ステイクホルダー責任権限明確化の原則とは?


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

ITキャパチャージ アドバンス 「1日1問」仕事に役立つ知識を充電!
キーマンズネットに会員登録する

ITキャパチャージを利用するには、キーマンズネットへの会員登録が必要です。会員登録すると「モニタリング&コントロール」に関する問題など、一問一答式のコンテンツをご覧いただけます。また、ITキャパチャージなどキーマンズネットの機能を利用いただくことでポイントがたまり、抽選で賞品が当たるプログラムに参加できます。


2018/07/12
ステイクホルダー責任権限明確化の原則とは?
下記の問題に関して当てはまるものを1つ選んでチェックを入れたら、「解答」ボタンをクリックしてください。
中堅の金属加工メーカーA社では、新生産管理システムを導入し、移行後1年が経過した時点でフォローアップのためにモニタリングを実施した。ITコーディネータが次のモニタリング結果についてCSOに報告する内容として、最も適切なものは次の中のどれか。

<モニタリング結果>
(1)本来の導入の目的であった生産リードタイムの短縮と納期遅れ件数の削減は予定どおり実現されている。
(2)システムについてのトラブルやクレームも移行後2か月程度は発生していたが、運用方法を見直した結果、現在は順調に稼動している。
(3)当時の担当者が全員異動していたために、移行後のトラブル対応などについての資料は所在不明で確認できなかったが、すべて解決済みでとくに問題は発生していない。
I&Iファーム東京/ITC愛媛「ITC試験対策問題」
  •   .運用面において想定されるリスクについての注意を喚起し、更なるシステムの安定運用体制の確立と文書管理についての改善を進言する。
  •   .現在は順調であるが、ビジネス環境は変化し、継続的に改善していくことが重要であるため、さらなるIT投資を検討すべきであると助言する。
  •   .システム導入の初期の目的は予定どおり達成されており、運用面からみても安定期に入っているため、順調であり問題はないと評価する。
  •   .万一のトラブルに備えてITベンダーと保守契約を結ぶとともに、故障時の代替機を用意しておくことを進言する。

解答

キーマンズネットに会員登録する

ITキャパチャージを利用するには、キーマンズネットへの会員登録が必要です。会員登録すると「モニタリング&コントロール」に関する問題など、一問一答式のコンテンツをご覧いただけます。また、ITキャパチャージなどキーマンズネットの機能を利用いただくことでポイントがたまり、抽選で賞品が当たるプログラムに参加できます。


解説提供元: I&Iファーム東京
特定非営利活動法人 ITC愛媛

ITC資格取得にチャレンジする皆さまのさまざまなニーズに合わせた試験対策をご提供いたします。



Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。

ITキャパチャージで出題している問題及び解答は、IPA(情報処理推進機構)/日本サードパーティ株式会社/シスコシステムズ/日本オラクル/ITコーディネータ協会/アビバ/IPイノベーションズ/TAC株式会社各社が主催するIT検定試験問題、過去問題、模擬問題、及び解答を、試験当時のまま転載しております。問題及び解答に関するお問い合わせにはお応えしかねますので、予めご了承下さい。


70003064



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ