広域イーサネットに関するニュース、製品情報やサービスの情報・比較

広域イーサネット

広域イーサネットに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較 広域イーサネット

基礎解説広域イーサネットとは?

広域イーサネットサービスとは、イーサネットフレーム(イーサネットによる通信の際に使われるデータフォーマット)を透過的に転送して遠隔地を接続するWANサービスのこと。イーサネットは一般的にLAN構築に用いられている技術規格だが、その転送技術をWANに応用したのが、広域イーサネットサービスである。ユーザからは、複数拠点のLANを1つに統合し、あたかも1つの巨大なLANとして使っているように見える。

広域イーサネットの製品一覧・比較へ

広域イーサネットの新着製品

2012/09/27
Flebo Next
2012/06/30
TP-VPNサービス

広域イーサネットの市場シェア情報

2016/09/20

広域イーサネット

出典
株式会社富士キメラ総研「2015 コミュニケーション関連マーケティング調査総覧(下巻)」2015年12月02日発刊
「広域イーサネットサービス」シェア【シェア情報アーカイブ】
2015年度は、金額が3089億円、数量が約49万回線と見込まれた広域イーサネット市場。27.2%の占有率を獲得した1位…

2015/03/24

広域イーサネット

出典
株式会社富士キメラ総研「2014 コミュニケーション関連マーケティング調査総覧(下巻)」
「広域イーサネットサービス」シェア【シェア情報アーカイブ】
2014年度は数量ベース45万回線、金額ベース2889億円と見込まれた広域イーサネットサービス市場。占有率28%で1位の…

2014/03/25

広域イーサネット

出典
株式会社富士キメラ総研「2013 コミュニケーション関連マーケティング調査総覧 (下巻) <通信サービス編>」
「広域イーサネット」シェア【シェア情報アーカイブ】
2013年度、2817億円となる見込みの同市場。今後も、スタンダード型中心で推移していくと見られる中、1位のベンダは?

2013/03/05

広域イーサネット

出典
株式会社富士キメラ総研「2012 コミュニケーション関連マーケティング調査総覧 (下巻)」
「広域イーサネット」シェア【シェア情報アーカイブ】
専用線などのレガシー系回線が減少する中、市場拡大には新設需要などが必要になると見られる同市場。2012年度、注目のシェア…

2011/02/22

広域イーサネット

出典
株式会社富士キメラ総研「2010 コミュニケーション関連マーケティング調査総覧(下巻)」
「広域イーサネットサービス」シェア【シェア情報アーカイブ】
2009年度の市場が、数量で28万400回線、前年比6.9%増だった「広域イーサネットサービス」。同サービスのシェアはこ…

2010/01/19

広域イーサネット

出典
株式会社富士キメラ総研「2009 コミュニケーション関連マーケティング調査総覧(下巻)」
「広域イーサネットサービス」シェア【シェア情報アーカイブ】
リプレイスや既存ユーザの拠点追加などの需要獲得により拡大している「広域イーサネットサービス」シェア情報をお届けします!

広域イーサネットの最新ニュース

基本機能広域イーサネットの基本機能とは?
●イーサネット機能
例えば、10BASE-T (0.5M〜10M)、100BASE-TX (11M〜100M)、1000BASE-SX (200M〜)などのインターフェースを提供。
●VLAN
VLANとは端末の持つMACアドレスやIPアドレス、利用するプロトコルに応じてグループ化する、スイッチが提供する機能。広域イーサネットではイーサネットフレームにタグを二重に付与する拡張VLAN(スタックドVLAN)技術が使われることが多い。
●VPLS
VPLSはMPLS(Multi-Protocol Label Switching)を拡張した技術で、パケットに転送路を識別するラベルをつけ、そのラベルに基づいてあて先となるPEルータ(通信事業者が網端に設置し、アクセス回線を収容するルータ)に高速転送する技術である。
導入メリット広域イーサネットの導入メリットとは?
広域イーサネットの導入メリットとしては、以下の点が挙げられる。
●LANを構築する手軽さでWANが構築できる。
広域イーサネットはLANの仕組みをそのままWANに応用したものなので、レイヤ2スイッチに接続するだけで、簡単にWANを構築することができる。

●ネットワークプロトコルに制約がない。
IP以外にも様々なプロトコルが利用できる。

●様々なルーティング・プロトコルに対応している。
広域イーサネットではユーザが自由にルータを設置でき、多様なルーティング・プロトコルを利用できるため、既存のネットワーク構成をほとんど変更する必要がない。また、中継網を経由して拠点間でのダイナミックルーティングを行うことができる。

●フルメッシュ型の接続ができる。
広域イーサネットに接続した拠点は、すべて対等な関係で通信を行うことができる。
キーマンズネットとは

ページトップへ