製造物責任法で責任を問われるケースとは?


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

ITキャパチャージ ベーシック 「1日1問」仕事に役立つ知識を充電!
キーマンズネットに会員登録する

ITキャパチャージを利用するには、キーマンズネットへの会員登録が必要です。会員登録すると「PL法」に関する問題など、一問一答式のコンテンツをご覧いただけます。また、ITキャパチャージなどキーマンズネットの機能を利用いただくことでポイントがたまり、抽選で賞品が当たるプログラムに参加できます。


2016/10/06
製造物責任法で責任を問われるケースとは?
下記の問題に関して当てはまるものを1つ選んでチェックを入れたら、「解答」ボタンをクリックしてください。
製造物責任法によって責任を問われるのはどのケースか。
平成23年度秋期 ITパスポート試験
  •   .再販売価格を維持することを条件に小売店に製品を販売した。
  •   .実際には無い機能をもっていると誤解される広告をして製品を販売した。
  •   .取扱説明書に従った使い方をしていても過熱してやけどするなどの危険がある製品を販売した。
  •   .兵器として転用可能な製品を担当省庁の許可なしにテロ支援の懸念がある国家に販売した。

解答

キーマンズネットに会員登録する

ITキャパチャージを利用するには、キーマンズネットへの会員登録が必要です。会員登録すると「PL法」に関する問題など、一問一答式のコンテンツをご覧いただけます。また、ITキャパチャージなどキーマンズネットの機能を利用いただくことでポイントがたまり、抽選で賞品が当たるプログラムに参加できます。


解説提供元: 資格ダッシュ



Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。

ITキャパチャージで出題している問題及び解答は、IPA(情報処理推進機構)/日本サードパーティ株式会社/シスコシステムズ/日本オラクル/ITコーディネータ協会/アビバ/IPイノベーションズ/TAC株式会社各社が主催するIT検定試験問題、過去問題、模擬問題、及び解答を、試験当時のまま転載しております。問題及び解答に関するお問い合わせにはお応えしかねますので、予めご了承下さい。


70000502


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > eラーニングシステム > 製造物責任法で責任を問われるケースとは?

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ