この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

自社の風評を管理したい

2011/08/25


 「自社への風評」は大きく分けて2種類ある。ひとつは新聞や雑誌など「紙媒体」による風評。もうひとつはインターネットなどの「Web」上での風評だ。このような媒体上で知名度のある企業または個人の記事やコメントが展開され、そのコメントに関して企業が不適切な対応や不用意な発言をした場合、これに対して多数の批判的なコメントが殺到する恐れがある。また身近な人が名指しで取り上げられ、批判を受ける場合もある。特にインターネットでは、こうしたネガティブなコメントが1つ1つの情報の真偽を問うことなく、次から次へと勝手に発信されてしまうことから、風評として瞬く間に広がり、企業価値を大きく損ねる恐れがある。そのため、知名度の高い企業であればあるほど、こうした自社に対するネガティブな情報の存在を早期に発見し、適切に対応する必要に迫られている。また「風評被害はなぜ起こるのか」「過去の風評被害の実態を知る」「インターネット特有のリスクを知る」など「風評リスクの特長を把握する」ことがとても重要だ。そこで、今回は企業が風評被害に遭わないようにするための方策を紹介する。

※「風評/自社の風評を管理したい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「風評/自社の風評を管理したい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



解決策1

紙媒体による風評を監視する仕組みを導入する

 「紙媒体」による風評を監視するといっても、新聞や雑誌の種類は数えきれないほどあり、その中に自社に対するコメントが書かれているのを発見するには、膨大な時間と労力がかかってしまう。そんな中オススメなのが、「クリッピングサービス」だ。このサービスは、決められた紙媒体の中で、あらかじめ設定したキーワードを含む記事を原文イメージのまま入手することができ、キーワードは「AND」「OR」「NOT」などの様々な条件で組み合わせが可能なサービスが多い。該当する記事の原文イメージは、まとめてFAXやメール、Webサイト上にリストアップしてくれるものなど、料金形態によって内容も変わってくる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

風評/自社の風評を管理したい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「風評」関連情報をランダムに表示しています。

風評」関連の特集


情報漏洩の仕方や情報種別、発覚方法などをデータで紹介。また万一情報漏洩してしまった場合の初動対応や情…



 日本の情報システムの信頼度は世界でも群を抜いて高いが、情報システムの障害は程度の差こそあれ、発生す…



企業内にあるOSSの運用を快適にするために、オープンソースサポートサービスの基本から注目したいサービ…


このページの先頭へ

風評/ 自社の風評を管理したい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「風評/ 自社の風評を管理したい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30019258


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ