電子メールソフト関連のIT製品・サービス

電子メールソフト


icon_alert_02.gif

閉じる
全てを
選択
チェックした製品をまとめて

製品名 ビジネスWebメールソリューション「Active! mail」
会社名 クオリティア
製品情報 Active! mail 6 の特長、機能、画面を分かりやすく紹介した資料(1.9MB)
国内売上シェアNo.1(2014年アイ・ティ・アール調べ)の導入実績を持つビジネスWebメールのスタンダードActive! mailの製品カタログ。
製品情報 Active! mail 6 ファイル管理拡張オプション 資料(635KB)
Webサーバ上でのファイル管理と、ファイルをメールに添付せずに第三者に受け渡すことを可能にする『ファイル管理拡張オプション』のカタログ。
導入事例 運用管理の軽減やクラウド化を見据えWebメールへ:町田市役所(886KB)
クライアント型メールからの乗り換えによる大幅なコスト削減や情報セキュリティの観点から端末側にメールデータを残さない仕組みを実現したActive! mail導入事例
導入事例 教職員と学生およそ2万人が利用するWebメール:千葉大学(962KB)
約2万人の大規模運用に耐えうる安定した稼働と信頼性。開発・サポート体制が国内で確立されていることによる障害対応が容易なActive! mail導入事例。

製品名 Barracuda Message Archiver
会社名 バラクーダネットワークスジャパン
製品情報 Barracuda Message Archiver データシート(419KB)
Barracuda Message Archiverの製品概要を記載したデータシート。主要機能やハードウェアスペックを掲載しています。
製品情報 Barracuda Message Archiver 製品紹介プレゼンテーション(2.8MB)
関税法改正によるメール保存の義務化について説明するとともに、本製品のメール検索機能、導入構成、Office 365/Google Appsと連携したオンプレミスの導入方法について紹介。
製品情報 Barracuda Message Archiver クラウド連携の5つのポイント(1.6MB)
Office 365/Google Appsと連携したBarracuda Message Archiverのポイントを簡潔に説明。
導入事例 じほう Barracuda Message Archiver 導入事例(711KB)
Microsoft Exchangeサーバと連携したメールアーカイブを導入。メールアーカイブは、監査のためだけにとどまらず、個人メールのバックアップ用途としても活用している。

製品名 クラウド型メールアーカイブサービス 「Active! vault SS」
会社名 クオリティア
製品情報 「クラウド型メールアーカイブサービス Active! vault SS」カタログ(1.8MB)
「期間を選べる」「すぐに使える」「高品質なのに低価格」を実現したクラウド型メールアーカイブサービス「Active! vault SS」の特長・メリットを紹介したカタログ。

製品名 アンチスパム+メールサーバの トータルソリューション MailSuite
会社名 クオリティア
製品情報 メールサーバにスパム対策を搭載したMailSuite紹介資料(3.3MB)
メールサーバ機能にスパム対策を標準搭載したトータルソリューション『MailSuite』の紹介資料。Webメール主要機能の紹介や、管理者機能、システム構築環境の紹介を掲載。
導入事例 メールシステムの運用管理工数を削減:東京大学情報基盤センター(8.2MB)
運用管理工数が課題となっていたメールシステムのリプレース事例。トラブル時の迅速な対応、柔軟なカスタマイズが可能、などが導入の決め手に。
導入事例 MailSuiteの導入でパフォーマンスが大幅向上:大分大学(8.1MB)
メール配送遅延が課題となっていた大分大学の事例。数万規模のアカウント数でも安定稼働している実績を重要視して導入。管理・運用工数も大きく削減することができた。

製品名 Webメール搭載メールサーバソリューション DEEPMail
会社名 クオリティア
製品情報 DEEPMailの主要機能、構築環境を確認できる製品資料(2.9MB)
Webメール搭載メールサーバソリューション『DEEPMail』のカタログ。Webメール、メーリングリストの主要機能や、管理者機能、システム構築環境についても紹介。
導入事例 システム、サポート面で安心安全を何より重視:東京医科歯科大学(14.6MB)
インターフェース及び容量に課題を抱えていた大学の事例。大規模メールシステムの構築を想定した統合メールサーバであること、柔軟なカスタマイズが可能、などが決め手に。



このページの先頭へ

ページトップへ