この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

社員をフィッシング詐欺から守りたい

2012/01/26


 本物そっくりの偽メールやサイトを使って、インターネットユーザから個人情報などを盗み取るオンライン詐欺の1つ、「フィッシング詐欺」が相変わらず横行している。最近ではその手口が巧妙化していることから、深刻な被害が懸念されており、個人レベルだけでなく企業レベルでの対策も必要になってきた。また、自社サイトの偽サイトがフィッシング詐欺に使われた場合には、大切な顧客や取引先が偽サイトに誘導され、重要情報を盗まれたり、金銭目的の詐欺行為の被害を受けたりする恐れも出てくる。そこで、今回は社員と顧客を守り、自社の信用と名誉を保つためのフィッシング詐欺対策を紹介する。

※「フィッシング/社員をフィッシング詐欺から守りたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「フィッシング/社員をフィッシング詐欺から守りたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

フィッシング詐欺の最新手口を把握する

 フィッシング詐欺は、コンピュータウイルス同様、常に手口を変えながら、不特定多数のインターネットユーザに対して詐欺行為を挑んでくる。従って、効果的なフィッシング詐欺対策を実践していくためには、敵(フィッシング詐欺を行う犯罪者たち)の存在と最新手口を知ることが大切。そこで、まずフィッシング詐欺に関する「最新情報の入手方法」と、次のような「フィッシング詐欺に遭わないための心構え」を身につけよう。

心当たりのないメールは読まない、信用しない。

信用できるかどうか分からないサイトにアクセスしない。

むやみに個人情報等を入力しない。

定期的にフィッシング詐欺の最新手口をチェックする。

 例えば、情報処理推進機構(IPA)が提供しているフィッシング情報を確認したり、セキュリティ対策ベンダが公表している最新のセキュリティ情報を確認したりするとよい。
 また、このようなセキュリティ情報を社員全員が常に把握しているか確認するために、定期的にテストやチェックを行うことも必要。具体的には、「クリックジャッキング」(本人が気づかない間に全く別のボタンをクリックさせること)などの最新手口の存在を把握しているかどうか確認・指導しよう。以下の図の「標的サイト」と「攻撃者サイト」を逆にしたパターンが、フィッシング詐欺の手口として使用される場合がある。

図1 クリックジャッキング
図1 クリックジャッキング
このページの先頭へ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

フィッシング/社員をフィッシング詐欺から守りたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フィッシング」関連情報をランダムに表示しています。

フィッシング」関連の製品

CLEARSWIFT SECURE Email Gateway 【日立ソリューションズ】
メールセキュリティ
送信メールの本文や添付ファイルの内容から機密情報の有無をチェック。
ウイルス、スパム、暗号化といったメールセキュリティに関する機能もまとめて提供。

フィッシング」関連の特集


今この瞬間も進化・増殖を続ける恐怖のウイルス。今回は大切な企業の財産を守る「アンチウイルスソフト」の…



●添付ファイルに仕組まれたウイルスへ感染●ワンクリック詐欺、フィッシング詐欺etc本当の脅威はそんな…



完全に防ぐ方法はないとされるメールのリスクに対して企業は今、どんな対策を優先すべきか?メールセキュリ…


フィッシング」関連のセミナー

ワークスタイル変革でコスト削減&業務の効率化! 【NECキャピタルソリューション】  

開催日 12月8日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

 〜 セキュリティベンダーが語るモバイルセキュリティの最前線〜 導入企業多数!コスト削減、業務の効率化を実現するソリューションを、それぞれの専門家が解説します。…

このページの先頭へ

フィッシング/ 社員をフィッシング詐欺から守りたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「フィッシング/ 社員をフィッシング詐欺から守りたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30019290


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ