。