顧客に新商品の案内を効率的に行いたい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客に新商品の案内を効率的に行いたい

2011/10/13


 企業や店舗では、新商品の販売や新しいサービスの提供を開始した時、どのように顧客や対象ユーザ層に告知・アピールすればよいか、悩むところだ。広告宣伝費を自由に使えるなら苦労はしないが、できるだけ経費を削減しなければならない厳しい状況では、その効率が問われている。顧客やターゲット層に新しい商品やサービスの案内を効率よく、しかもタイムリに行うには、以下のような方策が考えらえる。
【1】ダイレクトメールやFAX同報、メール配信のサービスを利用し、顧客に案内を送付する
【2】顧客の見込み度合で優先順位をつけ、案内を送付する
 【1】は顧客リストをベースに実施するもので、広範囲にわたる顧客に告知できる。【2】は商品やサービスを求めている顧客やターゲット層にピンポイントで案内を送るための方策。
 今回は、上記の方策について、広告宣伝メールを送信する場合の注意にも触れながら紹介する。

※「新商品案内/顧客に新商品の案内を効率的に行いたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「新商品案内/顧客に新商品の案内を効率的に行いたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

サービスを利用し、顧客に案内を送付する

 顧客リストが整備されている場合には、新商品のパンフレットや案内状などを直接、顧客宛てに送付することができる。この場合、自社で送付作業を行ってもよいが人手が足りない場合には、「ダイレクトメール支援サービス」を利用するとよい。このサービスでは、印刷物の企画デザインから、印字、封入、発送、発送料金までトータルに管理してくれる。このほか、ダイレクトメール支援サービスでは、発送物のサイズや重量などによってメール便・冊子小包大口割引など、最も安く発送する手段を案内してくれる。
 一方、FAXで新商品に関する情報を送付したい場合には「FAX同報サービス」がオススメ。これは1回のFAX操作で、早く・簡単・便利に大量のFAX同報ができ、通信回線を長時間専有することもない。送信原稿に宛名を個別印字することも可能だ。

  また、新商品の情報をいち早く電子メールで顧客に知らせたい場合には「メール配信サービス」がオススメ。このサービスでは、自社で保有する顧客リストのファイルをサービス事業者にアップロードするだけで簡単に配信リストをセットできる。あとはメール本文を作成し、配信日時を設定するだけで配信の準備が完了する。急遽配信を行わなければならないという場合にも重宝するサービスであり、配信エラーを抑えながら、確実に顧客にメールを送信できる。メール配信サービスでは、メールマガジンなどの登録・解除を行うフォームを作成したり、文字の色や大きさ、背景色や画像の挿入などを自由に行うことも可能だ。さらに、携帯電話やスマートフォンへのメール配信も可能で、コンテンツを1つ作成するだけで各通信事業者の携帯メールフォーマットに自動変換できる機能もあり、拡張絵文字を使ったコンテンツも簡単に作成できる。
 このほか、自社のホームページの二次元バーコード(QRコード)を作成してくれるサービスを利用すると、それをパンフレットやチラシに印刷したり、他のサイトに載せたりすることで、効果的に新商品を紹介するホームページに顧客を誘導することが可能になる。

コラム:好き勝手に広告宣伝メールは送信できない!

 平成20年に「特定電子メール法」が改正された。広告宣伝メールの送信については、原則としてあらかじめ同意した者に対してのみ送信が認められていることに注意したい。この法律により、広告宣伝メールを送信する場合は、送信者の氏名・名称や、受信を拒否する場合の通知先など、一定の事項を表示しなければならない。また、広告宣伝メールの送信をする場合は、同意があったことを証する記録を保存する必要がある。従って、例えば顧客にあらかじめ広告宣伝メールの受け取りを許可するジャンルを登録してもらい、それに該当するメールのみを配信するようにするなどの工夫が必要というわけだ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

新商品案内/顧客に新商品の案内を効率的に行いたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「新商品案内」関連情報をランダムに表示しています。

新商品案内」関連の特集


メールによる誤送信を防ぐ最良な策として注目されているメール誤送信防止ツール。今回は、起こりがちな4つ…


このページの先頭へ

新商品案内/ 顧客に新商品の案内を効率的に行いたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「新商品案内/ 顧客に新商品の案内を効率的に行いたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30019268


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ