求められるスキルごとに社員を管理したい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

求められるスキルごとに社員を管理したい

2012/01/12


 社員数が少ない会社では、全社員の能力やスキル、資格などを把握しながら適材適所にスタッフを配置し続けることは容易だが、社員数が多くなると、1人ひとりのスキルを常に把握し続けることが次第に難しくなる。例えば、「情報セキュリティスペシャリスト」試験に合格した社員がいたら、情報漏洩対策強化のために配置転換したほうが会社への貢献度は高くなるはずだ。つまり、社員1人ひとりの実力を会社が最大限に引き出していくには、社員の能力を常に管理していく必要があり、それには以下のような方法がある。
 【1】資格や特技、ノウハウを管理する。
 【2】スキルアップを管理する。
 【1】は、客観的に評価できる資格や特技で社員を管理する方法で、例えばソウルに支店を出すことになった場合、直ちに韓国語の得意な社員をピックアップしたり、耐熱問題に詳しいスタッフを補充して品質管理部門を強化したい場合、耐熱設計に精通した社員を直ちにピックアップしたりできるようになる。
 【2】は、スキルを磨いている社員を管理する方法で、例えば入社時点ではTOEICの点数が500点だったが、その後努力して今は900点になっている社員などを把握することで、適切な人材活用が可能になる。

※「スキル管理/求められるスキルごとに社員を管理したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「スキル管理/求められるスキルごとに社員を管理したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

スキル管理/求められるスキルごとに社員を管理したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スキル管理」関連情報をランダムに表示しています。

このページの先頭へ

スキル管理/ 求められるスキルごとに社員を管理したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「スキル管理/ 求められるスキルごとに社員を管理したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30019287


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ