社内パソコンのウイルス感染を防ぎたい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

社内パソコンのウイルス感染を防ぎたい

2011/11/10


 コンピュータウイルスの感染被害が急増しているという印象を持っているユーザは意外と少ないのではないだろうか?しかしその実状はひどく、特に2007年以降、ウイルスは激増しており、最近では数秒にひとつの割合で発生しているという。なぜユーザはあまり脅威を感じていないのかと言えば、最近のウイルスは特定のターゲットに絞って攻撃したり、あまり広範囲に感染を拡大したりしないようになってきているからだ。つまり、ウイルスの"見えない化"が急速に進んでいるのである。
 ウイルスに感染すると、社内の機密情報や顧客などの個人情報が外部に流出したり、業務システムが停止に追い込まれたり、取引先や顧客からの信用を失うことにもなる。そこで、企業の社会的責任を果たす意味でも、次のようなウイルス対策に取り組む必要がある。
【1】ウイルス感染の手口を知り、危険な行動をとらない
【2】社外からの感染を防ぐ
【3】社内からの感染を防ぐ

【1】は個々の社員が実施すべきこと、【2】と【3】は会社全体で取り組む方策である。これからそれぞれの策について詳しく解説しよう。

※「ウイルス/社内パソコンのウイルス感染を防ぎたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ウイルス/社内パソコンのウイルス感染を防ぎたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

感染の手口を知り、危険な行動をとらない

 どんなに優れたウイルス対策製品を導入しても、残念ながら100%感染を防ぐことは不可能なのが現実。ウイルスは常に最新の手口を模索しながら攻撃を仕掛けてくるからだ。従って、少しでも感染被害を減らすためには、新しいウイルスの感染手口を個人が知り、危険な行動をとらないようにすることが必要。
 例えば、差出人の名前を偽ってメールでウイルスを送りつけるケースが増えていることから、見ず知らずの人からのメールや、プロバイダを装ったメールには十分注意する必要がある。例えば、内容が不明な添付ファイルは絶対に開かないこと。特に、添付ファイルの拡張子(ファイル名の末尾にある3 文字程度のアルファベット)が、exe、bat、com、scr、pifなどの場合、ファイルを開いたとたんにPC上で動き始めるので、特に注意しなければならない。
 また、インターネットからファイルをダウンロードしたり、CD、DVD、USBメモリなどからファイルをコピーしたりする場合には、信頼のおける場合のみとすること。怪しいWeb サイトからのダウンロードは絶対に避けるべきだ。
 こうしたウイルスに感染しないための作法については、アンチウイルスソフトベンダが提供する最新ウイルス情報サイトや、情報セキュリティ関連団体が提供するウイルス対策情報サイトに詳しく紹介されているので、ぜひ活用しよう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ウイルス/社内パソコンのウイルス感染を防ぎたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

ウイルス」関連の製品

IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 リモートアクセスサービス OneOffice スマートコネクト 【TOKAIコミュニケーションズ】
IT資産管理 アンチウイルス リモートアクセス
導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。 APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 インターネットを使って、社外のモバイルPCやタブレットから、
オフィス内PCを遠隔操作する、日額従量課金制のリモートアクセスサービス。

ウイルス」関連の特集


 前回は、企業の情報システムが抱える「脆弱性」について詳しく述べた。今回は、企業がWebサイトを安全…



IT資産の実態把握からセキュリティ強化、内部統制対策まで。「今の資産管理ツールはここまでできる!」を…



 前回、説明したとおり、この1年は“潮目を切る”劇的変化を迎えた年であった。特に「情報流出」に関して…


ウイルス」関連のセミナー

海外拠点における情報セキュリティ対策とITシステム活用を学ぶ 【サイバネットシステム】  

開催日 5月30日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

日系企業の海外進出が加速する中、日本国内の端末はセキュリティ対策や管理ができているが、海外拠点は現地スタッフに任せっきりといった企業が多いようです。実際に、ウイ…

EDRを実装した次世代アンチウイルスとは? 【サイバネットシステム】  

開催日 4月11日(水),5月16日(水),6月20日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

多層防御が前提のマルウェア・ランサムウェア対策の中でエンドポイント防御の重要性が高まっています。その中でも注目されているのが、既知だけでなく未知の脅威も検知し、…

分離・無害化技術によりマルウェアを100%防御する方法 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 4月26日(木),5月18日(金),6月20日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ますます高度化、巧妙化するサイバー攻撃。サンドボックスをかいくぐるマルウェアなど新たな脅威が増え続ける中、従来の検知・除去や社員教育の徹底では、限界を感じている…

このページの先頭へ

ウイルス/ 社内パソコンのウイルス感染を防ぎたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ウイルス/ 社内パソコンのウイルス感染を防ぎたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30019274


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ