IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > 優先資格証明について正しい説明は?
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

ITキャパチャージ アドバンス 「1日1問」仕事に役立つ知識を充電!
キーマンズネットに会員登録する

ITキャパチャージを利用するには、キーマンズネットへの会員登録が必要です。会員登録すると「優先資格証明」に関する問題など、一問一答式のコンテンツをご覧いただけます。また、ITキャパチャージなどキーマンズネットの機能を利用いただくことでポイントがたまり、抽選で賞品が当たるプログラムに参加できます。


2014/10/31
優先資格証明について正しい説明は?
下記の問題に関して当てはまるものを1つ選んでチェックを入れたら、「解答」ボタンをクリックしてください。
Enterprise Managerで設定できる「優先資格証明」について正しい説明を選択して下さい。
ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 11g 練習問題
  •   1.優先資格証明を設定すると、そのユーザーには特別なプロファイルが割り当てられる
  •   2.優先資格証明を設定すると、そのユーザーには特別なシステム権限が割り当てられる
  •   3.優先資格証明の内容は、LDAPに格納される
  •   4.優先資格証明は暗号化され、データベースに格納される

解答

キーマンズネットに会員登録する

ITキャパチャージを利用するには、キーマンズネットへの会員登録が必要です。会員登録すると「優先資格証明」に関する問題など、一問一答式のコンテンツをご覧いただけます。また、ITキャパチャージなどキーマンズネットの機能を利用いただくことでポイントがたまり、抽選で賞品が当たるプログラムに参加できます。


解説提供元: オラクルユニバーシティ

ORACLE MASTER資格は、取得者のべ23万人*を突破し(*2013年1月現在)、各種メディアの調査でも、客観的な指標として常に高い評価を受けています。Bronze、Silver、Gold、Platinumを段階的に取得することができます。



Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。

ITキャパチャージで出題している問題及び解答は、IPA(情報処理推進機構)/日本サードパーティ株式会社/シスコシステムズ/日本オラクル/ITコーディネータ協会/アビバ/IPイノベーションズ/TAC株式会社各社が主催するIT検定試験問題、過去問題、模擬問題、及び解答を、試験当時のまま転載しております。問題及び解答に関するお問い合わせにはお応えしかねますので、予めご了承下さい。


70001419


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > 優先資格証明について正しい説明は?

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ