IP-PBXのITセミナーを探す

交換機とは、任意の電話機同士で通話を行うための回線を確保する装置のことで、基本的には電話通信会社が設置するものだが、これとは別に企業が社内に設置するための交換機も市販されていて、これはPBX(Private Branch eXchange:構内交換機)と呼ばれている。そして、このPBX機能をIPネットワーク上で実現したのがIP-PBXである。従来のPBXでは、CPUと音声スイッチによって音声データを制御し、アナログ/デジタル変換して端末(電話機)に音声を送っている。一方、IP-PBXでは、IP-PBXの制御部で音声データがIP上に展開され、ルーターやスイッチからWANなどを経由してIP電話へつながる仕組みになっている。