この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

移動中に顧客の情報収集を行いたい

2012/01/19


 外回りや出張の多いビジネスマンの場合、外出先に突然連絡が入って、そのまま帰社することなく、別の顧客先へ直行する必要が出てくるケースは少なくない。また、顧客からの問合せに対し、外出先から直ちに返答しなければならない場合もある。このようなとき、その顧客に関する最新情報が手元にあれば、迅速かつ適切な応対ができ、ビジネスチャンスを逃すこともなくなる。そこで、移動中あるいは外出先で顧客情報を入手する手段を考えてみると、次のような方策をあげることができる。
 【1】スタッフと連携して情報を収集する体制を作る
 【2】モバイル機器で情報を収集できる仕組みを作る
 【1】は社員同士の連携プレーで対応する方法、【2】はモバイル機器と顧客管理ソフトを使って対応する方法だ。ここでは、それぞれの方法の中で利用できる便利なサービスおよびツールの優れた機能を紹介する。

※「SFA/移動中に顧客の情報収集を行いたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「SFA/移動中に顧客の情報収集を行いたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

スタッフと連携して情報を収集する体制を作る

 手元に最新のモバイル機器がなくても、外回りの多い社員を社内からバックアップしてくれるアシスタントを育成したり、スタッフ同士で顧客情報を共有したりすることで、外出先から最新の顧客情報を確認することができるようになる。外出先で顧客情報が必要になったら、その旨を社内に残っているスタッフに電話連絡し、必要な情報を社内で収集してもらい、その内容を電話や携帯メールなどで伝えてもらう。このとき、顧客情報を「SFA」や「文書管理ツール」、「グループウェア」といったITシステムで管理しておけば、さらに効率よく情報収集することができる。
 SFA(Sales Force Automation:営業支援システム)は、営業現場の担当者の活動を効率化するためのソフトウェアで、営業で発生するさまざまな情報を吸い上げて活用することができる。営業情報には、例えば最新の顧客情報(動向情報)、案件の進捗状況、予算/実績値、見込み案件の状況など多種多様なものがある。
 文書管理ツールは、これまでバインダにファイリングすることで情報の保管・保存が行われていた紙文書を、デジタル文書に変換して保管し、簡単に参照・再利用できるようにするソフトウェアのこと。文書管理ツールに顧客情報を保管するようにしておけば、全文検索機能などを使って、目的の顧客情報だけを洩れなく迅速に探し出すことができる。検索結果はサムネイルで表示させることも可能なので、わざわざ文書形式に合ったアプリケーションを立ち上げて情報の中身を確認する必要もない。
 グループウェアは、企業内のコミュニケーションを円滑にし、情報の共有や有効活用を促進するためのソフトウェアのこと。電子メール、スケジュール共有、ワークフロー、文書共有、タスク管理、施設予約など、多彩な機能が統合されている。このうち文書共有機能は、文書ファイルやデータファイルをサーバで一元管理し、部署やグループごとにフォルダを作成して共有したり、アクセス制限をかけたりすることができる機能のこと。ここに顧客情報を保管しておけば、限られたスタッフの間だけで顧客情報を共有することができる。

コラム:情報の受け取りは最寄りのコンビニで!?

 電話や携帯メールだけでは伝えきれない図表などの顧客情報があるときは、「FAX受信サービス」を利用することで、外出先の社員に紙文書という形で情報を渡すことができる。FAX受信サービスとはコンビニに設置されているFAXから情報を受け取ることができるサービスで、パソコンを持ち歩くことなくメール、添付ファイル、FAXをコンビニでプリントできる。サービスの利用方法は次の通りだ。
 (1)メールやFAXをサービス事業者宛てに送信する。
 (2)携帯電話に受信のお知らせが届く。
 (3)コンビニに設置されている複合機やFAXでプリントする。
 これらのサービスは事前のユーザ登録がなくても利用できる。また、FAXの親展受信(事前に入力した4桁の暗証番号を打ち込まないと出力できない機能)の利用が可能なので、機密書類や他人に見られたくない書面を受信することも可能だ。

図1 FAX受信サービスの例
図1 FAX受信サービスの例
資料提供:ヤマトシステム開発株式会社

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

SFA/移動中に顧客の情報収集を行いたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

SFA」関連の製品

「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 日経人事ウオッチPro 【日本経済新聞社】 サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】
グループウェア SFA グループウェア
305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 日本経済新聞に掲載されない情報もチェック、手間なし漏れなしの人事情報活用法 社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。

SFA」関連の特集


2016年度は523億円の市場規模だったCRM市場。SaaSへの注力度が高まる中、SaaS占有率1位…



2014年12月末時点で、前年比57%増の同市場。今後も市場拡大が予想される中、75.3%の占有率を…



「売れる営業」と「売れない営業」は、どこが違うのか?営業第一線で戦う営業マンが行っている「目標達成の…


SFA」関連のセミナー

新しいCRM でリードをつくる! CRMのボトルネック解消事例 【ランドスケイプ/日本マイクロソフト/シーイーシー/オウケイウェイヴ】  

開催日 3月15日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Dynamics 365ユーザー オウケイウェイヴ社がゲストトークで参加します。日本マイクロソフト社そしてランドスケイプ、両社のユーザーであるオウケイウェイヴ社…

SFAとBIツールの戦略的活用秘話。プロセス重視のSFA活用術とは? 【ランドスケイプ/NECネクサソリューションズ】  

開催日 3月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

NECネクサソリューションズ社講演『10年間にわたりSFAとBIツールを活用し、営業利益を急伸させた企業の実話を聞けます。』『営業支援ツール/SFA。導入から活…

残予算で来期のスタートダッシュを決める 【ゾーホージャパン】  

開催日 3月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ほとんどの企業では2016年度も残りわずか。今期の残予算をうまく活用して、来期のスタートダッシュに向けて準備しませんか?SFA/CRMの導入を検討中の方は今がチ…

このページの先頭へ

SFA/ 移動中に顧客の情報収集を行いたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SFA/ 移動中に顧客の情報収集を行いたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30019289


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ