従業員への経営戦略の周知及び啓発の方法とは?


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ナレッジマネジメント > 従業員への経営戦略の周知及び啓発の方法とは?
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

ITキャパチャージ アドバンス 「1日1問」仕事に役立つ知識を充電!
キーマンズネットに会員登録する

ITキャパチャージを利用するには、キーマンズネットへの会員登録が必要です。会員登録すると「IT経営共通プロセス」に関する問題など、一問一答式のコンテンツをご覧いただけます。また、ITキャパチャージなどキーマンズネットの機能を利用いただくことでポイントがたまり、抽選で賞品が当たるプログラムに参加できます。


2016/10/03
従業員への経営戦略の周知及び啓発の方法とは?
下記の問題に関して当てはまるものを1つ選んでチェックを入れたら、「解答」ボタンをクリックしてください。
全国に営業所と工場を持つ、中堅企業S社は、新たに策定した社長の経営戦略を従業員に周知し、経営改革を進めることにした。従業員への経営戦略の周知及び啓発の方法として正しいものはどれか。
虎ノ門経営支援センター/ITC愛媛「ITC試験対策Eラーニング」
  •   .社長が自らの言葉で、現場で経営戦略の重要性を説明する。さらに、内容を伝えることだけでなく、理解出来ない場合に具体的なイメージを共有することを行う。
  •   .まず役員への意識づけを最優先とし、その後役員から幹部社員、一般の従業員へ通知するようにして、全社で経営戦略を共有する。
  •   .解釈の誤りを防ぐためと、全国に周知するため、ネットを活用し、文書化して従業員に通知する。
  •   .緊張感を与えられるよう、多くの経営課題の説明を何度も繰り返し従業員に危機感を持たせる。

解答

キーマンズネットに会員登録する

ITキャパチャージを利用するには、キーマンズネットへの会員登録が必要です。会員登録すると「IT経営共通プロセス」に関する問題など、一問一答式のコンテンツをご覧いただけます。また、ITキャパチャージなどキーマンズネットの機能を利用いただくことでポイントがたまり、抽選で賞品が当たるプログラムに参加できます。


解説提供元:「虎ノ門経営支援センター」:IT経営を目指す経営者とITコーディネータが共に成長するノウハウとチャンスを提供します。/
「ITC愛媛」:愛媛県内のITコーディネータを中心に設立されたNPOで、戦略的な情報化投資・情報技術の利活用推進を支援しています。 詳細はこちら



Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。

ITキャパチャージで出題している問題及び解答は、IPA(情報処理推進機構)/日本サードパーティ株式会社/シスコシステムズ/日本オラクル/ITコーディネータ協会/アビバ/IPイノベーションズ/TAC株式会社各社が主催するIT検定試験問題、過去問題、模擬問題、及び解答を、試験当時のまま転載しております。問題及び解答に関するお問い合わせにはお応えしかねますので、予めご了承下さい。


70000979


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ナレッジマネジメント > 従業員への経営戦略の周知及び啓発の方法とは?

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ