OECDの原則の観点から、最も不適切なものはどれか?


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ナレッジマネジメント > OECDの原則の観点から、最も不適切なものはどれか?
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

ITキャパチャージ アドバンス 「1日1問」仕事に役立つ知識を充電!
キーマンズネットに会員登録する

ITキャパチャージを利用するには、キーマンズネットへの会員登録が必要です。会員登録すると「IT戦略」に関する問題など、一問一答式のコンテンツをご覧いただけます。また、ITキャパチャージなどキーマンズネットの機能を利用いただくことでポイントがたまり、抽選で賞品が当たるプログラムに参加できます。


2016/11/16
OECDの原則の観点から、最も不適切なものはどれか?
下記の問題に関して当てはまるものを1つ選んでチェックを入れたら、「解答」ボタンをクリックしてください。
C社は、インターネットでECサイトを運営し、顧客が購入の際に個人情報をHP上で収集しており、CSRの観点からも、個人情報保護法などの法律に反することがないように、適切な管理を行ってきている。次の事例で、個人情報保護に関するOECDの原則の観点から、C社が取るべき最も不適切なものはどれか。
ITコーディネータ模擬試験問題
  •   .HP上で収集する個人情報は、その収集の目的を明確にし、その目的の範囲に限る利用に限定され、それ以外の目的では利用できない。
  •   .顧客から、自分の個人情報に関して開示請求があった場合は速やかに開示し、修正や削除依頼があった場合はそれに応じなければならない。
  •   .本人の同意がなければ、法律に反するような不正行為があったとしても、当局からの依頼がってもそれを開示することは出来ない。
  •   .データ主体の同意がある場合や法律の規定による場合を除いて、収集したデータを目的以外に利用してはならない。

解答

キーマンズネットに会員登録する

ITキャパチャージを利用するには、キーマンズネットへの会員登録が必要です。会員登録すると「IT戦略」に関する問題など、一問一答式のコンテンツをご覧いただけます。また、ITキャパチャージなどキーマンズネットの機能を利用いただくことでポイントがたまり、抽選で賞品が当たるプログラムに参加できます。


解説提供元: ITコーディネータ協会

ITコーディネータはIT経営を実現するプロフェッショナル。ITコーディネータは経済産業省推奨資格です。ITコーディネータ協会のHPでは募集要項、試験日程などの詳細が分かります。



Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。

ITキャパチャージで出題している問題及び解答は、IPA(情報処理推進機構)/日本サードパーティ株式会社/シスコシステムズ/日本オラクル/ITコーディネータ協会/アビバ/IPイノベーションズ/TAC株式会社各社が主催するIT検定試験問題、過去問題、模擬問題、及び解答を、試験当時のまま転載しております。問題及び解答に関するお問い合わせにはお応えしかねますので、予めご了承下さい。


70001330


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ナレッジマネジメント > OECDの原則の観点から、最も不適切なものはどれか?

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ