ISDN/専用線の製品比較・一覧

専用線の比較ポイント
●通信速度:
トラフィック特性、特にピーク時の通信量、及び将来予想される通信量に見合った速度の回線が提供されていること。
●ランニングコスト:
固定料金制か従量料金制か。
●信頼性:
中継区間の二重化、保守監視体制など、高信頼性設計されているか。
●回線保守、運用:
障害時対応を利用者側で行うか、通信事業者が行うのか(回線の保守・運用を代行する「ハウジングサービス」がある)。
●SLA(サービス品質保証制度):
例えば「開通期日」「故障回復時間」など。

製品レポート

さらにカテゴリを絞り込む

検索結果は0件です。
条件を変えて、再度検索して下さい。
(絞込みをしている場合は、条件をゆるめて再度検索して下さい)

ページトップへ