イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2018-RE

イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2018-RE

ディスク丸ごと簡単・高速バックアップ/リカバリー

稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。
<おすすめユーザー> ・操作が簡単なバックアップ/リカバリーツールを探している企業
・BCP/DR対策を高速かつ低コストで実現したい企業

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

ActiveImage Protector 2018-RE リーフレット(1.4MB)
ActiveImage Protector 2018-REの特長や4つのポイントを表/裏2ページに簡潔にまとめた製品リーフレット。
ActiveImage Protector 2018-RE 製品概要資料(2.3MB)
企業におけるバックアップの課題や、ActiveImage Protector 2018-REの概要、ストロングポイント、価格、BOX版で購入するメリットなどを詳しく解説した製品資料。
ActiveImage Protector 2018-RE 簡単バックアップガイド(1.6MB)
ActiveImage Protector 2018-REを利用したバックアップ・リストア手順を解説したリーフレット。
適切なバックアップがランサムウェアの脅威からあなたを守る(380KB)
ランサムウェアに感染してしまった後の「復旧」の観点から、ActiveImage Protector-REによるバックアップ/リカバリーの特長を解説した製品リーフレット。
ActiveImage Protector-RE IT Pro Editionリーフレット(724KB)
現場でインストールやバックアップ作業を頻繁に行うITエンジニアのために開発されたIT Pro Editionの紹介資料。
ActiveImage Protector-REを採用し年間で約2万時間の作業時間短縮(610KB)
バックアップツールのリプレースにより従来のツールの課題をクリアし、大幅な作業時間短縮を実現したキヤノンシステムアンドサポートの事例。

ディスク丸ごと簡単・高速バックアップ/リカバリー

ActiveImage Protector 2018-REは、物理/仮想環境で使えるWindows/Linuxサーバ向けイメージバックアップツールだ。簡単な操作でディスク全体を丸ごと1つのイメージファイルとしてバックアップし、障害発生時にはファイル/フォルダ単位、パーティション単位、ディスク全体を一括でリカバリーできる。

バックアップ元が故障した場合には、別の物理/仮想マシンに復元することも可能。パブリッククラウド上のサーバも、オンプレミスと同様にバックアップ/リカバリーできる。

●高速バックアップ/リカバリーでダウンタイムを最小限に
使用済みセクタのみをバックアップするスマートセクタ技術などの徹底したパフォーマンスチューニングにより、ダウンタイムの大幅な短縮を実現している。

●初心者でも安心! 簡単操作でバックアップ/リカバリー
分かりやすい画面やウィザードにより、バックアップは4ステップ、リカバリーは3ステップで実施できる。

●低コストでBCP/DR対策を実現
無料オプションのImageCenter LEでバックアップファイルを遠隔サイトにレプリケーションできる。さらに、有料オプションのvStandby AIPを利用すれば、最新のバックアップを起動可能な仮想マシンとして待機させ、有事の際には瞬時に起動させることにより、リカバリー時間ゼロのBCP/DR対策を実現できる。

●短期間で導入・運用できるBOX版
ActiveImage Protector 2018-REには、インストールメディア・ライセンス・初年度保守をパッケージ化した『BOX版』も用意されている。BOX版では通常のライセンス販売とは異なり購入前のユーザー登録などの手続きが不要(※)で、短期間に導入・運用開始することが可能だ。
※購入後、専用のWebページでユーザー登録を行い、プロダクトキーを取得する。

イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2018-RE
関連資料をダウンロード

基本情報

製品形態 ソフトウェア
保守サポート -
サポートエリア 全国
こだわりポイント -
導入実績 -

仕様

メーカー ラネクシー
クライアント側OS Windows XP SP3(x86)・ SP2(x64)/ Vista SP2 / 7 / 8・8.1 / 10
クライアント側対応プロセッサ Intel(R) Pentium(TM) 4または同等以上のCPU
※Intel Itanium(IA-64)ベースで稼働するシステムはサポートされません。
クライアント側必要メモリ容量 1024MB以上
クライアント側必要ディスク容量 1GB以上
その他特記事項 -
クライアント側その他動作環境 DVD-ROMドライブ
(製品のインストール、起動およびActiveImage Protector Boot Environmentの起動に必要)
サーバ側OS Windows Server 2003(SP2)・2003 R2 / 2008・2008 R2 / 2012・2012 R2 / 2016
サーバ側対応プロセッサ Intel(R) Pentium(TM) 4または同等以上のCPU
※Intel Itanium(IA-64)ベースで稼働するシステムはサポートされません。
サーバ側必要メモリ容量 1024MB以上
サーバ側必要ディスク容量 1GB以上
サーバ側その他動作環境 DVD-ROMドライブ
(製品のインストール、起動およびActiveImage Protector Boot Environmentの起動に必要)

価格情報

クライアント版:8400円〜
サーバ版:13万1900円〜
※いずれも税別

掲載企業

株式会社ラネクシー
URL:http://www.activeimage-re.com/

関連資料をダウンロード

ダウンロード資料

ActiveImage Protector 2018-RE リーフレット(1.4MB)
ActiveImage Protector 2018-REの特長や4つのポイントを表/裏2ページに簡潔にまとめた製品リーフレット。
ActiveImage Protector 2018-RE 製品概要資料(2.3MB)
企業におけるバックアップの課題や、ActiveImage Protector 2018-REの概要、ストロングポイント、価格、BOX版で購入するメリットなどを詳しく解説した製品資料。
ActiveImage Protector 2018-RE 簡単バックアップガイド(1.6MB)
ActiveImage Protector 2018-REを利用したバックアップ・リストア手順を解説したリーフレット。
適切なバックアップがランサムウェアの脅威からあなたを守る(380KB)
ランサムウェアに感染してしまった後の「復旧」の観点から、ActiveImage Protector-REによるバックアップ/リカバリーの特長を解説した製品リーフレット。
ActiveImage Protector-RE IT Pro Editionリーフレット(724KB)
現場でインストールやバックアップ作業を頻繁に行うITエンジニアのために開発されたIT Pro Editionの紹介資料。
ActiveImage Protector-REを採用し年間で約2万時間の作業時間短縮(610KB)
バックアップツールのリプレースにより従来のツールの課題をクリアし、大幅な作業時間短縮を実現したキヤノンシステムアンドサポートの事例。