1日1問自分磨き!1Q入魂

2016年6月

10

問題

理想の目標管理とは?

下記の問題に関して当てはまるものを1つ選んでチェックを入れたら、[解答]ボタンをクリックしてください。

評価に用いる目標管理は、事前に決めた各目標の達成度で評価するべきであり、目標そのものに関連しない要因は排除する必要があると言われています。
A社員の上司であるあなたは、上期終了に伴いA社員と評価面談を行っています。A社員は上期の目標は達成していますが、他のメンバーへの支援・指導、月次の部会への参加、委員会の参加などの取り組みは避けるなどの傾向があり、設定されていた目標以外の取組みに対して後ろ向きな姿勢が見られました。このことから、評価者であるあなたはA社員の評価ランクを1つ下げました。これに対してA社員は、目標を達成したのにも関わらず評価を下げられたことに納得していません。

さて、今回の場合において、解決策として正しいものは次のうちどれでしょうか?

 
 
 

一Q入魂を利用するには、キーマンズネットへの会員登録が必要です。



最近の問題に挑戦

会議の「マンネリ化」を防ぐ適切な方法とは?
2017/02/28
仕事上の部下のミスを減らすためには?
2017/02/27
課長に求められる部長とのコミュニケーションとは?
2017/02/24
トップ営業マンが仮説を立てる際に収集する情報とは?
2017/02/23
PB(プライベートブランド)が安い理由は?
2017/02/22
会社の「変革期」に求められるリーダーシップとは?
2017/02/21
説明会での質問時間を短縮するには?
2017/02/20
年上の部下に対する接し方とは?
2017/02/17
会食に役立つ、箸の使い方に関する正しいマナーは?
2017/02/16
チーム形成の4つの段階、形成(様子見)の次にくる状態は?
2017/02/15
過去問に挑戦しよう
2017年
2016年
キーマンズネットとは

ページトップへ