コスト削減のために導入したソフトの、費用回収期間は?


この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

ITキャパチャージ ベーシック 「1日1問」仕事に役立つ知識を充電!
キーマンズネットに会員登録する

ITキャパチャージを利用するには、キーマンズネットへの会員登録が必要です。会員登録すると「費用回収期間」に関する問題など、一問一答式のコンテンツをご覧いただけます。また、ITキャパチャージなどキーマンズネットの機能を利用いただくことでポイントがたまり、抽選で賞品が当たるプログラムに参加できます。


2010/08/19
コスト削減のために導入したソフトの、費用回収期間は?
下記の問題に関して当てはまるものを1つ選んでチェックを入れたら、「解答」ボタンをクリックしてください。
A社では毎日1回,電話回線を利用して,日報データを伝送している。このたび,コスト削減のために,データの圧縮伸張機能をもったソフトウェアを導入したところ,使用実績から算出されたデータ圧縮率(圧縮後のデータ量/圧縮前のデータ量)は60%であった。
回線使用料は,基本料が月額2,600円で,1分単位(切り上げ)に40円ずつ加算されていく。ソフトウェア導入前の回線使用時間は,1日当たり平均50分30秒であった。

ソフトウェアの購入費用は112,000円であり,回線使用時間は伝送データ量に比例する。このとき,ソフトウェアの購入費用は何か月で回収できるか。ここで,1か月の稼働日数は20日とする。
平成19年度秋期 上級システムアドミニストレータ 午前
  •   .6
  •   .7
  •   .8
  •   .9

解答

キーマンズネットに会員登録する

ITキャパチャージを利用するには、キーマンズネットへの会員登録が必要です。会員登録すると「費用回収期間」に関する問題など、一問一答式のコンテンツをご覧いただけます。また、ITキャパチャージなどキーマンズネットの機能を利用いただくことでポイントがたまり、抽選で賞品が当たるプログラムに参加できます。


解説提供元: 資格ダッシュ



Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。

ITキャパチャージで出題している問題及び解答は、IPA(情報処理推進機構)/日本サードパーティ株式会社/シスコシステムズ/日本オラクル/ITコーディネータ協会/アビバ/IPイノベーションズ/TAC株式会社各社が主催するIT検定試験問題、過去問題、模擬問題、及び解答を、試験当時のまま転載しております。問題及び解答に関するお問い合わせにはお応えしかねますので、予めご了承下さい。


70000087



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ