次の場合、プロジェクトの進め方として最も適切なのは?


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ナレッジマネジメント > 次の場合、プロジェクトの進め方として最も適切なのは?
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

ITキャパチャージ アドバンス 「1日1問」仕事に役立つ知識を充電!
キーマンズネットに会員登録する

ITキャパチャージを利用するには、キーマンズネットへの会員登録が必要です。会員登録すると「プロジェクトマネジメント」に関する問題など、一問一答式のコンテンツをご覧いただけます。また、ITキャパチャージなどキーマンズネットの機能を利用いただくことでポイントがたまり、抽選で賞品が当たるプログラムに参加できます。


2016/05/26
次の場合、プロジェクトの進め方として最も適切なのは?
下記の問題に関して当てはまるものを1つ選んでチェックを入れたら、「解答」ボタンをクリックしてください。
電気機器製品製造業のT社は、製品の受注から設計、原材料の調達、製造、販売の業務プロセスを改善するために、SCMを一元で管理できる情報システムを導入することになった。ベースとなる情報システムはパッケージを利用し、T社の要求をまとめカスタマイズ要件を提示していくことにしているが、しかし、まだ要件がまとまっていない。このプロジェクトを進めるにあたり、T社の取り組み方で最も適切なものはどれか。
ITコーディネータ模擬試験問題
  •   .要求事項が確定できていないので、要件定義も含めた範囲でベンダに一括請負契約をし、コスト超過のリスクを回避すべきである。
  •   .プロジェクトにはリスクが付きものであるので、あらかじめ想定されるリスクを洗い出し、リスクマネジメントを立てておく。
  •   .要求事項の追加や変更が生じたときには、調整できるように契約時にプロジェクトの変更管理をするルールを定めておくべきである。
  •   .要求事項を途中で変更することは、プロジェクトに大きな影響を与えるため、要求事項は発注時に確定させておくべきである。

解答

キーマンズネットに会員登録する

ITキャパチャージを利用するには、キーマンズネットへの会員登録が必要です。会員登録すると「プロジェクトマネジメント」に関する問題など、一問一答式のコンテンツをご覧いただけます。また、ITキャパチャージなどキーマンズネットの機能を利用いただくことでポイントがたまり、抽選で賞品が当たるプログラムに参加できます。


解説提供元: ITコーディネータ協会

ITコーディネータはIT経営を実現するプロフェッショナル。ITコーディネータは経済産業省推奨資格です。ITコーディネータ協会のHPでは募集要項、試験日程などの詳細が分かります。



Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。

ITキャパチャージで出題している問題及び解答は、IPA(情報処理推進機構)/日本サードパーティ株式会社/シスコシステムズ/日本オラクル/ITコーディネータ協会/アビバ/IPイノベーションズ/TAC株式会社各社が主催するIT検定試験問題、過去問題、模擬問題、及び解答を、試験当時のまま転載しております。問題及び解答に関するお問い合わせにはお応えしかねますので、予めご了承下さい。


70001355


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ナレッジマネジメント > 次の場合、プロジェクトの進め方として最も適切なのは?

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ