5つの競争要因分析という手法(5フォース)について不適切なものは?


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ナレッジマネジメント > 5つの競争要因分析という手法(5フォース)について不適切なものは?
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

ITキャパチャージ アドバンス 「1日1問」仕事に役立つ知識を充電!
キーマンズネットに会員登録する

ITキャパチャージを利用するには、キーマンズネットへの会員登録が必要です。会員登録すると「経営戦略」に関する問題など、一問一答式のコンテンツをご覧いただけます。また、ITキャパチャージなどキーマンズネットの機能を利用いただくことでポイントがたまり、抽選で賞品が当たるプログラムに参加できます。


2016/11/09
5つの競争要因分析という手法(5フォース)について不適切なものは?
下記の問題に関して当てはまるものを1つ選んでチェックを入れたら、「解答」ボタンをクリックしてください。
企業の外部環境における競争要因を分析するときの経営手法として、5つの競争要因分析という手法を用いる。その際、考慮すべき点の記述として不適切なものはどれか。
ITコーディネータ模擬試験問題
  •   .新規参入企業の高い生産能力によって、競合企業には売上の減少や収益性の低下を与える恐れがあるので、参入障壁の高さや参入企業への業界の反撃能力を点検することが必要である。
  •   .原材料や製品の調達から顧客への流通情報や顧客への販売情報などを、総合的に管理しコスト削減と顧客満足度の向上を実現するため、企業の枠にとらわれず戦略的に管理する。
  •   .一般に、サプライヤーの数が少なかったり、商品が特殊な場合は供給者の相対的な交渉力が高くなる。一方で、サプライヤーの数が多いほど、買い手の交渉力は強くなる
  •   .競合他社が多く、どの企業も独占的なシェアを確保していない場合には、コストダウンと差別化戦略による競争状態が激しくなる傾向がある。また、特定の市場への資本投下が大きければ、競争をより激化させる方向に動く。

解答

キーマンズネットに会員登録する

ITキャパチャージを利用するには、キーマンズネットへの会員登録が必要です。会員登録すると「経営戦略」に関する問題など、一問一答式のコンテンツをご覧いただけます。また、ITキャパチャージなどキーマンズネットの機能を利用いただくことでポイントがたまり、抽選で賞品が当たるプログラムに参加できます。


解説提供元: ITコーディネータ協会

ITコーディネータはIT経営を実現するプロフェッショナル。ITコーディネータは経済産業省推奨資格です。ITコーディネータ協会のHPでは募集要項、試験日程などの詳細が分かります。



Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。

ITキャパチャージで出題している問題及び解答は、IPA(情報処理推進機構)/日本サードパーティ株式会社/シスコシステムズ/日本オラクル/ITコーディネータ協会/アビバ/IPイノベーションズ/TAC株式会社各社が主催するIT検定試験問題、過去問題、模擬問題、及び解答を、試験当時のまま転載しております。問題及び解答に関するお問い合わせにはお応えしかねますので、予めご了承下さい。


70001324


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ナレッジマネジメント > 5つの競争要因分析という手法(5フォース)について不適切なものは?

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ