テープバックアップのITセミナーを探す

カートリッジの中にデータを記録する磁気テープがリール状に収められているものをバックアップテープというが、これをバックアップの記録媒体として使うバックアップ方式のこと。中規模以上のITシステムのバックアップに使用される機会が多い。テープカートリッジの構造や、読み書きの仕組みは規格によってそれぞれ異なる。様々な規格が規模別に用意されているが、エントリークラスではDDSが、ミッドレンジではLTOが現在の主流である。