社内コミュニティを作り会社を活性化したい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

社内コミュニティを作り会社を活性化したい

2012/01/19


 終身雇用制が一般的だった時代、国内企業には社員がインフォーマルな形で集まる社内コミュニティ(社員旅行、QCサークル、同期会、勉強会など)が数多く存在していて、業務の場だけでは得ることができないさまざまな効果を従業員にもたらしていた。例えば、社内コミュニティに参加することで、「上司・部下、先輩・後輩の枠を超えて気軽に話ができるようになった」「他部門の社員とも知り合えるようになり情報交換ができるようになった」「部署間の連携が取りやすくなった」「顧客ニーズや営業ノウハウ、技術ノウハウなどの共有・継承が促進された」「離職率が減った」「資格取得などのスキルアップに役立った」など、その効果は多方面に及んでいた。しかし、現在では業績の悪化や、こうした社内イベントへの参加意欲の少ない働き方を選択する社員も増えており、コミュニティ活動が急速に減り続けている。それに伴い、円滑な業務遂行にも支障をきたすケースがでてくるようになった。そこで、今回は社内コミュニティの重要性を再確認しながら、無理のない方法で新しい社内コミュニティ活性化のための方策を紹介する。

※「社内コミュニティ/社内コミュニティを作り会社を活性化したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「社内コミュニティ/社内コミュニティを作り会社を活性化したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

社内コミュニティサイトを開設する

 社内コミュニティサイトを実際に立ち上げる場合、そのコミュニティに簡単に参加でき、自由に発言ができる環境や雰囲気を提供することが大切。これを実現するには「グループウェア」「社内SNS」「社内ブログ」を利用するとよい。

図1 社内SNSの画面例
図1 社内SNSの画面例
資料提供:株式会社 Beat Communication

 例えば、グループウェアの中には、社内SNSを開設するための機能をサポートしている製品があり、これを利用すれば、自由にコミュニティを開設して、好きな時間に閲覧したり書き込みしたりすることができるようになる。コミュニティは自由なテーマで作成できるので、業務とは直接関係のない分野の話題で、社員同士のコミュニケーション促進を図ることができ、上司の意外な面を発見できたり、口数の少ない部下の意外な意見を聞くことができたりするなど、人間関係の円滑化に効果を発揮する。また、参加条件を設定することで、参加する人の管理を行うこともでき、その社内コミュニティ内の機密性を保つことも可能だ。
 さらに、社内ブログ機能を利用すれば、ブログを各社員に設定したり、グループブログ(複数人で共有するブログ)を開設したりすることが簡単に行える。グループブログは社内コミュニティの活動内容やプロジェクトの進捗状況を共有することができ、必要に応じて閲覧制限(アクセスコントロール)をかけることも可能だ。

 一方、社内コミュニティをいくつも立ち上げてはいるものの、それが社員の活性化につながっていないという悩みを抱えているなら、社内コミュニティを活性化させるための運営ノウハウを身につけることができる「社内コミュニティリーダー養成研修」を受けるという手もある。こうした研修に参加して、開設した社内SNSもしくは社内ブログを有効に活用するための方法も身につけておくとよいだろう。社内コミュニティサイトを運用する上でのコツとしては、たとえば、「役割分担を無理に決めないこと」「業務に関係ないことでも書き込める環境にする」「SNSへの書き込みは業務時間内に行ってもよい」「業務とプライベートを織り交ぜた書き込みを歓迎する」などをあげることができる。

このページの先頭へ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

仕事が“見えない”と組織は後退する――プロジェクト管理の課題とその解決法 【ISAO】 生産性を左右する「仕事の進捗」、その実感を得られる仕組みをどう整備する? 【ISAO】 Skype for Businessと既存のビデオ会議端末を連携、共同作業の効果を高める秘訣 【ポリコムジャパン】
社内SNS 社内SNS テレビ会議/ビデオ会議
仕事が“見えない”と組織は後退する――プロジェクト管理の課題とその解決法 生産性を左右する「仕事の進捗」、その実感を得られる仕組みをどう整備する? Skype for Businessと既存のビデオ会議端末を連携、共同作業の効果を高める秘訣

新着特集


名刺管理ツールを運用する上で、企業が知っておくべき事柄を解説する。前半では個人情報の保護という観点か…



働き方改革の実践と働きがいのある職場は似て非なるもの。専門家いわく、働き方改革だけをやったつもりの企…



GDPRの対応には関わる部門が多い。まずは各部門で対応すべき項目を整理し、優先順位をつけて対応するこ…


新着セミナー

Dr.Sumで学ぶ実践BIゼミ前知識ゼロからわかるハンズオンセミナー 【ウイングアーク1st】  

開催日 5月16日(水)   開催地 福岡県   参加費 無料

本セミナーは2部構成となっております。第1部の製品紹介&ハンズオンでは今後データ活用ツールの導入をご検討されている企業様向けに、製品で解決できる課題や活用のポイ…

e-文書法で変わる帳票運用〜最新事例に学ぶ「帳票電子化」対策〜 【ウイングアーク1st】  

開催日 5月16日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

時代に応じて多様化を続けてきた企業システムにおける帳票運用。本セミナーでは、コスト削減、グローバル化、e-文書法に対応したペーパレスなど帳票に関わる課題と新たな…

「モノづくりを変える17の気付き」東京 6月 セミナー 【PLMレボリューション】  

開催日 6月28日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「プロセス」基盤のモノづくり業務構造を、情報処理基盤の次世代PLMとして再構成することで、モノづくり競争力の大幅な向上を目指しており、実現に必要な取り組みの考え…

このページの先頭へ

社内コミュニティ/ 社内コミュニティを作り会社を活性化したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「社内コミュニティ/ 社内コミュニティを作り会社を活性化したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30019288


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ